1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示
  • 都市対抗野球大会

    都市対抗野球大会から見た野間口貴彦野間口貴彦

    第74回 五嶋貴幸投手(川崎・三菱ふそう川崎)、野間口貴彦投手(調布・シダックス)都市対抗野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • オレステス・キンデラン

    オレステス・キンデランから見た野間口貴彦野間口貴彦

    キンデラン在籍中、シダックスは2年とも都市対抗野球東京第1代表を勝ち取っていたが、2005年は東京2次予選で第2代表となり、野村は「投打の柱(投手は巨人に入団した野間口貴彦、打者はキンデラン)が抜けたことでチームが小粒になった」と嘆いた。オレステス・キンデラン フレッシュアイペディアより)

  • 長崎県営野球場

    長崎県営野球場から見た野間口貴彦野間口貴彦

    2009年11月14日、日韓クラブチャンピオンシップの読売ジャイアンツ対起亜タイガースが開催され、序盤は梁弦種の好投、羅志完や元中日ドラゴンズの李鍾範などの活躍で起亜がリードしたが、小笠原道大や阿部慎之助の本塁打、野間口貴彦やウィルフィン・オビスポの好投で巨人が9-4で逆転勝ちし、日韓チャンピオンシップを獲得した。なお、同年の原辰徳監督はWBC、セ・リーグおよび日本シリーズのそれぞれの優勝と併せて4冠を達成した。長崎県営野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 読売新聞

    読売新聞から見た野間口貴彦野間口貴彦

    2012年3月15日付『朝日新聞』の朝刊一面トップは、読売巨人軍が新人選手へ1億円をこえる契約金を裏金で支出していた、とする報道であった。読売新聞は、同日、朝日新聞の報道にあわせて、ただちに反論記事を掲載。新人選手への1億円以上の契約金の支出禁止は、2007年1月までは、目安に過ぎなかったとした。だが、この反論記事は、「04年に横浜や西武が1億円を超えて払っていたことが大きなニュースになって、コミッショナーに厳重注意を受けて、西武なんか上層部が責任をとった」「あれは何なの? 野間口も同じ04年ですよ。その時になんで巨人さん、バックアップしてくれなかったのよ。『ルールじゃないんだよ』と。そう思うじゃないですか」(小倉智昭)という反発をうけただけではない。報道各社に「朝日がこんな取材をしているが」と反論文書を配る、読売新聞の「報道のモラル」に反した振る舞いも厳しく批判された。とりわけ、読売新聞の反論の中で失笑を買ったのは、「いま球団が一丸となって東日本大震災を支援しようとする時に、10年も前のことを持ち出すのはいかがなものか」と、東日本大震災の復興への支援をダシにして、朝日新聞を批判し、裏金報道を封じこめようとする態度であった。読売新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見た野間口貴彦野間口貴彦

    本人も試合直後に「突貫工事」と振り返るほどだったが、12回表に救援登板した豊田清・藤田宗一・野間口貴彦とサイン交換をしっかり行い、野間口には最後に左打者の内角をえぐる150km/h台の速球を放らせるなど、アグレッシブな配球を要求。3投手・自身ともミスを犯すことなく無失点で切り抜けることに成功し、その役割を見事に果たした。原はベンチを飛び出し、戻ってきた「捕手・木村拓」の肩を何度も叩いて活躍を讃え、当日の試合で解説を担当した広島時代の恩師・山本浩二は「涙が出そうになった」と言ったほどである。ちなみに、直後のテレビ番組でのインタビューでは「(捕手は)もうやりたくない」と吐露したが、広島在籍時の監督である達川光男は、木村の性格からこの発言を「本職の捕手を立てるための気配り」と分析して賞賛した。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊現代

    週刊現代から見た野間口貴彦野間口貴彦

    2007年5月5・12日号で、『野村克也東北楽天ゴールデンイーグルス監督「野間口投手“巨人入団”の裏巨額謝礼金」疑惑』、さらには5月19日号で、『まだまだある球界汚染 巨人の内海哲也選手に裏金疑惑』と続けて報じ、汚染の原因は巨人と報じた。これに対し野村克也や巨人は「裏金工作はありえない」と抗議文書を送付した。週刊現代 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た野間口貴彦野間口貴彦

    350二塁打:2011年9月19日、対読売ジャイアンツ19回戦(東京ドーム)、5回表に野間口貴彦から左線適時二塁打 ※史上32人目谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見た野間口貴彦野間口貴彦

    5月31日 - 野間口貴彦、プロ野球選手1983年 フレッシュアイペディアより)

  • 天谷宗一郎

    天谷宗一郎から見た野間口貴彦野間口貴彦

    はオープン戦で打率3位の.396をマークし、3番・中堅手に抜擢されるが、いざシーズンに入ると打率1割台後半から2割前後を推移する深刻な打撃不振に陥り、打撃好調の赤松や廣瀬純にスタメンを奪われることが多くなる。後半戦からは多少持ち直したが、前半戦の不振が響き打率.245と成績を落とした。4月28日の対横浜戦で、チームでは正田耕三(10月15日の対中日戦で1試合6盗塁を記録)以来21年ぶりとなる1試合4盗塁を記録し、8月27日の対巨人戦では延長11回に野間口貴彦から逆転サヨナラ3ラン本塁打を放つなど、要所では印象的な活躍は見せたものの、赤松と投手の左右で併用されるなど完全にレギュラーに定着するには至らなかった。天谷宗一郎 フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た野間口貴彦野間口貴彦

    5月31日 - 野間口貴彦、プロ野球選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
40件中 31 - 40件表示

「野間口貴彦」のニューストピックワード