42件中 31 - 40件表示
  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た野間口貴彦野間口貴彦

    350二塁打:2011年9月19日、対読売ジャイアンツ19回戦(東京ドーム)、5回表に野間口貴彦から左翼線適時二塁打 ※史上32人目谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 歌藤達夫

    歌藤達夫から見た野間口貴彦野間口貴彦

    社会人野球のヤマハでは下半身を鍛えて球速が140km/h台に上がり、スクリューボールもマスターした。1年目のは都市対抗1回戦で敗戦投手となったが、翌年にかけて2年連続で本戦出場に貢献。にはトヨタ自動車の補強選手として都市対抗に出場し、1回戦でシダックスの野間口貴彦と投げ合って敗れた。大学時代から注目していた、チームOBであるオリックス・ブルーウェーブの熊野輝光スカウトに即戦力として評価され、同年のドラフトで自由獲得枠での指名を受け入団。契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円(いずれも推定)という好条件だった。歌藤達夫 フレッシュアイペディアより)

  • 前田智徳

    前田智徳から見た野間口貴彦野間口貴彦

    300二塁打:2005年10月4日、対読売ジャイアンツ21回戦(東京ドーム)、5回表に野間口貴彦から右翼線二塁打 ※史上44人目前田智徳 フレッシュアイペディアより)

  • 横川史学

    横川史学から見た野間口貴彦野間口貴彦

    常総学院高等学校へ進学後は、2001年の第73回選抜高等学校野球大会で優勝、全試合とも「7番・一塁手」で出場した。準決勝では野間口貴彦(関西創価高等学校)から決勝打放っている。同年夏の第83回全国高等学校野球選手権大会では2回戦で4番・一塁手で出場し、徐々に頭角を現す。2002年の第84回全国高等学校野球選手権大会3回戦では森岡良介・筧裕次郎を擁する明徳義塾中学校・高等学校と対戦し、6対7で惜敗したものの、3番(明徳戦では4番)・三塁手で先発出場を果たした。高校通算27本塁打。横川史学 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見た野間口貴彦野間口貴彦

    12回表に救援登板した豊田清には、初球にフォークを投げさせるなど自らサインを出し、田中浩康を中飛に打ち取る。「豊田さんは直球とフォークしかないから。体を張って止めればいい」と割り切っていた木村だったが、バッター青木宣親のところで藤田宗一に投手交代。「球種が多くて大変でした」と語りながらも、1球目シュート、2球目カーブとバッターの裏をかく配球で入り、最後にスライダーで青木を三振に仕留めた。この後飯原誉士には四球を与え、アーロン・ガイエルに右前打を浴びたが、この回3人目の野間口貴彦が松元ユウイチをこのイニング合計23球目となる151km/hの速球で三振に仕留め、木村はその役割を見事に果たした。原はベンチを飛び出し、戻ってきた「捕手・木村拓」に抱きつくように何度も肩をたたいて活躍を讃えた。当日の試合で解説を担当した広島時代の恩師・山本浩二は「こんなに上手いと思わなかった」「涙が出そうになった」と語ったほどである。ちなみに木村自身は「冷静に見えた?そんなことはない。やりづらかったですよ。心臓はバクバク。恥ずかしくて…。照れもあった」と語り、直後のテレビ番組インタビューでは「(捕手は)もうやりたくない」と吐露したが、10年前に捕手として木村を起用した当時の広島の監督達川光男は、木村の性格からこの発言を「本職の捕手を立てるための気配り」と分析して賞賛した。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た野間口貴彦野間口貴彦

    2004年のドラフト会議で読売ジャイアンツから4巡目指名を受け入団。背番号は25。同期入団に東野峻や野間口貴彦がいる。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 武田勝

    武田勝から見た野間口貴彦野間口貴彦

    卒業後はシダックスに入社した。シダックス入社1年目に臨時コーチに来た高橋一三からフォームの指導を受けた。(のちに現役を2016年9月引退時、プロで生きていける技術を教わって感謝していると話した)。入社1年後に野間口貴彦が入ってくるが、ブルペンで150km/hを超える球をどんどん投げている姿を見て「本当に高校から来たばかりなのか」と驚いたが、その野間口とともにエースとして活躍。武田勝 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊現代

    週刊現代から見た野間口貴彦野間口貴彦

    2007年5月5・12日号で、『野村克也東北楽天ゴールデンイーグルス監督「野間口投手“巨人入団”の裏巨額謝礼金」疑惑』、さらには5月19日号で、『まだまだある球界汚染 巨人の内海哲也選手に裏金疑惑』と続けて報じ、汚染の原因は巨人と報じた。これに対し野村克也や巨人は「裏金工作はありえない」と抗議文書を送付した。週刊現代 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年の日本

    1983年の日本から見た野間口貴彦野間口貴彦

    5月31日 - 野間口貴彦、プロ野球選手1983年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 能見篤史

    能見篤史から見た野間口貴彦野間口貴彦

    高校卒業後は大阪ガスに入社して野球部に所属したが、故障が多く、熱心な大阪ガスのファンですらほとんど姿を見ることができず「幻の投手」とまで呼ばれ、本人も「5年目までやってダメだったら引退して社業に就くことを真剣に考えていた」と当時を振り返っている。入社5年目のから少しずつ登板数を増やし、同年11月の社会人野球日本選手権大会では好成績を残し、決勝戦で日産自動車と対戦したが、延長11回に伊藤祐樹にサヨナラ適時打を打たれ準優勝に終わった。は後にプロでチームメイトとなる渡辺亮、久保康友らと共に第22回ハーレムベースボールウィーク日本代表に選出され、その後の日本選手権では野村克也監督率いるシダックス戦で野間口貴彦と投げ合い勝利、JFE西日本との決勝戦では3番手としてリリーフ登板したが、延長15回に決勝ソロ本塁打を打たれ、2年連続準優勝となった。同年秋のドラフトで阪神に自由枠で入団。能見篤史 フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示

「野間口貴彦」のニューストピックワード

  • Progressive Policy Institute

  • 大阪都構想

  • 政令市という権限と財源を残し、カジノよりも、市民が心豊かに暮らせる安心安全なまちづくりを進めたい