前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た岩本勉

    には、イースタン・リーグの開幕戦に先発したが、7回4失点で敗戦投手になった。一軍に昇格すると、5月1日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)で5回4失点ながら、雨天5回コールドになったため完投扱いで、プロ初登板初勝利初完投を達成した。その後2連勝するが失点が多く、初登板から4試合連続途中交代となって降格。故障もあって最終的に4勝3敗、防御率6.61の成績で終わった。5月21日の対北海道日本ハムファイターズ戦では、5回表に相手先発投手の岩本勉から本塁打を浴びている。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た押切もえ

    2005年頃からモデルの押切もえと交際していたが、2009年秋に破局が報じられた。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た高井雄平

    に兵庫県で生まれる。シニアリーグ時代に所属した伊丹シニアでAA世界野球選手権大会に出場した。2001年に関西創価高校から第73回選抜高等学校野球大会に出場。選抜初出場の同高でベスト4まで進出。2回戦では高井雄平と投げ合い1失点で完投勝利を収め、最終的に準決勝まで進出するが優勝した常総学院の横川史学にサヨナラ打を浴びて惜敗。この時点でプロからの誘いもあったが、大学進学を表明したことで指名回避された。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た高橋尚成

    には、シーズン終了後のメジャーリーグ球団への移籍が確実と見られていた上原浩治(翌年からボルティモア・オリオールズへ移籍)に代わる若手先発候補の1番手として期待された。栂野雅史との競争に敗れたことや、高橋尚成などの先発投手の不調を受けてローテーションを少人数で構成することになったため、シーズン序盤は中継ぎで起用された。4月26日の対阪神タイガース戦では、ストレートで自己最速の152km/hをマーク。リリーフが確立した5月の交流戦頃からは、2ヶ月ほど先発に回ったが、前年ほど長いイニングを投げられずに二軍へ降格した。9月に再び一軍へ昇格したが、上原の復調や東野峻・久保の活躍などの影響で、中継ぎとしての再起用にとどまった。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た久保裕也 (野球)

    も、前年に続いて故障で出遅れた。シーズン中盤に昇格するものの、結果を残せずいったん二軍へ降格した。一軍の先発ローテーションが機能しなくなった9月に再昇格。9月16日の対広島東洋カープ戦に6回無失点でシーズン初勝利を挙げると、22日の対横浜ベイスターズ戦では、9回1失点でプロ入り後初の9イニングを投げきっての完投勝利を挙げた。さらに、3日後の26日には、対中日ドラゴンズ戦に救援で登板。4回無失点という内容でシーズン3勝目を記録。10月2日の対東京ヤクルトスワローズでは、9回表からの登板で1イニングを無失点に抑えたところ、チームはその裏に逆転サヨナラ勝ちでチームが5年振りのセントラル・リーグ優勝を決めた。この試合でも勝利投手になるなど、シーズン初勝利からわずか17日間で4勝を挙げる活躍で、シーズン途中からの昇格ながら久保裕也とともにチームを救った。なお、イースタン・リーグの公式戦では、15試合の登板で5勝4敗。91回を投げて76奪三振、防御率は3.76だった。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た石川雅規

    初安打:2005年7月18日、対ヤクルトスワローズ9回戦(明治神宮野球場)、5回表に石川雅規から右前安打野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た尾形佳紀

    初奪三振:同上、1回裏に尾形佳紀から空振り三振野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た野村克也

    野村克也から英才教育を受け、の第74回都市対抗野球大会では150km/hを超える速球を武器にエースとして活躍し、準優勝に貢献。さらに若獅子賞を獲得し、大会優秀選手にも選出された。また、IBAFワールドカップに出場して社会人ベストナインにも選ばれている。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た上原浩治

    には、シーズン終了後のメジャーリーグ球団への移籍が確実と見られていた上原浩治(翌年からボルティモア・オリオールズへ移籍)に代わる若手先発候補の1番手として期待された。栂野雅史との競争に敗れたことや、高橋尚成などの先発投手の不調を受けてローテーションを少人数で構成することになったため、シーズン序盤は中継ぎで起用された。4月26日の対阪神タイガース戦では、ストレートで自己最速の152km/hをマーク。リリーフが確立した5月の交流戦頃からは、2ヶ月ほど先発に回ったが、前年ほど長いイニングを投げられずに二軍へ降格した。9月に再び一軍へ昇格したが、上原の復調や東野峻・久保の活躍などの影響で、中継ぎとしての再起用にとどまった。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た原辰徳

    は中盤に昇格して先発を務めるものの、結果が出ないまま原辰徳から「彼(野間口)を先発で起用した私が間違っていました」とまで言われた。シーズン後半は主に中継ぎとして好投し、最終的に26試合に登板している。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示

「野間口貴彦」のニューストピックワード