61件中 11 - 20件表示
  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た東野峻

    はメジャー移籍が確実な上原浩治にかわる若手先発育成の年とされ、その1番手候補として期待されたが、栂野雅史との競争に敗れて中継ぎ起用が主となった。さらに高橋尚成などの先発投手が不調となったことでローテーションを少人数で回すことになり、序盤は先発機会も失った。4月26日の対阪神タイガース戦では自己最速となる152km/hをマークし、リリーフが確立した5月の交流戦頃から2ヶ月ほど先発で起用され、前半戦の手薄な先発投手陣をカバーするが、前年のように長いイニングを投げることが出来ず降格となった。9月に再昇格したが、上原の復調や東野峻、久保の活躍などもあり中継ぎとして起用にとどまった。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た阪神タイガース

    この年のドラフト会議で、読売ジャイアンツ、阪神タイガース、西武ライオンズの3球団が野間口の獲得を目指した。阪神は同じシダックスの庄田隆弘を指名しており、小関順二は(どこで)この戦略を「(野間口獲得のためならば、阪神も)ドラフト巧者になった」と論評した。また巨人は、カツノリを金銭トレードで獲得し、野村から「もともとジャイアンツファン」とのコメントを引き出した。野間口本人はセントラル・リーグ希望であると報道され、野間口サイドもそれを否定しなかったことから、西武が獲得戦線から離脱。7月20日にシダックス側から西武と阪神に正式に断りの連絡が入り、事実上争奪戦は終結した。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た広島東洋カープ

    はファームの開幕戦に先発したが、7回4失点で敗戦投手。一軍に昇格すると、5月1日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)で5回4失点ながら、雨天5回コールドになったため完投扱いで、プロ初登板初勝利初完投を達成した。その後2連勝するが失点が多く、初登板から4試合連続途中交代となって降格。故障もあって最終的に4勝3敗、防御率6.61の成績で終わった。5月21日の対北海道日本ハムファイターズ戦では、5回表に岩本勉から本塁打を浴びている。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た東京ヤクルトスワローズ

    9月16日の対広島東洋カープ戦で6回無失点、シーズン初勝利を挙げると、9月22日の対横浜ベイスターズ戦ではプロ初となる9回1失点完投勝利を挙げた。さらには中3日となる9月26日の対中日ドラゴンズ戦で、4回のロングリリーフを無失点でこなし3勝目。10月2日の対東京ヤクルトスワローズとの優勝決定戦でも、9回表を1回無失点に抑えた。その裏にチームが逆転勝ちしたことから勝利投手となり、わずか17日の間に4勝を挙げ、久保裕也とともにチームを救った。この年は途中昇格ながら、先発・リリーフの両面でチームを助けることになり、5年ぶりの優勝につながる貢献と、オフの契約更改などでも評価されている。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た読売ジャイアンツ

    野間口 貴彦(のまぐち たかひこ、1983年5月31日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(投手)。兵庫県尼崎市出身。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た庄田隆弘

    この年のドラフト会議で、読売ジャイアンツ、阪神タイガース、西武ライオンズの3球団が野間口の獲得を目指した。阪神は同じシダックスの庄田隆弘を指名しており、小関順二は(どこで)この戦略を「(野間口獲得のためならば、阪神も)ドラフト巧者になった」と論評した。また巨人は、カツノリを金銭トレードで獲得し、野村から「もともとジャイアンツファン」とのコメントを引き出した。野間口本人はセントラル・リーグ希望であると報道され、野間口サイドもそれを否定しなかったことから、西武が獲得戦線から離脱。7月20日にシダックス側から西武と阪神に正式に断りの連絡が入り、事実上争奪戦は終結した。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た野村克則

    この年のドラフト会議で、読売ジャイアンツ、阪神タイガース、西武ライオンズの3球団が野間口の獲得を目指した。阪神は同じシダックスの庄田隆弘を指名しており、小関順二は(どこで)この戦略を「(野間口獲得のためならば、阪神も)ドラフト巧者になった」と論評した。また巨人は、カツノリを金銭トレードで獲得し、野村から「もともとジャイアンツファン」とのコメントを引き出した。野間口本人はセントラル・リーグ希望であると報道され、野間口サイドもそれを否定しなかったことから、西武が獲得戦線から離脱。7月20日にシダックス側から西武と阪神に正式に断りの連絡が入り、事実上争奪戦は終結した。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た小関順二

    この年のドラフト会議で、読売ジャイアンツ、阪神タイガース、西武ライオンズの3球団が野間口の獲得を目指した。阪神は同じシダックスの庄田隆弘を指名しており、小関順二は(どこで)この戦略を「(野間口獲得のためならば、阪神も)ドラフト巧者になった」と論評した。また巨人は、カツノリを金銭トレードで獲得し、野村から「もともとジャイアンツファン」とのコメントを引き出した。野間口本人はセントラル・リーグ希望であると報道され、野間口サイドもそれを否定しなかったことから、西武が獲得戦線から離脱。7月20日にシダックス側から西武と阪神に正式に断りの連絡が入り、事実上争奪戦は終結した。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た斎藤雅樹

    は12試合の登板にとどまり、防御率も6.52に悪化した。シーズン終了後の秋季キャンプではサイドからの投球で通算180勝を飾った斎藤雅樹投手コーチの指導の下でサイドスローに転向することになった。また、翌シーズンから背番号が45に代わることも決まった。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た栂野雅史

    はメジャー移籍が確実な上原浩治にかわる若手先発育成の年とされ、その1番手候補として期待されたが、栂野雅史との競争に敗れて中継ぎ起用が主となった。さらに高橋尚成などの先発投手が不調となったことでローテーションを少人数で回すことになり、序盤は先発機会も失った。4月26日の対阪神タイガース戦では自己最速となる152km/hをマークし、リリーフが確立した5月の交流戦頃から2ヶ月ほど先発で起用され、前半戦の手薄な先発投手陣をカバーするが、前年のように長いイニングを投げることが出来ず降格となった。9月に再昇格したが、上原の復調や東野峻、久保の活躍などもあり中継ぎとして起用にとどまった。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「野間口貴彦」のニューストピックワード