71件中 41 - 50件表示
  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見たシダックス野球部

    に創価大学へ進学し、1年時から春のリーグ戦に登板するも「一発勝負の高校野球に比べ、リーグ戦の続く大学野球にあまり魅力を感じなかった」として退学し、シダックス野球部に入社。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見たサイドスロー

    には、一軍公式戦12試合の登板にとどまったうえに、防御率も6.52と悪化した。シーズン終了後の秋季キャンプでは、現役時代にサイドスローで一軍通算180勝を記録した斎藤雅樹投手コーチの指導でサイドスローに転向。また、翌シーズンから背番号が45に変更されることも決まった。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見たカーブ (球種)

    サイドスローから投じる最速140km/h中盤の直球とカーブなどの緩い変化球が持ち球。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見たスライダー (球種)

    オーバースローの頃は最速152km/hの直球を中心に、鋭いスライダーやフォークボールを武器にしていた。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見たメジャーリーグ

    には、シーズン終了後のメジャーリーグ球団への移籍が確実と見られていた上原浩治(翌年からボルティモア・オリオールズへ移籍)に代わる若手先発候補の1番手として期待された。栂野雅史との競争に敗れたことや、高橋尚成などの先発投手の不調を受けてローテーションを少人数で構成することになったため、シーズン序盤は中継ぎで起用された。4月26日の対阪神タイガース戦では、ストレートで自己最速の152km/hをマーク。リリーフが確立した5月の交流戦頃からは、2ヶ月ほど先発に回ったが、前年ほど長いイニングを投げられずに二軍へ降格した。9月に再び一軍へ昇格したが、上原の復調や東野峻・久保の活躍などの影響で、中継ぎとしての再起用にとどまった。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た投手

    野間口 貴彦(のまぐち たかひこ、1983年5月31日 - )は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手(投手)。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た尼崎市

    野間口 貴彦(のまぐち たかひこ、1983年5月31日 - )は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手(投手)。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見たAA世界野球選手権大会

    に兵庫県で生まれる。シニアリーグ時代に所属した伊丹シニアでAA世界野球選手権大会に出場した。2001年に関西創価高校から第73回選抜高等学校野球大会に出場。選抜初出場の同高でベスト4まで進出。2回戦では高井雄平と投げ合い1失点で完投勝利を収め、最終的に準決勝まで進出するが優勝した常総学院の横川史学にサヨナラ打を浴びて惜敗。この時点でプロからの誘いもあったが、大学進学を表明したことで指名回避された。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見た第22回ハーレムベースボールウィーク日本代表

    もエースとして活躍、チームは都市対抗野球に連続出場したものの準々決勝で敗退。第22回ハーレムベースボールウィーク日本代表に選ばれ、出場した。都市対抗野球の準々決勝でシダックスが敗れた後、野間口本人の口から巨人に入団したい旨の発言があった。その秋の社会人野球日本選手権大会終了後、野間口は正式に巨人の自由獲得枠にて入団の意思表示を行い、2004年のドラフト会議を経て入団した。2012年3月15日に、朝日新聞の取材により入団時の契約金が最高標準額を大幅に超える7億円であったことが発覚した。さらに、入団前の2004年頃には、読売ジャイアンツから数回に渡り200万を渡されていたが、桃井恒和球団社長は「それでも違反ではない」としている。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野間口貴彦

    野間口貴彦から見たスカウト (勧誘)

    2016年からは、巨人の球団職員として、編成本部に配属。球団史上初めて、日本国内の独立リーグ専任のスカウトとして活動する。野間口貴彦 フレッシュアイペディアより)

71件中 41 - 50件表示

「野間口貴彦」のニューストピックワード