前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • KENTA

    KENTAから見た金丸義信金丸義信

    1999年(平成11年)、全日本プロレスが初めて行った一般公募オーディションに参加し、合格する。練習初日、余りの練習の厳しさに合格者が次々と倒れこんでいく中、テレビのインタビュアーに「後悔していませんか?」と訊ねられたところ、「いえ、していません」ときっぱり答えていた。2000年(平成12年)3月11日、後楽園ホールでのバトルロイヤルでプレ・デビュー。合格者7名の中で唯一5月24日青森県総合運動公園体育館にて、丸藤正道を相手に本名の「小林健太」でデビューする。その直後に全日本が分裂しそのまま三沢が設立した新団体プロレスリング・ノアに移籍する。この頃、小橋がリーダーのチーム「バーニング」が崩壊、初代付き人の金丸義信も小橋の元を離れ、KENTAが2代目付き人となり、3代目の潮?豪に引き継ぐまでの約4年間行動を共にすることになる。KENTA フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木鼓太郎

    鈴木鼓太郎から見た金丸義信金丸義信

    当時の合格者4人の中で唯一デビューまでこぎつけ、2001年12月24日のディファ有明大会の対佐野巧真・金丸義信戦でデビュー(パートナーは池田大輔)、ノア生え抜き第1号となる。デビューと同時に三沢がリーダーを務める「WAVE」に加入。デビュー当初は本名で出場していたが、2002年2月2日のディファ有明大会より鈴木鼓太郎に改名。「太鼓のように打たれ強く、打てば響く選手に」との願いをこめて三沢が命名した。2004年11月20日、最初で最後となった三沢とのシングル戦では、本家にタイガードライバーを決めたものの、最後はエメラルドフロウジョンに敗れた。2005年3月5日にはZERO1-MAXの大谷晋二郎・高岩竜一戦の三沢のパートナーとして指名された。鈴木鼓太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ディスオベイ

    ディスオベイから見た金丸義信金丸義信

    モハメド・ヨネが提唱した新軍団構想に力皇猛が賛同する形で結成された。ラフファイトや反則行為、試合介入などの不良行為を行うヒール軍団として活動を開始した。さらに2008年頃よりジュニアヘビー級戦線において共闘し悪行を続けていた金丸義信、鈴木鼓太郎、平柳玄藩のジュニアヘビー級選手3名も加入し勢力を増した。ディスオベイ フレッシュアイペディアより)

  • NO MERCY (プロレスリング・ノア)

    NO MERCY (プロレスリング・ノア)から見た金丸義信金丸義信

    2011年1月に同団体の軍団DISOBEYに属する金丸義信がKENTAとタッグチームを結成してみたい気持ちがあることを吐露。その後、同月23日アクロス福岡大会のKENTAの試合後に、金丸がリング上に登場し、KENTAにタッグを結成するようにマイクアピールをした。しかし、KENTAは金丸の耳元で何かを囁き、金丸は「分かった」と発言して、そのまま退場した。このとき、KENTAは、タッグ結成のための条件を提示したと明かされた(その条件はこのときは不明)。同月のツアー最終戦(後楽園ホール)第4試合、潮崎豪、小川良成、KENTA組vsモハメド・ヨネ、金丸義信、平柳玄藩組の試合中、KENTAはパートナーの潮崎と小川を突然裏切り、パイプ椅子攻撃を敢行した。そして、金丸や平柳・ヨネと握手し、「これからが新しいディスオベイの始まり」とマイクアピール。DISOBEYに加入した。NO MERCY (プロレスリング・ノア) フレッシュアイペディアより)

  • スターネス

    スターネスから見た金丸義信金丸義信

    2000年に全日本プロレスで小橋健太率いるバーニングを脱退した秋山準が、当時若手であったマウナケア・モスマン(太陽ケア)・橋誠とチームを結成(チーム名称が未定であったため「秋山軍」と仮称されることが多い)、これが後のスターネスの前身となる。その後バーニングとの「バーニングが負けたら即解散」の条件付6人タッグ決戦に勝利し、バーニングを解散に追い込む。その試合終了時に、バーニングのメンバーだった金丸義信がこれに追随した。しかし、この大会終了後にモスマンを除くメンバーが全日本プロレスを退団しプロレスリング・ノアに移籍したために、このチームは自然消滅となる。スターネス フレッシュアイペディアより)

  • 日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦

    日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦から見た金丸義信金丸義信

    金丸義信&鈴木鼓太郎組 10点(優勝次点)日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • インターナショナル・プロ・レスリング:ユナイテッド・キングダム

    インターナショナル・プロ・レスリング:ユナイテッド・キングダムから見た金丸義信金丸義信

    また、日本のプロレスリング・ノアと協力関係にあり、年に数回、ノアの主力選手が遠征を行い参戦する。2010年8月には、金丸義信がザック・セイバー・ジュニアを相手にGHCジュニアヘビー級選手権を行っている。さらに2011年5月、杉浦貴がデイブ・マスティフを相手にGHCヘビー級選手権を行った。他に、IPWの王座に森嶋猛・潮崎豪・石森太二などが挑戦した経験がある。なお、大日本プロレスの一部選手も参戦経験がある。インターナショナル・プロ・レスリング:ユナイテッド・キングダム フレッシュアイペディアより)

  • 石森太二

    石森太二から見た金丸義信金丸義信

    2009年6月、KENTAと訣別しヒールターン、新たに金丸義信とタッグを結成。コスチュームも黄色から赤に変更し、ワイルドな風貌へイメージチェンジを図ったが、結局再びKENTAとタッグを組むことになり元の鞘に収まった(三沢光晴の事故死によるカード再編成のため)。また、レスラー活動と並行してボディビルの大会出場を目指し肉体のビルドアップに励み、7月に初めて出場したボディビルコンテストでは準優勝の成績を収めた。石森太二 フレッシュアイペディアより)

  • 伸太郎

    伸太郎から見た金丸義信金丸義信

    山梨学院大学附属高等学校では野球部に所属したが、甲子園出場経験はない。同学年に牧野塁(元広島東洋カープ投手)市瀬秀和(俳優)2学年下には、五島裕二(元オリックス・バファローズ)金丸義信(プロレスラー)がいた。当時野球部監督の紹介で面会した作詞家阿久悠のアドバイスを受け、歌手の道に進んだ。伸太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 青木篤志

    青木篤志から見た金丸義信金丸義信

    2007年12月23日の「SEMful Gift in Differ '07」での秋山準との対戦を皮切りに、「青木篤志“閃光十番勝負”」が組まれる。その後、デイビー・リチャーズに勝利するも、KENTA、ブライアン・ダニエルソン、小川良成、カズ・ハヤシ、金丸義信、獣神サンダー・ライガー、丸藤正道、2010年2月28日の鈴木みのるの順に敗れ、1勝9敗で終了した。青木篤志 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「金丸義信」のニューストピックワード