前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • ディスオベイ

    ディスオベイから見た金丸義信金丸義信

    モハメド・ヨネが提唱した新軍団構想に力皇猛が賛同する形で結成された。ラフファイトや反則行為、試合介入などの不良行為を行うヒール軍団として活動を開始した。さらに2008年頃よりジュニアヘビー級戦線において共闘し悪行を続けていた金丸義信、鈴木鼓太郎、平柳玄藩のジュニアヘビー級選手3名も加入し勢力を増した。ディスオベイ フレッシュアイペディアより)

  • NO MERCY (プロレスリング・ノア)

    NO MERCY (プロレスリング・ノア)から見た金丸義信金丸義信

    2011年1月に同団体の軍団DISOBEYに属する金丸義信がKENTAとタッグチームを結成してみたい気持ちがあることを吐露。その後、同月23日アクロス福岡大会のKENTAの試合後に、金丸がリング上に登場し、KENTAにタッグを結成するようにマイクアピールをした。しかし、KENTAは金丸の耳元で何かを囁き、金丸は「分かった」と発言して、そのまま退場した。このとき、KENTAは、タッグ結成のための条件を提示したと明かされた(その条件はこのときは不明)。同月のツアー最終戦(後楽園ホール)第4試合、潮崎豪、小川良成、KENTA組vsモハメド・ヨネ、金丸義信、平柳玄藩組の試合中、KENTAはパートナーの潮崎と小川を突然裏切り、パイプ椅子攻撃を敢行した。そして、金丸や平柳・ヨネと握手し、「これからが新しいディスオベイの始まり」とマイクアピール。DISOBEYに加入した。NO MERCY (プロレスリング・ノア) フレッシュアイペディアより)

  • 桃の青春

    桃の青春から見た金丸義信金丸義信

    10月には、プロレスリング・ノアの日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦に初出場。金丸義信&平柳玄藩に勝利するも、1勝3敗に終わる。桃の青春 フレッシュアイペディアより)

  • SUWA

    SUWAから見た金丸義信金丸義信

    初戦となった1月17日名古屋テレピアホール大会では、平柳と組んで、ブラバド兄弟と対戦。かつてNO MERCYに所属していた金丸義信の得意技であるタッチ・アウト(旋回式ブレーンバスター)を繰り出して勝利した。SUWA フレッシュアイペディアより)

  • 外道 (プロレスラー)

    外道 (プロレスラー)から見た金丸義信金丸義信

    2000年4月1日、横須賀市総合体育会館において、中川と共に冬木弘道&井上京子組からWEWタッグ王座を奪取。この時点で中川と共にWEWタッグ&6人タッグ王座二冠王となった。4月25日、渋谷ON AIR EASTで冬木弘道&井上京子&チョコボール向井組に敗れWEW6人タッグ王座から転落するも、5月3日、博多スターレーン大会において邪道&中川浩二と共にWEW6人タッグ王者に返り咲き、中川と共に二冠王にも返り咲いた。しかし5月28日の後楽園大会でまたしても冬木弘道&井上京子&チョコボール向井組に敗れWEW6人タッグ王座から転落。さらに同日、中川とのコンビ解散を理由にWEWタッグ王座を返還。タッグパートナーを邪道に変えて、7月14日、高杉市総合体育館で行われたWEWタッグ王座決定戦でH&黒田哲広組を下し、自身3度目のWEWタッグ王者となる。しかしわずか2週間後の7月28日、後楽園ホール大会でプロレスリング・ノア所属の井上雅央&金丸義信組に敗れ王座転落。8月28日、後楽園ホール大会で保坂秀樹&佐々木嘉則組の持つWEWハードコアタッグ王座に挑戦するも敗退。9月17日にはディファ有明大会でパートナーを邪道&中山香里に変更し、3度目のWEW6人タッグ王座獲得。9月21日、月寒アルファコートドームで行われた保坂秀樹&マンモス佐々木 vs 金村キンタロー&山川竜司 vs 邪道&外道の3ウェイダンスマッチ制し、WEWハードコアタッグ王座を獲得。邪道と共に、WEW6人タッグ&ハードコアタッグ王座の二冠王となった。10月12日、博多スターレーン大会でスプリーム&ホームレス・ジミーに敗れWEWハードコアタッグ王座から転落。外道 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ウルティモ・ドラゴン

    ウルティモ・ドラゴンから見た金丸義信金丸義信

    2013年12月15日、全日本プロレスにて世界ジュニアヘビー級王座を獲得。2015年には金丸義信をパートナーにアジアタッグ王座を獲得(金丸の全日本退団により王座返上)。ウルティモ・ドラゴン フレッシュアイペディアより)

  • スターネス

    スターネスから見た金丸義信金丸義信

    2000年に全日本プロレスで小橋健太率いるバーニングを脱退した秋山準が、当時若手であったマウナケア・モスマン(太陽ケア)・橋誠とチームを結成(チーム名称が未定であったため「秋山軍」と仮称されることが多い)、これが後のスターネスの前身となる。その後バーニングとの「バーニングが負けたら即解散」の条件付6人タッグ決戦に勝利し、バーニングを解散に追い込む。その試合終了時に、バーニングのメンバーだった金丸義信がこれに追随した。しかし、この大会終了後にモスマンを除くメンバーが全日本プロレスを退団しプロレスリング・ノアに移籍したために、このチームは自然消滅となる。スターネス フレッシュアイペディアより)

  • ダーク・エージェント

    ダーク・エージェントから見た金丸義信金丸義信

    D.A.は、ひたすら"闇"の布教に努めた。勢力も拡大していき、齋藤のかつての同志でもある越中詩郎や青柳政司、外国人選手のバイソン・スミスやザ・グラジエーターなどと協力関係も築いた。また田上明とカード編成上の都合で単発的にタッグを組んだときに、田上にD.A.ジャンパーを着用させ、杉浦が元田上の付き人であるから、田上はD.A.加入後杉浦の付き人から始めることなどを勝手に決め、田上はあきれて加入を共闘や加入を拒絶した。杉浦はジュニアヘビー級戦線でスターネスの金丸義信と組んでGHCジュニアヘビー級タッグ王座を取ったが、杉浦等D.A.から金丸への度重なる移籍要請は断わられていた。ダーク・エージェント フレッシュアイペディアより)

  • マイバッハ谷口

    マイバッハ谷口から見た金丸義信金丸義信

    2012年2月14日、谷口は潮崎とのタッグを発展的解消する動きをみせ、けじめのシングルマッチを行う。その試合で潮崎を椅子で殴打し、反則負けとなった。試合直後、マイクでKENTA率いるノア反体制勢力「NO MERCY」への加入を宣言。同日、NO MERCY(高山、平柳玄藩、金丸義信)と丸藤軍(丸藤正道、杉浦、石森太二)のタッグマッチの最中に突如乱入して丸藤軍を攻撃、それを見かねたモハメド・ヨネも乱入したため試合は無効試合となり、直後に8人タッグマッチへと進展。ヨネの回し蹴りに敗れてしまう。マイバッハ谷口 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た金丸義信金丸義信

    2013年1月に行われた決起集会で、小橋からバーニングを託され、潮崎豪、金丸義信、鈴木鼓太郎、青木篤志らを率いて再結成した。秋山準 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「金丸義信」のニューストピックワード