70件中 11 - 20件表示
  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアから見た金丸義信金丸義信

    ジュニアヘビーという階級が出来た後もプロレスの花形はヘビーの対戦と考えられ、ジュニアの選手がメインを飾るということは考えられなかったが、ノアでは金丸義信や丸藤正道、KENTA等のジュニア戦士が、全日本時代の「四天王プロレス」を髣髴とさせるような好試合をするようになる。彼らのうち丸藤正道とKENTAが俗に言うイケメンであり、試合のスタイルも華やかな動きと緩急で魅せる丸藤、キックスタイルのKENTAと素人にも非常に分かり易いこともあってか彼らを目当てにした若い女性客が一時的に増えた。しかしこれらの選手が結婚したこともあり、ノアの生命線とも言える女性ファンが減少してきている、と仲田龍は語っている。三沢の死去や小橋、田上の第一線離脱によって現在のノアは一線級でのヘビー級の人材が不足しており、丸藤、KENTAがそれぞれユニットのリーダーとして団体を牽引しヘビー級王座戦線に参戦するなど、オープンウェイト化が進んでいる。プロレスリング・ノア フレッシュアイペディアより)

  • 小橋建太

    小橋建太から見た金丸義信金丸義信

    2002年7月5日…井上雅央、金丸義信組戦(パートナーは鈴木鼓太郎)で138日ぶりの再復帰戦を第1試合で行う。小橋建太 フレッシュアイペディアより)

  • 丸藤正道

    丸藤正道から見た金丸義信金丸義信

    卒業後、全日本プロレスに入門。1998年8月28日、愛知県・岡崎市体育館の金丸義信戦でプロレスラーとしてデビューを果たした。丸藤がジャイアント馬場存命中最後のデビューとなったため、当時は「馬場の最後の弟子」とも呼ばれ、テレビで特集を組まれたこともあった。馬場の肩の上からミサイルキックを繰り出したこともある。丸藤正道 フレッシュアイペディアより)

  • 外道 (プロレスラー)

    外道 (プロレスラー)から見た金丸義信金丸義信

    2000年4月1日、横須賀市総合体育会館において、中川と共に冬木弘道&井上京子組からWEWタッグ王座を奪取。この時点で中川と共にWEWタッグ&6人タッグ王座二冠王となった。4月25日、渋谷ON AIR EASTで冬木弘道&井上京子&チョコボール向井組に敗れWEW6人タッグ王座から転落するも、5月3日、博多スターレーン大会において邪道&中川浩二と共にWEW6人タッグ王者に返り咲き、中川と共に二冠王にも返り咲いた。しかし5月28日の後楽園大会でまたしても冬木弘道&井上京子&チョコボール向井組に敗れWEW6人タッグ王座から転落。さらに同日、中川とのコンビ解散を理由にWEWタッグ王座を返還。タッグパートナーを邪道に変えて、7月14日、高杉市総合体育館で行われたWEWタッグ王座決定戦でH&黒田哲広組を下し、自身3度目のWEWタッグ王者となる。しかしわずか2週間後の7月28日、後楽園ホール大会でプロレスリング・ノア所属の井上雅央&金丸義信組に敗れ王座転落。8月28日、後楽園ホール大会で保坂秀樹&佐々木嘉則組の持つWEWハードコアタッグ王座に挑戦するも敗退。9月17日にはディファ有明大会でパートナーを邪道&中山香里に変更し、3度目のWEW6人タッグ王座獲得。9月21日、月寒アルファコートドームで行われた保坂秀樹&マンモス佐々木 vs 金村キンタロー&山川竜司 vs 邪道&外道の3ウェイダンスマッチ制し、WEWハードコアタッグ王座を獲得。邪道と共に、WEW6人タッグ&ハードコアタッグ王座の二冠王となった。10月12日、博多スターレーン大会でスプリーム&ホームレス・ジミーに敗れWEWハードコアタッグ王座から転落。外道 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • マイバッハ谷口Jr.

    マイバッハ谷口Jr.から見た金丸義信金丸義信

    初戦となった1月17日名古屋テレピアホール大会では、平柳と組んで、ブラバド兄弟と対戦。かつてNO MERCYに所属していた金丸義信の得意技であるタッチ・アウト(旋回式ブレーンバスター)を繰り出して勝利した。マイバッハ谷口Jr. フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た金丸義信金丸義信

    高校生(中京高等学校。現在の中京大学附属中京高等学校)時代は柔道を経験、柔道2段である。自衛隊に入隊し、体育学校に入校、アマチュアレスリングを始める。アマチュアレスリングの全日本選手権グレコローマン82kg級優勝および国体で3度優勝の実績を持つ。その後、オリンピック出場を逃し、一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、それを断り本田多聞を慕って全日本プロレスに入団、田上明の付き人となる。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

  • ブレーンバスター

    ブレーンバスターから見た金丸義信金丸義信

    相手をコーナーポスト上に座らせた状態から投げる。スーパー・D(スーパー・デストロイヤー)ことスコット・アーウィンが考案者とされ、そのため海外では「スーパープレックス(Superplex)」と呼ばれる。日本でこの技を初めて披露したのは阿修羅・原である(1981年4月18日、アメリカ武者修行からの帰国第1戦である対スティーブ・オルソノスキー戦。原は当時アーウィンが主戦場としていたミッドサウス地区のMSWAに遠征していた)。大抵は背中から落とす形で投げるが、獣神サンダー・ライガー、金丸義信、ブラック・タイガー時代のエディ・ゲレロ等は垂直落下式も使う。なお、原の初披露の前日に木村健吾がこの技にトライしている(後述)。ブレーンバスター フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩式

    雪崩式から見た金丸義信金丸義信

    垂直落下式ブレーンバスター - 獣神サンダー・ライガー、2代目ブラック・タイガー、金丸義信雪崩式 フレッシュアイペディアより)

  • ディファ有明戦隊ノアレンジャー

    ディファ有明戦隊ノアレンジャーから見た金丸義信金丸義信

    マルレンジャー:金丸義信ディファ有明戦隊ノアレンジャー フレッシュアイペディアより)

  • みちのくドライバーII

    みちのくドライバーIIから見た金丸義信金丸義信

    高岩竜一が開発。文字通り受身の取れない角度で、脳天や後頭部から真っ逆様に落とすみちのくドライバーII。金丸義信に対し、トップロープからの雪崩式でこの技を敢行し、GHCジュニアヘビー級王座を獲得した。後にこの技に改良を加えタカイワドリラーを考案した。みちのくドライバーII フレッシュアイペディアより)

70件中 11 - 20件表示

「金丸義信」のニューストピックワード