70件中 21 - 30件表示
  • ANMU

    ANMUから見た金丸義信金丸義信

    4月29日、ユニット結成後初となるNO MERCYと3人タッグマッチで対戦。試合は平柳玄藩が青木にパイプ椅子で殴打したことによる反則勝利となるも。試合後の乱闘で青木がKENTAのマウントパンチで、石森が金丸義信の垂直落下式ブレーンバスターで、鼓太郎がKENTAのgo 2 sleepでノックアウトされた為、試合では勝ったが勝負では負けると言う形となった。ANMU フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・モデスト

    マイケル・モデストから見た金丸義信金丸義信

    2003年3月30日、博多スターレーン大会にて雪崩式リアリティー・チェックで金丸義信を破り第6代GHCジュニアヘビー級王座を獲得した。同王座初の外国人王者。アメリカで2度防衛を果たした(相手はビトー・トーマセリー、ドノバン・モーガン)後、2003年9月12日の日本武道館大会で杉浦貴を相手に防衛に失敗(決め技は雪崩式オリンピック予選スラム)、約5か月間保持した同王座を失った。マイケル・モデスト フレッシュアイペディアより)

  • WILD II

    WILD IIから見た金丸義信金丸義信

    11月27日から28日の2日間札幌メディアパーク・スピカにて行われた、ヘビー級選手とジュニアヘビー級選手の混成タッグによる2デイズ・タッグ・チーム・トーナメントに、力皇と丸藤が組んで出場。1回戦で三沢光晴&鈴木鼓太郎組、準決勝で秋山準&金丸義信組(スターネス)、決勝で小橋建太&KENTA組(バーニング)をやぶり、見事に優勝した。WILD II フレッシュアイペディアより)

  • ヘッドシザーズ・ホイップ

    ヘッドシザーズ・ホイップから見た金丸義信金丸義信

    コーナーからダイビング式で相手の後方から両膝で頭を挟むように飛びつき、前方回転の勢いで相手を投げ飛ばす技。元祖はスペル・アストロで、下田美馬、金丸義信なども使用する。ヘッドシザーズ・ホイップ フレッシュアイペディアより)

  • 浅子覚

    浅子覚から見た金丸義信金丸義信

    2001年9月5日には当時GHCジュニアヘビー級王者だった金丸義信とタイトルマッチを行う。結果は23分27秒、垂直落下式ブレーンバスターで敗北。浅子覚 フレッシュアイペディアより)

  • ムシキング・テリー

    ムシキング・テリーから見た金丸義信金丸義信

    2007年4月28日、ZERO1-MAXへ流出していたGHCジュニアヘビー級王座を高岩竜一から奪取、第13代王者となった。しかし10月27日の初防衛戦で金丸義信に敗れ王座陥落。ムシキング・テリー フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎軍

    潮崎軍から見た金丸義信金丸義信

    2010年9月に、長期欠場から復帰したDISOBEYの鈴木鼓太郎が、試合中の金丸義信による誤爆、平柳玄藩の反則行為をきっかけにDISOBEYを脱退。新たに小川良成とタッグを結成し、DISOBEYと対立。潮崎軍 フレッシュアイペディアより)

  • NO LIMIT (プロレス)

    NO LIMIT (プロレス)から見た金丸義信金丸義信

    それからしばらく目立った行動は起こしていなかったが9月6日のプロレスリング・ノアの日本武道館大会の客席に姿を現し、GHCジュニアヘビー級タッグ王者ながらタッグリーグ戦を優勝できなかった金丸義信&鈴木鼓太郎組を挑発。9月27日のノア大阪府立体育会館大会で金丸組の保持するGHCジュニアヘビー級タッグ王座に挑戦するも敗北。しかし10月13日、王座に返り咲いた稔&デヴィット組を破りIWGPジュニアタッグ王者となった。12月7日にはセコンドに星野勘太郎をつけジュニアタッグの第一人者である邪道&外道組の挑戦を退け初防衛に成功。試合後星野から「この若いモン2人は敵無しだ」「何回防衛するか、これから楽しみだな」と称賛の言葉を受ける。NO LIMIT (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 武川智美

    武川智美から見た金丸義信金丸義信

    山梨県出身で、血液型はO型。プロレスリング・ノア所属のプロレスラー・金丸義信とは従姉弟の間柄。結婚後も、旧姓の武川を放送上の名称に使い続けている。武川智美 フレッシュアイペディアより)

  • オッキー沖田

    オッキー沖田から見た金丸義信金丸義信

    ZERO1-MAXの発展に尽力し、主張すべきところは主張しつつもユーモアを解する人物で、また「いじられキャラ」であり、感激屋でもある。自身が実行委員長を務めた第2回ディファカップでは、大会開催の発表時に、早速KENTAから「オッキーと対戦したい」といじられ、オッキーも試合はしなかったが「ブサイク対イケメンの闘いだ」と舌戦を繰り広げた。結局大会は丸藤正道・KENTA組の優勝に終わるが、「(病気療養中の)星川尚浩に責任を持って渡せ」と優勝賞金の100万円を寄贈されると、オッキーはたまらず号泣した。また、日高郁人・藤田ミノル組が金丸義信・杉浦貴組からGHCジュニアヘビー級タッグ王座を奪取したときも、リング下で号泣した。オッキー沖田 フレッシュアイペディアより)

70件中 21 - 30件表示

「金丸義信」のニューストピックワード