91件中 31 - 40件表示
  • リチャード・スリンガー

    リチャード・スリンガーから見た金丸義信金丸義信

    2000年6月、プロレスリング・ノアの設立と同時に、ベイダーやスコーピオと共に同団体へ主戦場を移す。同年12月、足の負傷から長期欠場。2001年10月、復帰。その後、ベイダーやスコーピオ等と外国人チームケイオスを結成。しかし、後に脱退し、三沢光晴や小川良成等の日本人選手と共闘。2005年8月27日、ロウキーをパートナーに、杉浦貴と金丸義信が持つGHCジュニアヘビー級タッグ王座に挑戦するが敗れる。リチャード・スリンガー フレッシュアイペディアより)

  • 井上雅央

    井上雅央から見た金丸義信金丸義信

    2000年、三沢光晴が旗揚げしたプロレスリング・ノアに移籍する。同年7月には金丸義信と組んでFMWに乗り込み、WEWタッグ王座を獲得。2001年には本田と組んで安田忠夫&橋本真也組と対戦したが、橋本の三角絞めで肩を脱臼した。2003年に本田とのコンビを解消。なかなか中堅の域を脱せず、2004年には秋山準に泉田純、川畑輝鎮と並んで「健康のためにプロレスをやっている人たち」と言われ「ノア・ヘルスクラブ」と命名されてしまう。5月30日、白GHC(グローバル・ハードコア・クラウン)に挑戦するも敗北。その後、スターネスを離脱した齋藤彰俊と合流、ダーク・エージェントを結成した。井上雅央 フレッシュアイペディアより)

  • ダーク・オズ

    ダーク・オズから見た金丸義信金丸義信

    2001年にはプロレスリング・ノアのGHCジュニアヘビー級王座決定トーナメントに出場。1回戦で小林健太(後のKENTA/ヒデオ・イタミ)と対戦し勝利も2回戦で金丸義信に敗れた。同年、ブラック・ファミリーに加入しアメリカのスティングを模したギミックのオズのリングネームを名乗る。ダーク・オズ フレッシュアイペディアより)

  • スーパーJカップ

    スーパーJカップから見た金丸義信金丸義信

    金丸義信(フリー)(鈴木軍)※準優勝スーパーJカップ フレッシュアイペディアより)

  • 平柳玄藩

    平柳玄藩から見た金丸義信金丸義信

    またシングル戦だけでなく鈴木鼓太郎や金丸義信らと組んでさらにラフな面が多くなった。また、力皇猛とモハメド・ヨネのチームに合流し、「DISOBEY」を結成した。平柳玄藩 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ヤーネット

    ジョン・ヤーネットから見た金丸義信金丸義信

    10月、初来日を果たし全日本プロレスのAnniversary Tour 2013にMr.450名義で参戦。同月14日、佐藤光留と組んで井上雅央 & 金丸義信と対戦して最後に井上に450°スプラッシュを決めて勝利した。同月26日、全日本プロレス参戦中でありながらアントニオ猪木が主宰するIGFのGENOME 29に出場。ケンドー・カシンと対戦するが雪崩式飛びつき腕ひしぎ逆十字固めを極められ敗戦した。ジョン・ヤーネット フレッシュアイペディアより)

  • 藤田ミノル

    藤田ミノルから見た金丸義信金丸義信

    2006年2月にはNWAインターコンチネンタルタッグ王座をスティーブ・コリノ&Y2P-150kg組に奪われるも、3月にはノアの日本武道館大会に乗りこみ、金丸義信&杉浦貴組からGHCジュニアヘビー級タッグ王座を奪取することに成功。第3代王者となった。その後も防衛を重ねるが、同年8月にノアのディファ有明大会にて金丸&杉浦とのリターンマッチに敗れ王座陥落する。藤田ミノル フレッシュアイペディアより)

  • オッキー沖田

    オッキー沖田から見た金丸義信金丸義信

    ZERO1-MAX→ZERO1の発展に尽力し、腰が低くユーモアもある性格から、ZERO1のファンに愛されている。また「いじられキャラ」であり、感激屋でもある。自身が実行委員長を務めた第2回ディファカップ(2005年5月7日・8日開催)では、大会開催の発表時に、早速KENTAから「オッキーと対戦したい」といじられ、沖田も試合はしなかったが「ブサイク対イケメンの闘いだ」と舌戦を繰り広げた。結局、大会は丸藤正道&KENTA組の優勝に終わるが、「(病気療養中の)星川尚浩に責任を持って渡せ」と優勝賞金の100万円を寄贈されると、沖田はたまらず号泣した。また2006年3月5日、プロレスリング・ノアの日本武道館大会において、ZERO1-MAXから参戦した日高郁人&藤田ミノル組が金丸義信&杉浦貴組からGHCジュニアヘビー級タッグ王座を奪取した際も、リング下で号泣した。オッキー沖田 フレッシュアイペディアより)

  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見た金丸義信金丸義信

    金丸義信(初出場、2009年ジュニア・ヘビー級リーグ戦優勝)、鈴木鼓太郎(初出場)、宮原健斗(健介オフィス、初出場)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 小峠篤司

    小峠篤司から見た金丸義信金丸義信

    6月3日、ノア入団わずか1カ月でGHCジュニアヘビー級王座に初挑戦するも当時の王者金丸義信に敗戦。小峠篤司 フレッシュアイペディアより)

91件中 31 - 40件表示

「金丸義信」のニューストピックワード