70件中 41 - 50件表示
  • グローバル・リーグ戦

    グローバル・リーグ戦から見た金丸義信金丸義信

    金丸義信(初出場、2009年ジュニア・ヘビー級リーグ戦優勝)、鈴木鼓太郎(初出場)、宮原健斗(健介オフィス、初出場)グローバル・リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • タイガーマスク (プロレスラー)

    タイガーマスク (プロレスラー)から見た金丸義信金丸義信

    1997年10月12日に両国国技館で開催された梶原一騎没後10年追悼記念興行「'97格闘技の祭典SPECIAL」において、4人のタイガーマスクが一堂に会するタッグマッチ(初代、4代目対2代目、3代目)が行われた。その際、2代目タイガーマスクの三沢光晴はスケジュールの都合で不参加となり、代わりに同じ全日本プロレス所属の金丸義信が代理出場した。この場合、5代目とは呼ばず「2代目の2代目」「2代目代理」などと俗に呼ばれる。タイガーマスク (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • ダコタ (プロレスラー)

    ダコタ (プロレスラー)から見た金丸義信金丸義信

    現在、「ヒィヤッホォゥー」という雄叫びは金丸義信が受け継ぎ、ダイビング・ボディ・アタックを披露する際に叫ぶことが定着している。ダコタ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 森嶋猛

    森嶋猛から見た金丸義信金丸義信

    また、一度暴れだすと見境が無くなることがある。例えば、2008年に三沢とのシングル対決が決まったシリーズでは開幕の後楽園大会から既に気合に満ち溢れており、試合に敗れながらも興奮収まらぬ森嶋は対戦相手の小橋建太・本田多聞・金丸義信を次から次へとラリアットでなぎ倒し、しまいには同じチームであったKENTAにまでラリアットを見舞うほどであった。森嶋猛 フレッシュアイペディアより)

  • 橋誠

    橋誠から見た金丸義信金丸義信

    1998年3月25日、対金丸義信戦でデビュー。2000年、バーニングを離脱した秋山準やマウナケア・モスマン等と組むようになり、バーニングを解散に追い込む。しかし、その直後に全日本プロレス分裂騒動が勃発し、同団体を退団、プロレスリング・ノアの旗揚げに参加。川田と袂を分かったため、新たに秋山準の付き人となる。また同年、秋山率いる軍団スターネス入りする。橋誠 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア 東京ドーム大会

    プロレスリング・ノア 東京ドーム大会から見た金丸義信金丸義信

    第7試合(GHCジュニアヘビー級選手権試合) ●獣神サンダー・ライガー vs ○金丸義信プロレスリング・ノア 東京ドーム大会 フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・シルベストリー

    ブランドン・シルベストリーから見た金丸義信金丸義信

    2004年、プロレスリング・ノア初参戦。最終戦で、金丸義信が所持していたGHCジュニアヘビー級王座に挑戦した。以降、同団体に継続参戦する。リチャード・スリンガーと組んで、金丸義信・杉浦貴の保持するGHCジュニアヘビー級タッグ王座にも挑戦した。ブランドン・シルベストリー フレッシュアイペディアより)

  • ボディ・プレス

    ボディ・プレスから見た金丸義信金丸義信

    変形の旋回式ボディ・プレス。コーナー最上段でリング内を向いて立った状態からジャンプし、空中で側転をするような形で体の向きを変えてボディ・プレスをする。空中で体の向きを横回転で180度旋回させてのボディ・プレスとも言える。通常のボディプレスであれば自分の頭がマット側、足がコーナー側に向くが、サザンクロス・スプラッシュは自分の頭がコーナー側、足がマット側になってプレスする。金丸義信が開発したが、最近は見られず、現在はスコーピオが主な使用者となっている。また、田口隆祐は、2008年3月に屈伸式のフォームでこの技を公開し、「円盤中毒(えんばん ちゅうどく)」と命名した。ボディ・プレス フレッシュアイペディアより)

  • ダーク・オズ

    ダーク・オズから見た金丸義信金丸義信

    1999年にはパス・ファインダーのリングネームで。2000年には日本で初開催されたAAAの日本ツアー「トリプルマニアVIII」でイリミネーション・マッチでアレブリヘ、ペロ・アグアヨ・ジュニアと組んで日本人チームの丸藤正道、田中稔、堀口元気組と戦う。(他の相手はシコシス、マニアコ、イステリア チャーリー・マンソン、ピクド、エスペリトゥ)。また2001年にはプロレスリング・ノアのGHCジュニアヘビー級王座決定トーナメントに出場。1回戦で小林健太(現在のKENTA)と対戦し勝利も2回戦で金丸義信に敗れた。ダーク・オズ フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ダニエルソン

    ブライアン・ダニエルソンから見た金丸義信金丸義信

    2006年12月、ROH世界ヘビー級王者としてプロレスリング・ノアに来日。2008年9月14日、金丸義信を破ってGHCジュニアヘビー級王座を奪取した。本国アメリカでは、ROHレスリング・スクールのコーチを務めながら、ROHのトップレスラーとして活躍し、プロレスリング・ノアのKENTAや丸藤正道とも対戦している。また、ノアのリングにはROHのリングでも使っている本名のブライアン・ダニエルソンのリングネームで上がった。ブライアン・ダニエルソン フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「金丸義信」のニューストピックワード