70件中 51 - 60件表示
  • 高岩竜一

    高岩竜一から見た金丸義信金丸義信

    受身の取れない態勢で、脳天から真っ逆様に落とすみちのくドライバーII。これを元にタカイワ・ドリラーやデスバレー・ドライバーを使用するようになった。現在ではあまりこの技は使用されない。トップロープからの雪崩式でこの技を敢行して金丸義信を下し、GHCジュニアヘビー級王座を獲得した。高岩竜一 フレッシュアイペディアより)

  • マイバッハ谷口

    マイバッハ谷口から見た金丸義信金丸義信

    2012年2月14日、谷口は潮崎豪とのタッグを発展的解消する動きをみせ、けじめのシングルマッチを行う。その試合で潮崎を椅子で殴打し、反則負けとなる。試合直後、マイクでKENTA率いるノア反体制勢力「NO MERCY」の加入を宣言。同日、NO MERCY(高山善廣、平柳玄藩、金丸義信)と丸藤軍(丸藤正道、杉浦貴、石森太二)のタッグマッチの最中に突如乱入して丸藤軍を攻撃、それを見かねたモハメド・ヨネも乱入したため試合は無効試合となり、直後に8人タッグマッチへと進展。ヨネの回し蹴りに敗れてしまう。マイバッハ谷口 フレッシュアイペディアより)

  • DDT (プロレス技)

    DDT (プロレス技)から見た金丸義信金丸義信

    上記の飛びつき式DDTをコーナーから飛びついてかけるもの。プロレスリング・ノアの金丸義信が使うディープインパクトなどがある。スワンダイブ式で決める者もいる。(大谷晋二郎がワイルド・ペガサスに放ったタイプ)DDT (プロレス技) フレッシュアイペディアより)

  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見た金丸義信金丸義信

    羽丸敏則(金丸義信ファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • 平柳玄藩

    平柳玄藩から見た金丸義信金丸義信

    またシングル戦だけでなく鈴木鼓太郎や金丸義信らと組んでさらにラフな面が多くなった。また、力皇猛とモハメド・ヨネのチームに合流し、「DISOBEY」を結成した。平柳玄藩 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤修司

    近藤修司から見た金丸義信金丸義信

    2012年9月29日後楽園ホール大会、金丸義信が保持するGHCジュニアヘビー級王座に挑戦し、キングコングラリアットで勝利し第25代王者となった。近藤修司 フレッシュアイペディアより)

  • エルボー・バット

    エルボー・バットから見た金丸義信金丸義信

    主な使用者:ドリー・ファンク・ジュニア、ビル・ロビンソン、豊登、西村修、三沢光晴、ジャンボ鶴田、金丸義信、大森隆男、ケンドー・カシン、ナイジェル・マッギネス、ダグ・ウィリアムスエルボー・バット フレッシュアイペディアより)

  • 内藤哲也

    内藤哲也から見た金丸義信金丸義信

    2008年3月、裕次郎とタッグチーム「NO LIMIT」」を結成。同年4月には初めてタイトル(IWGPジュニアタッグ王座)に挑戦するも、敗れる。同年8月にはプロレスリング・ノアの金丸義信、鈴木鼓太郎組の持つGHCジュニアヘビー級タッグ王座に挑戦したが敗北。内藤哲也 フレッシュアイペディアより)

  • ムーンサルトプレス

    ムーンサルトプレスから見た金丸義信金丸義信

    ロブ・ヴァン・ダムが考案した、リバウンド式ムーンサルトプレス。コーナー前でリング内に背を向けて立ち、コーナーを登ってコーナー最上段に尻餅をつき、同時にトップロープに両腿をバウンドさせるようにして後方へバック転しながら飛び、ムーンサルトプレスを敢行する。ジョン・モリソンは、横360度回転のアラビアンプレスをスターシップ・ペインという名称で使用している。ドラゴン・キッドは、ジーザスという名前で使っている。金丸義信もよく使用する。本来は、サブゥーのアラビアン・プレスとは似ているが違う技(アラビアン・プレスが直接トップロープに飛び座り込むのに対し、ハリウッド・スター・プレスはコーナー上へ立ってから座り込む)であった。最近は両方とも同じ技として扱われる場合が多い。ムーンサルトプレス フレッシュアイペディアより)

  • 飯伏幸太

    飯伏幸太から見た金丸義信金丸義信

    7月12日から25日にかけて開催された、日テレ杯争奪ジュニアヘビータッグリーグ戦に、ノアの青木篤志と組んで出場も、優勝決定戦で金丸義信・鈴木鼓太郎組に敗れ、またしても2位に終わった。飯伏幸太 フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示

「金丸義信」のニューストピックワード