91件中 51 - 60件表示
  • ファイヤープロレスリングの登場レスラー

    ファイヤープロレスリングの登場レスラーから見た金丸義信金丸義信

    羽丸敏則(金丸義信ファイヤープロレスリングの登場レスラー フレッシュアイペディアより)

  • ANTI NO MERCY UNION

    ANTI NO MERCY UNIONから見た金丸義信金丸義信

    その3人が度重なるNO MERCYの暴挙に対し、手を組んで対立する事を決意。2011年4月29日の後楽園ホール大会で、初めて3人がタッグを結成。NO MERCYのKENTA・金丸義信・平柳玄藩と6人タッグで対戦。しかし両チームの抗争は激化し、相手側の椅子攻撃により反則勝ちとなる。鈴木は、空位となっているGHCジュニアヘビー級タッグ王座の王者決定戦に先に手を挙げていたNO MERCYに対し「あのような奴らにベルトを持たすわけにはいかない」と青木とのコンビで同決定戦に手を挙げた。ANTI NO MERCY UNION フレッシュアイペディアより)

  • S・A・T (プロレス)

    S・A・T (プロレス)から見た金丸義信金丸義信

    2012年12月、メンバー5人中4人(秋山、鈴木、青木、潮崎)が、同年12月末日をもって退団・離脱したため、グループは解散する。2013年、退団した4人に金丸義信を加えた5人は、全日本プロレスに定期参戦(のちに正式所属)し、バーニングを結成した。一方、フリー参戦していた齋藤は4人と行動をともにせず、以降もノアへ参戦を継続している。S・A・T (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 菊地毅

    菊地毅から見た金丸義信金丸義信

    2000年の全日本大量選手離脱騒動では三沢らと行動を共にし、全日本プロレスを退団してプロレスリング・ノアに移籍。旗揚げ第2戦のメインで小橋が敗れ、秋山準との乱闘から小橋を救出したことでお笑い系から離脱し、注目を集める。その後バーニングの一員として小橋と共闘する傍ら、2002年には金丸義信と組んで獣神サンダー・ライガー&田中稔を破って第9代IWGPジュニアタッグ王座を獲得した。菊地毅 フレッシュアイペディアより)

  • ブランドン・シルベストリー

    ブランドン・シルベストリーから見た金丸義信金丸義信

    2004年、プロレスリング・ノア初参戦。最終戦で、金丸義信が所持していたGHCジュニアヘビー級王座に挑戦した。以降、同団体に継続参戦する。リチャード・スリンガーと組んで、金丸義信・杉浦貴の保持するGHCジュニアヘビー級タッグ王座にも挑戦した。ブランドン・シルベストリー フレッシュアイペディアより)

  • KUSHIDA

    KUSHIDAから見た金丸義信金丸義信

    8月、SUPER J-CUP2016に出場し、決勝において鈴木軍の金丸義信を破って見事優勝した。KUSHIDA フレッシュアイペディアより)

  • ロッキー・ロメロ

    ロッキー・ロメロから見た金丸義信金丸義信

    2007年3月4日、プロレスリング・ノアに参戦してムシキング・テリーと対戦。ROHでは、ロドリック・ストロング率いるユニット「ノー・リモーズ・コープス(NRC)」に加入し、デイビー・リチャーズとのタッグで2度目のROHタッグ王座を戴冠する等、活躍したが、2008年に戦線から離脱。同年1月6日、再びNOAHに参戦し、金丸義信の保持するGHCジュニアヘビー級王座に挑戦するも、奪取には至らなかった。ロッキー・ロメロ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木鼓太郎

    鈴木鼓太郎から見た金丸義信金丸義信

    当時の合格者4人の中で唯一デビューまでこぎつけ、2001年12月24日のディファ有明大会の対佐野巧真・金丸義信戦でデビュー(パートナーは池田大輔)、ノア生え抜き第1号となった。デビューと同時に三沢がリーダーを務める「WAVE」に加入。デビュー当初は本名で出場していたが、2002年2月2日のディファ有明大会より鈴木鼓太郎に改名された。「太鼓のように打たれ強く、打てば響く選手に」との願いをこめて三沢が命名した。2004年11月20日、最初で最後となった三沢とのシングル戦では、本家にタイガードライバーを決めたものの、最後はエメラルドフロウジョンに敗れた。2005年3月5日にはZERO1-MAXの大谷晋二郎・高岩竜一戦の三沢のパートナーとして指名された。鈴木鼓太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中嶋 勝彦

    中嶋勝彦から見た金丸義信金丸義信

    垂直落下式ブレーンバスターと同型。現在の中嶋のメイン・フィニッシュ・ホールド。元々、後述の垂直落下旋回式ブレーンバスターを「ツイスター」の名称で使用していたが、当時、ノアで金丸義信が同じ技を「タッチアウト」の名称で使用していた為、旋回せずに決める通常型の垂直落下式ブレーンバスターをフィニッシュに切り替えた。中嶋勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦貴

    杉浦貴から見た金丸義信金丸義信

    その後、オリンピック出場を逃したため一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、もうすでに自衛隊に残ることや一般企業に再就職することは考えておらず、プロレス転身に対する思いを胸に秘めるようになった。しかしプロレス転身の際に29歳であった上に妻と1児を抱えていたため、公務員を辞めるかどうかで悩んでいたが、ある日妻が「これからどうするの?」と食事の席で聞いてきて、口ごもっていたら「プロレスやったら?」と言い出したので、自身の望みを打ち明けた。自衛隊OBの本田多聞を慕って全日本プロレスに入団し田上明の付き人となった。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のままノアに移籍した。2000年に入ってから三沢光晴に声をかけられ、給料については「心配しないでいいよ。オマエは家族がいるんだから」と自衛隊で貰っていた分の給料を貰うなど特別待遇を得ていた。12月23日、東京・有明コロシアムにおける志賀賢太郎、金丸義信、森嶋猛戦で、ノア最初の新人レスラーとしてデビュー(パートナーは井上雅央と力皇猛)した。杉浦貴 フレッシュアイペディアより)

91件中 51 - 60件表示

「金丸義信」のニューストピックワード