91件中 61 - 70件表示
  • ザック・セイバー・ジュニア

    ザック・セイバー・ジュニアから見た金丸義信金丸義信

    2008年にはノアのイギリス大会に参戦し金丸義信と対戦したものの、20分時間切れ引き分けに終わった。ザック・セイバー・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 石森太二

    石森太二から見た金丸義信金丸義信

    2009年6月、KENTAと訣別しヒールターン、新たに金丸義信とタッグを結成。コスチュームも黄色から赤に変更し、ワイルドな風貌へイメージチェンジを図ったが、結局再びKENTAとタッグを組むことになり元の鞘に収まった(三沢光晴の事故死によるカード再編成のため)。また、レスラー活動と並行してボディビルの大会出場を目指し肉体のビルドアップに励み、7月に初めて出場したボディビルコンテストでは準優勝の成績を収めた。石森太二 フレッシュアイペディアより)

  • 丸藤正道

    丸藤正道から見た金丸義信金丸義信

    卒業後、全日本プロレスに入門。1998年8月28日、愛知県・岡崎市体育館の金丸義信戦でプロレスラーとしてデビューを果たした。入門5ヶ月でのデビューは師匠の三沢光晴の5ヶ月に続く異例の速さである。このデビュー戦では三沢が”お古”にサインを入れてコスチューム屋にプレゼントしたそのタイツで間に合わせた。それまでの全日本では、新人は基本技だけで試合を組み立てなくてはならないという伝統があったが、三沢から「やれるなら何でもやれ」と助言されたこともあって空中殺法を駆使したファイトを見せた。デビュー戦では丸藤はジャイアント馬場存命中最後のデビューとなったため、当時は「馬場の最後の弟子」とも呼ばれ、『スポーツうるぐす』(日本テレビ)で特集を組まれたこともあった。馬場の肩の上からミサイルキックを繰り出したこともある。丸藤正道 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のスポーツ

    2013年のスポーツから見た金丸義信金丸義信

    全日本プロレスが、「全日本プロレス本隊」(所属:秋山準、金丸義信ら)と「WRESTLE-1」(所属:武藤敬司、船木誠勝ら)に分裂した。2013年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 熊野準

    熊野準から見た金丸義信金丸義信

    2016年5月4日、後楽園大会にて大先輩である小川からクマ固めで勝利を挙げた。その勢いでGHCJrヘビー級王者である金丸義信に挑戦を表明するも、金丸から「顔じゃねえ!」と一蹴された。同月20日の後楽園ホール大会にてメインで潮崎豪とタッグを組み、杉浦貴&金丸組と対戦した。金丸から新技であるフラッシュパッケージにて3カウントを奪った後に改めて挑戦表明を行い、これが認められて同月27日にエディオンアリーナ大阪大会において金丸に挑戦するも敗北した。なお、熊野にとってはこれが初のシングルのタイトルマッチであった。熊野準 フレッシュアイペディアより)

  • 青木篤志

    青木篤志から見た金丸義信金丸義信

    2007年12月23日の「SEMful Gift in Differ '07」での秋山との対戦を皮切りに、「青木篤志“閃光十番勝負”」が組まれた。その後、デイビー・リチャーズに勝利するもKENTA、ブライアン・ダニエルソン、小川良成、カズ・ハヤシ、金丸義信、獣神サンダー・ライガー、丸藤正道、2010年2月28日の鈴木みのるの順に敗れ、1勝9敗で終了した。青木篤志 フレッシュアイペディアより)

  • 宮原健斗

    宮原健斗から見た金丸義信金丸義信

    2014年7月シリーズでは、銘打たれてはいないものの、全日本プロレスのトップ勢とのシングルマッチ5番勝負が組まれた。諏訪魔、大森、KENSO、金丸義信、秋山ら5人と対戦し、結果は3勝2敗(大森、KENSO、金丸から勝利)であった。最終戦の7月27日後楽園ホール大会では、アジアタッグ次期挑戦者決定戦(パートナーは鈴木鼓太郎、相手チームは秋山&金丸)にて前日に敗れた秋山からギブアップを奪い、壁を越えると同時にアジアタッグ王座再戦の切符を手にし、翌8月16日に見事自身初となるベルトを獲得した。宮原健斗 フレッシュアイペディアより)

  • タグチジャパン

    タグチジャパンから見た金丸義信金丸義信

    9月16日、田口&リコシェ組がIWGPジュニアタッグ選手権試合でタイチ&金丸義信組と対戦し初防衛に成功する。KUSHIDAがIWGPジュニアヘビー級選手権試合でエル・デスペラードと対戦、2回目の防衛に成功する。棚橋がザック・セイバーJr.とIWGPインターコンチネンタル選手権試合を行い、王座防衛に成功した。タグチジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 邪道 (プロレスラー)

    邪道 (プロレスラー)から見た金丸義信金丸義信

    2009年4月、矢野通の裏切りによってG・B・Hが空中分解した後は、矢野に追随する形で新ユニット「CHAOS」の一員となる。8月30日、後楽園ホールにて邪道、外道デビュー20周年記念興行を開催。外道と共にメインで登場し、プロレスリング・ノア所属の金丸義信&平柳玄藩組と対戦。クロスフェイス・オブ・JADOで平柳を下し、外道と共に有終の美を飾ったが、全日本プロレス参戦時代にタッグを組んだこともあった金丸との因縁が勃発。10月3日、ノアの大阪府立体育会館大会で金丸&鈴木鼓太郎組が持つ、GHCジュニアタッグ王座に挑戦するも、外道が金丸からフォール負けを喫し、敗戦。邪道 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • BUSHI

    BUSHIから見た金丸義信金丸義信

    2月14日、THE NEW BEGINNING in NIIGATAにて王者・KUSHIDAの持つIWGPジュニアヘビー級王座に初挑戦、KUSHIDAのホバーボードロックでギブアップ負けを喫したもののBEST OF THE SUPER Jr.でKUSHIDAに借りを返した。7月、スーパーJカップに出場したが1回戦で鈴木軍の金丸義信に敗れた。9月17日にKUSHIDAとのIWGPジュニアヘビー級王座戦が予定されているが、9月10日の試合後コメントでボイコットや譲渡を考えていると発言した。しかし9月12日にKUSHIDAから遂に指名を受けたのでタイトルマッチが楽しみだと発言した。BUSHI フレッシュアイペディアより)

91件中 61 - 70件表示

「金丸義信」のニューストピックワード