前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示
  • 内藤哲也、G1で同組のSANADAにハイタッチ無視され「反応みたかったけど…」

    G1クライマックスへの思いを語った内藤哲也

    2018年6月19日 07:00スポーツ報知

     ◆新日本プロレス「KIZUNA ROAD2018」大会 ▽8人タッグマッチ30分1本勝負 〇BUSHI、SANADA、EVIL、内藤哲也(10分13秒 エムエックス→片エビ固め)金丸義信、タイチ、飯塚高史、TAKAみちのく●(18日、東京・後楽園ホール、観衆1513人)…

  • ヒロムがデスペ粉砕V1 次期挑戦者にドラゴン・リー指名

    エル・デスペラード(下)にTIME BOMBを決める高橋ヒロム

    2018年6月19日 00:00デイリースポーツ

     「プロレス・新日本」(18日、後楽園ホール) IWGPジュニアヘビー級選手権が行われ、王者・高橋ヒロムが挑戦者・エル・デスペラードを退けて初防衛に成功した。

  • 内藤のグータッチをSANADA拒否 マシン軍団復活には苦言「バカにしてない?」

    2018年6月19日 00:00デイリースポーツ

     「プロレス・新日本」(18日、後楽園ホール) ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)を率いる内藤哲也が、この日にブロック分けが発表されたシングルリーグ戦「G1クライマックス」(7月14日開幕)で同じBブロックに入った盟友SANADAに勝利のグータッチを拒否された。

  • 新日本・内藤がオメガの「日本人は楽」発言に猛反論「彼は今シリーズ全休でしょ」

    2018年6月18日 00:00デイリースポーツ

     「プロレス・新日本」(17日、後楽園ホール) 9日の大阪城ホール大会でWWEの大物クリス・ジェリコにIWGPインターコンチネンタル王座を奪われた内藤哲也が雪辱を誓い、「日本人は楽な試合をしている」と発言したIWGPヘビー級王者ケニー・オメガには猛反論した。

  • オカダ、オメガに敗れ2年ぶりIWGPヘビー級王座陥落!内藤もジェリコに黒星…大阪城決戦全戦績

    オカダ・カズチカ(左)とケニー・オメガ

    2018年6月10日 00:00スポーツ報知

     ◆新日本プロレス「DOMINION6・9 in OSAKA―JO HALL」大会(9日・大阪城ホール、観衆1万1832人札止め) ▽IWGPジュニアタッグ選手権試合60分1本勝負 〇エル・デスペラード、金丸義信(9分29秒 エル・エス・クレロ)YOH、SHO●…

  • 新日本プロレスのSHOとYOHが語る「批判は自分を好きにさせるチャンス」

    2018年6月8日 09:00マイナビニュース

    新日本プロレス・ジュニアの祭典「BEST OF THE SUPER Jr.」も終了し、ジュニアヘビー級の選手たちの次なる舞台は、6月9日に開催される大阪城ホール大会『DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL』。

  • 内藤哲也、試合後に観客に化けたクリス・ジェリコに襲撃され大流血

    ジェリコ

    2018年5月5日 00:00スポーツ報知

     ◆新日本プロレス「レスリングどんたく2018」大会 ▽10人タッグマッチ30分1本勝負 〇内藤哲也、EVIL、SANADA、BUSHI、高橋ヒロム(8分31秒 デスティーノ→片エビ固め)鈴木みのる、エル・デスペラード、ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.、金丸義信●(4日、福岡・福岡国際センター、観衆6307人札止め)…

  • 新日本・ジェリコがIC王者の内藤を急襲!大流血の挑戦アピール

    試合終了後クリス・ジェリコ(中央)に襲撃された内藤哲也(下)=撮影・持木克友

    2018年5月5日 00:00デイリースポーツ

     「プロレス・新日本」(4日、福岡国際センター) 世界最大のプロレス団体WWEのスター選手であるクリス・ジェリコ(47)が突如現れてIWGPインターコンチネンタル王者の内藤哲也(35)を襲撃し、大流血させる手荒いやり方で王座挑戦をアピールした。

  • 内藤が鈴木に猛口撃「裸の王様になる覚悟はよろしいでしょうか」

    場外で鈴木みのる(下)の顔面を踏みつける内藤哲也=後楽園ホール

    2018年4月25日 00:00デイリースポーツ

     「プロレス・新日本」(24日、東京・後楽園ホール) 29日のグランメッセ熊本大会でIWGPインターコンチネンタル王者の鈴木みのるに挑戦する内藤哲也が前哨戦で敗れたものの、鈴木を痛烈にののしった。

  • 金丸、デスペラード組、ジュニアタッグ防衛で「頭と腕が違うんだよ」

    IWGPジュニアタッグ王座2度目の防衛に成功した金丸義信(左)とエル・デスペラード(中=下は高橋ヒロム)

    2018年4月24日 07:00スポーツ報知

      ◆新日本プロレス「Road to レスリングどんたく2018」大会 ▽IWGPジュニアタッグ選手権 〇エル・デスペラード、金丸義信(24分54秒 ピンチェント・ロコ→片エビ固め)BUSHI、高橋ヒロム●=王者組が2度目の防衛=(23日、東京・後楽園ホール、観衆1562人) 金丸義信(41)とエル・デスペラード(年齢不詳)の王者組が「頭」を使った連携を見せ2度目の防衛を飾った。

前へ 1 2 3 4
31件中 1 - 10件表示

「金丸義信」のニューストピックワード