前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示
  • 金丸義信

    金丸義信から見たKENTA

    2005年6月5日には杉浦貴と組んでGHCジュニアヘビー級タッグ選手権に臨み、丸藤正道&KENTA組を破って第2代王者となった。この時金丸は第9代GHCジュニアヘビー級王者でありノア史上初のジュニア2冠の同時保持を成し遂げた(相方の杉浦も後に同時保持を成し遂げた)。だが同年7月18日の東京ドーム大会のジュニアヘビー級選手権試合でKENTAに破れ王座から陥落した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た獣神サンダー・ライガー

    2002年8月29日には菊地毅と組んで獣神サンダー・ライガー&田中稔組を破り、IWGPジュニアタッグ王座を獲得した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たバーニング (プロレス)

    小橋建太(当時「健太」)の最初の付き人を務め、1998年9月に小橋率いるバーニング入り。また、当時全日本マットに参戦していた邪道・外道とタッグを組み(この際、出身地にちなんだ「甲州街道」と命名されるが、実際には使用されず)、彼らの狡猾な動きを身につけることにより、空中殺法一辺倒だったファイトスタイルに変化が生じることになる。2000年5月、(第1次)バーニング解散と同時に付き人を卒業、秋山準率いる軍団に入る(後のスターネス)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た杉浦貴

    2005年6月5日には杉浦貴と組んでGHCジュニアヘビー級タッグ選手権に臨み、丸藤正道&KENTA組を破って第2代王者となった。この時金丸は第9代GHCジュニアヘビー級王者でありノア史上初のジュニア2冠の同時保持を成し遂げた(相方の杉浦も後に同時保持を成し遂げた)。だが同年7月18日の東京ドーム大会のジュニアヘビー級選手権試合でKENTAに破れ王座から陥落した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た武藤敬司武藤 敬司

    ファイトスタイルにおいては、中盤の足攻めや、ミサイルキック、ムーンサルトなど、武藤敬司を彷彿とさせる動きを見せたかと思えば、ラフファイトも交えていくというバランスの取れた選手である。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た丸藤正道

    2005年6月5日には杉浦貴と組んでGHCジュニアヘビー級タッグ選手権に臨み、丸藤正道&KENTA組を破って第2代王者となった。この時金丸は第9代GHCジュニアヘビー級王者でありノア史上初のジュニア2冠の同時保持を成し遂げた(相方の杉浦も後に同時保持を成し遂げた)。だが同年7月18日の東京ドーム大会のジュニアヘビー級選手権試合でKENTAに破れ王座から陥落した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た秋山準

    小橋建太(当時「健太」)の最初の付き人を務め、1998年9月に小橋率いるバーニング入り。また、当時全日本マットに参戦していた邪道・外道とタッグを組み(この際、出身地にちなんだ「甲州街道」と命名されるが、実際には使用されず)、彼らの狡猾な動きを身につけることにより、空中殺法一辺倒だったファイトスタイルに変化が生じることになる。2000年5月、(第1次)バーニング解散と同時に付き人を卒業、秋山準率いる軍団に入る(後のスターネス)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た金本浩二

    デビュー当初は空中殺法を中心とした軽快な動きが特徴で、1997年10月12日に行なわれた「格闘技の祭典SPECIAL」では、三沢光晴の代理として2代目タイガーマスクに扮し出場。3代目タイガーマスク(金本浩二)とタッグを組み、初代タイガーマスク(佐山聡)・4代目タイガーマスクと対戦した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た小橋建太

    小橋建太(当時「健太」)の最初の付き人を務め、1998年9月に小橋率いるバーニング入り。また、当時全日本マットに参戦していた邪道・外道とタッグを組み(この際、出身地にちなんだ「甲州街道」と命名されるが、実際には使用されず)、彼らの狡猾な動きを身につけることにより、空中殺法一辺倒だったファイトスタイルに変化が生じることになる。2000年5月、(第1次)バーニング解散と同時に付き人を卒業、秋山準率いる軍団に入る(後のスターネス)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た三沢光晴

    デビュー当初は空中殺法を中心とした軽快な動きが特徴で、1997年10月12日に行なわれた「格闘技の祭典SPECIAL」では、三沢光晴の代理として2代目タイガーマスクに扮し出場。3代目タイガーマスク(金本浩二)とタッグを組み、初代タイガーマスク(佐山聡)・4代目タイガーマスクと対戦した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示

「金丸義信」のニューストピックワード