77件中 11 - 20件表示
  • 金丸義信

    金丸義信から見た秋山準

    小橋建太(当時「健太」)の最初の付き人を務め、1998年9月に小橋が率いるバーニング入りを果たす。また、当時全日本マットに参戦していた邪道・外道とタッグを組み(この際、出身地の山梨県にちなんだ「甲州街道」と命名されるが実際には使用されず。)、彼らの狡猾な動きを身につけることにより空中殺法一辺倒だったファイトスタイルに変化が生じることになった。2000年5月、(第1次)バーニング解散と同時に付き人を卒業し、秋山準率いる軍団に入った(後のスターネス)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たウルティモ・ドラゴン

    12月22日、フリー転向後初の試合として大仁田厚の超戦闘プロレスFMWに初参戦、FMW設立27周年記念試合・原点回帰年内最終戦ウルティモ・ドラゴンをタッグパートナーとして那須晃太郎&川村亮と対戦し那須にタッチアウトを決めて勝利した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た三沢光晴

    デビュー当初は空中殺法を中心とした軽快な動きが特徴で、1997年10月12日に行なわれた「格闘技の祭典SPECIAL」では三沢光晴の代理として2代目タイガーマスクに扮し出場し、3代目タイガーマスク(金本浩二)とタッグを組み初代タイガーマスク(佐山聡)・4代目タイガーマスクと対戦した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た毎日放送

    毎日放送のアナウンサーである武川智美とは従姉弟の間柄にある。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た鈴木鼓太郎

    2010年3月と4月に防衛戦を行うが、危なげない試合内容で防衛を果たす。しかしKENTA、鈴木鼓太郎が負傷離脱中であり、丸藤もIWGP戦に集中しているためGHCジュニアヘビー戦線を盛り上げることができずにいた。KENTAに「ベルトを持っているだけのチャンピオン」と酷評されるが、9月26日にそのKENTAをタッチアウトで葬り6度目の防衛に成功する。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たムシキング・テリー

    2007年前半は年始早々からジュニアタッグ王座から陥落し、目立った活躍はなかったもののその間ジュニアのシングル挑戦に照準を絞り肉体改造を行い減量に成功する。同年10月27日の日本武道館大会で第13代王者のムシキング・テリーを破り4度目の王座を獲得し、再びジュニア戦線に躍り出た。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た藤田ミノル

    全日本時代には邪道・外道、ノアではVOODOO-MURDERSやマッスル・アウトローズと組み「外敵の内通者」的な立場となることも少なくないが、一方ではライガーからJrシングル、日高郁人&藤田ミノル組からJrタッグ王座(パートナーは杉浦)を奪還する大役も果たしており、ファンからもここ一番での切り札的な存在と見られている。また、31代王者時代は鈴木軍に加入して自ら外敵として振る舞っていた。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た志賀賢太郎

    山梨学院大学附属高校時代は野球部に所属し、1994年春の選抜高校野球に控え投手として出場経験を持つ。ジャンボ鶴田後援会関係者の口添えでジャイアント馬場と面談し、高校卒業と同時に全日本プロレスに入門する。しかしなかなか体重が増えず、一時はレフェリー転向も検討されたが、馬場の「体が小さい者にしかできない動きを研究せよ」という教えを励みに初志を貫き、1年半の練習生期間を経て1996年7月6日、浅子覚&志賀賢太郎組戦でデビューした(金丸のパートナーは同じ山梨県出身の井上雅央であった。)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た小峠篤司

    9月23日、小峠篤司に敗れて王座から陥落し、10月23日の小峠とのリターンマッチにも敗北した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た鈴木軍

    金丸 義信(かねまる よしのぶ、1976年9月23日 - )は、の日本の男性プロレスラー。山梨県甲府市出身。2017年現在フリー。愛称は「マルさん」、「のぶ」。現在は鈴木みのる率いるヒールユニット・鈴木軍の一員。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

77件中 11 - 20件表示

「金丸義信」のニューストピックワード