58件中 11 - 20件表示
  • 金丸義信

    金丸義信から見た毎日放送

    毎日放送のアナウンサー、武川智美とは従姉弟の間柄にある。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た藤田ミノル

    全日本時代には邪道・外道、ノアではVOODOO-MURDERSやマッスル・アウトローズと組み「外敵の内通者」的な立場となることも少なくないが、一方ではライガーからJrシングル、日高郁人&藤田ミノル組からJrタッグ王座(パートナーは杉浦)を奪還する大役も果たしており、ファンからもここ一番での切り札的な存在と見られている。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た井上雅央

    山梨学院大学附属高校時代は野球部に所属し、1994年春の選抜高校野球に控え投手として出場経験を持つ(元プロ野球・オリックスの五島裕二は同級生)。ジャンボ鶴田後援会関係者の口添えでジャイアント馬場と面談し、高校卒業と同時に全日本プロレスに入門。なかなか体重が増えず、一時はレフェリー転向も検討されたが、馬場の「体が小さい者にしかできない動きを研究せよ」という教えを励みに初志を貫き、1年半の練習生期間を経て1996年7月6日、浅子覚&志賀賢太郎組戦でデビュー(パートナーは井上雅央)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た日高郁人

    全日本時代には邪道・外道、ノアではVOODOO-MURDERSやマッスル・アウトローズと組み「外敵の内通者」的な立場となることも少なくないが、一方ではライガーからJrシングル、日高郁人&藤田ミノル組からJrタッグ王座(パートナーは杉浦)を奪還する大役も果たしており、ファンからもここ一番での切り札的な存在と見られている。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たムシキング・テリー

    2007年前半は年始早々からジュニアタッグ王座から陥落し、目立った活躍はなかったものの、その間ジュニアのシングル挑戦に照準を絞り肉体改造を行い減量に成功。同年10月27日の日本武道館大会で第13代王者のムシキング・テリーを破り4度目の王座を獲得。再びジュニア戦線に躍り出た。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たVOODOO-MURDERS

    全日本時代には邪道・外道、ノアではVOODOO-MURDERSやマッスル・アウトローズと組み「外敵の内通者」的な立場となることも少なくないが、一方ではライガーからJrシングル、日高郁人&藤田ミノル組からJrタッグ王座(パートナーは杉浦)を奪還する大役も果たしており、ファンからもここ一番での切り札的な存在と見られている。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た志賀賢太郎

    山梨学院大学附属高校時代は野球部に所属し、1994年春の選抜高校野球に控え投手として出場経験を持つ(元プロ野球・オリックスの五島裕二は同級生)。ジャンボ鶴田後援会関係者の口添えでジャイアント馬場と面談し、高校卒業と同時に全日本プロレスに入門。なかなか体重が増えず、一時はレフェリー転向も検討されたが、馬場の「体が小さい者にしかできない動きを研究せよ」という教えを励みに初志を貫き、1年半の練習生期間を経て1996年7月6日、浅子覚&志賀賢太郎組戦でデビュー(パートナーは井上雅央)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た五島裕二

    山梨学院大学附属高校時代は野球部に所属し、1994年春の選抜高校野球に控え投手として出場経験を持つ(元プロ野球・オリックスの五島裕二は同級生)。ジャンボ鶴田後援会関係者の口添えでジャイアント馬場と面談し、高校卒業と同時に全日本プロレスに入門。なかなか体重が増えず、一時はレフェリー転向も検討されたが、馬場の「体が小さい者にしかできない動きを研究せよ」という教えを励みに初志を貫き、1年半の練習生期間を経て1996年7月6日、浅子覚&志賀賢太郎組戦でデビュー(パートナーは井上雅央)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たジャイアント馬場

    山梨学院大学附属高校時代は野球部に所属し、1994年春の選抜高校野球に控え投手として出場経験を持つ(元プロ野球・オリックスの五島裕二は同級生)。ジャンボ鶴田後援会関係者の口添えでジャイアント馬場と面談し、高校卒業と同時に全日本プロレスに入門。なかなか体重が増えず、一時はレフェリー転向も検討されたが、馬場の「体が小さい者にしかできない動きを研究せよ」という教えを励みに初志を貫き、1年半の練習生期間を経て1996年7月6日、浅子覚&志賀賢太郎組戦でデビュー(パートナーは井上雅央)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たマッスル・アウトローズ

    全日本時代には邪道・外道、ノアではVOODOO-MURDERSやマッスル・アウトローズと組み「外敵の内通者」的な立場となることも少なくないが、一方ではライガーからJrシングル、日高郁人&藤田ミノル組からJrタッグ王座(パートナーは杉浦)を奪還する大役も果たしており、ファンからもここ一番での切り札的な存在と見られている。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

58件中 11 - 20件表示

「金丸義信」のニューストピックワード