77件中 41 - 50件表示
  • 金丸義信

    金丸義信から見た潮崎豪

    2013年1月に行われた決起集会で小橋からバーニングを託された秋山をリーダーに、潮崎豪、鼓太郎、青木篤志で再結成した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た近藤修司

    2月23日、全日本後楽園大会のメインイベントで近藤修司を破り、第35代世界ジュニアヘビー級王者となった。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た日高郁人

    全日本時代には邪道・外道、ノアではVOODOO-MURDERSやマッスル・アウトローズと組み「外敵の内通者」的な立場となることも少なくないが、一方ではライガーからJrシングル、日高郁人&藤田ミノル組からJrタッグ王座(パートナーは杉浦)を奪還する大役も果たしており、ファンからもここ一番での切り札的な存在と見られている。また、31代王者時代は鈴木軍に加入して自ら外敵として振る舞っていた。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た佐山聡

    デビュー当初は空中殺法を中心とした軽快な動きが特徴で、1997年10月12日に行なわれた「格闘技の祭典SPECIAL」では三沢光晴の代理として2代目タイガーマスクに扮し出場し、3代目タイガーマスク(金本浩二)とタッグを組み初代タイガーマスク(佐山聡)・4代目タイガーマスクと対戦した。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た浅子覚

    山梨学院大学附属高校時代は野球部に所属し、1994年春の選抜高校野球に控え投手として出場経験を持つ。ジャンボ鶴田後援会関係者の口添えでジャイアント馬場と面談し、高校卒業と同時に全日本プロレスに入門する。しかしなかなか体重が増えず、一時はレフェリー転向も検討されたが、馬場の「体が小さい者にしかできない動きを研究せよ」という教えを励みに初志を貫き、1年半の練習生期間を経て1996年7月6日、浅子覚&志賀賢太郎組戦でデビューした(金丸のパートナーは同じ山梨県出身の井上雅央であった。)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た平柳玄藩

    10月には平柳玄藩と組んで第4回日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に出場。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た武川智美

    毎日放送のアナウンサーである武川智美とは従姉弟の間柄にある。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たロブ・ヴァン・ダム

    ムーンサルトプレスほど多用されないが、「隠し武器」的な飛び技。形はムーンサルトプレスに準ずるが、コーナーから尻餅をつく要領で腰を落としながら開脚、両サイドのトップロープに自分の両腿をぶつけ、その反動を利用して高速・低空で飛ぶ。オリジナルは全日本プロレス在籍時代に常連外国人であったRVDことロブ・ヴァン・ダムで、さらにその原型となったのはRVDのパートナーであるサブゥーのアラビアンプレス(こちらはコーナーに上がらず、直接トップロープに上り両足を揃えて尻餅→回転、という流れ)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た競走馬

    コーナーからの飛びつきDDT。命名は技の開発当時に公開中だった洋画のタイトルディープ・インパクトから(競走馬ディープインパクトとは何の関係も無い)。コーナーからの飛びつき式以外に雪崩式ブレーンバスターの切り替えしとして使用することもある。本来の落とし方はDDTの形で頭をロックしてそのまま相手と一緒にコーナーから飛び相手の頭を叩きつける「道連れ式」とも言うべきもの(いわゆる「雪崩式DDT」とは自分と相手の位置が逆になる)だが、近年はリング内に立つ相手にコーナーポストから飛び付いて決めるパターンが中心となっている。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た男性

    金丸 義信(かねまる よしのぶ、1976年9月23日 - )は、の日本の男性プロレスラー。山梨県甲府市出身。2017年現在フリー。愛称は「マルさん」、「のぶ」。現在は鈴木みのる率いるヒールユニット・鈴木軍の一員。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

77件中 41 - 50件表示

「金丸義信」のニューストピックワード