77件中 61 - 70件表示
  • 金丸義信

    金丸義信から見たスーパーJカップ

    7月から8月にかけて行われた新日本プロレスのスーパーJカップに出場し、決勝戦まで勝ち進んだ。決勝で新日本プロレスのKUSHIDAに敗れはしたものの、準優勝となった。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た世界ジュニアヘビー級王座

    2月23日、全日本後楽園大会のメインイベントで近藤修司を破り、第35代世界ジュニアヘビー級王者となった。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たDDT (プロレス技)

    コーナーからの飛びつきDDT。命名は技の開発当時に公開中だった洋画のタイトルディープ・インパクトから(競走馬ディープインパクトとは何の関係も無い)。コーナーからの飛びつき式以外に雪崩式ブレーンバスターの切り替えしとして使用することもある。本来の落とし方はDDTの形で頭をロックしてそのまま相手と一緒にコーナーから飛び相手の頭を叩きつける「道連れ式」とも言うべきもの(いわゆる「雪崩式DDT」とは自分と相手の位置が逆になる)だが、近年はリング内に立つ相手にコーナーポストから飛び付いて決めるパターンが中心となっている。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た日本

    金丸 義信(かねまる よしのぶ、1976年9月23日 - )は、の日本の男性プロレスラー。山梨県甲府市出身。2017年現在フリー。愛称は「マルさん」、「のぶ」。現在は鈴木みのる率いるヒールユニット・鈴木軍の一員。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たレフェリー (プロレス)

    山梨学院大学附属高校時代は野球部に所属し、1994年春の選抜高校野球に控え投手として出場経験を持つ。ジャンボ鶴田後援会関係者の口添えでジャイアント馬場と面談し、高校卒業と同時に全日本プロレスに入門する。しかしなかなか体重が増えず、一時はレフェリー転向も検討されたが、馬場の「体が小さい者にしかできない動きを研究せよ」という教えを励みに初志を貫き、1年半の練習生期間を経て1996年7月6日、浅子覚&志賀賢太郎組戦でデビューした(金丸のパートナーは同じ山梨県出身の井上雅央であった。)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たいとこ

    毎日放送のアナウンサーである武川智美とは従姉弟の間柄にある。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見たGHCジュニアヘビー級王座

    初代・第5代・第9代・第14代・第19代・第24・31代GHCジュニアヘビー級王座金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦

    2009年日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦 優勝(パートナーは鈴木鼓太郎)金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た日本武道館

    全日本時代、日本武道館で選手のサイン入りボール投げのイベントが行われた際、金丸は野球で鍛えた肩を生かしてボールを2階席や3階席にまで投げ込み、ファンを喜ばせていた。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸義信

    金丸義信から見た甲州街道

    小橋建太(当時「健太」)の最初の付き人を務め、1998年9月に小橋が率いるバーニング入りを果たす。また、当時全日本マットに参戦していた邪道・外道とタッグを組み(この際、出身地の山梨県にちなんだ「甲州街道」と命名されるが実際には使用されず。)、彼らの狡猾な動きを身につけることにより空中殺法一辺倒だったファイトスタイルに変化が生じることになった。2000年5月、(第1次)バーニング解散と同時に付き人を卒業し、秋山準率いる軍団に入った(後のスターネス)。金丸義信 フレッシュアイペディアより)

77件中 61 - 70件表示

「金丸義信」のニューストピックワード