前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • 鍾承祐

    鍾承祐から見た金刃憲人金刃憲人

    ツボにはまった時の打撃力は秀逸で、2008年の10月に読売ジャイアンツの二軍を台湾に迎えて行った交流試合では、4試合で3本(金刃憲人、木村正太、李昱鴻から)の本塁打を放ち、チームの勝ち越しに貢献した。鍾承祐 フレッシュアイペディアより)

  • 仲澤広基

    仲澤広基から見た金刃憲人金刃憲人

    11月13日、横川史学、井野卓との交換トレードで金刃憲人と共に東北楽天ゴールデンイーグルスへの移籍。仲澤広基 フレッシュアイペディアより)

  • 吉武真太郎

    吉武真太郎から見た金刃憲人金刃憲人

    移籍1年目のは開幕第3戦の横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)で移籍後初登板するが1失点すると、これまでの活躍によって肩の勤続疲労に悩まされていたこともあり、登録を抹消された。その後は2軍で再調整を兼ねた登板を続けた。8月1日に1軍昇格。敗戦処理から徐々に信頼を上げ好投を続けた。8月25日の広島東洋カープ戦で5-4の1点ビハインドから金刃憲人をリリーフ、6回裏を3者凡退に抑えると7回表に巨人が逆転。続く7回も無失点に抑え、巨人での初勝利を挙げた。この年は防御率1.89であったが、前半戦は2軍生活だったこともあり、16試合の登板にとどまった。吉武真太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の読売ジャイアンツ

    2012年の読売ジャイアンツから見た金刃憲人金刃憲人

    11月13日 - 金刃憲人・仲澤広基と楽天の井野卓・横川史学のトレードが成立2012年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 中谷翼

    中谷翼から見た金刃憲人金刃憲人

    高校卒業後は立命館大学に進学(金刃憲人は同期)するが1年秋に中退。社会人チームの採用もなかったが、進退をかけて臨んだ四国アイランドリーグの入団テストに合格し、に、愛媛マンダリンパイレーツに入団。打率.296、本塁打5、打点38と、いずれの部門でもリーグ2位の成績を残す。盗塁はチームトップの21。二塁手としてベストナインも獲得。同年の育成選手ドラフト1巡目で広島東洋カープから指名を受けて入団。背番号128は、愛媛時代の28に100を足したものであった。中谷翼 フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ガイエル

    アーロン・ガイエルから見た金刃憲人金刃憲人

    死球を受けることが多い選手であるが、ガイエルは当てられた時に怒りを表す仕草や挑発する様子もなく、無表情で淡々と一塁に向かう。これは本人の「死球も野球の一部である」「死球の出塁もヒットと同じ」「投手は打者を抑えようとし、投げ損なって死球になるだけだから(当てられたからといって)怒ってはいけない」という野球観によるものである。。2010年3月27日、巨人戦で金刃憲人に頭部付近にボールを投げられた時は珍しく激怒し(この試合では巨人投手陣は既にヤクルトに対しガイエルへの1死球を含め3つの死球を出していた)、金刃に詰め寄ったため両軍の選手が飛び出してくる事態となったが乱闘にまでは発展しなかった。アーロン・ガイエル フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た金刃憲人金刃憲人

    8月19日 - 巨人対ヤクルト戦(東京ドーム)でヤクルトのアレックス・ラミレスが金刃憲人からNPB史上89人目の通算200本塁打.。試合は3対3で迎えた10回裏1死満塁の場面で、巨人の阿部慎之助が館山昌平からサヨナラ満塁本塁打で巨人が勝利2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た金刃憲人金刃憲人

    読売ジャイアンツの金刃憲人と仲沢広基、東北楽天ゴールデンイーグルスの横川史学と井野卓の交換トレードが両球団から発表された。2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 別府市民球場

    別府市民球場から見た金刃憲人金刃憲人

    同年4月26日、初のプロ野球の公式戦(イ・ウ交流戦)読売ジャイアンツ対福岡ソフトバンクホークス1回戦が、3,980人の観衆を集めて開催された。巨人は地元大分市出身の脇谷亮太が適時打を含む2安打を放つなど活躍。投げては先発の金刃憲人が7回1失点、3被安打9奪三振と好投し、2番手で登板した同じく地元大分市出身の川口容資は、最速147kmをマークするなどして打者2人を抑えた。巨人は2-1で迎えた8回にソフトバンクの2番手クリストファー・ニコースキーを攻め立てて一挙5点を挙げて突き放し、結局7-1で巨人が勝った。別府市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た金刃憲人金刃憲人

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示