28件中 11 - 20件表示
  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た金刃憲人金刃憲人

    投手:13高木康成、15澤村拓一、17東野峻、18杉内俊哉、20スコット・マシソン、26内海哲也、28金刃憲人、30宮國椋丞、35西村健太朗、43小野淳平、45野間口貴彦、47山口鉄也、49ディッキー・ゴンザレス、54デニス・ホールトン、57高木京介、59福田聡志、62江柄子裕樹、94小山雄輝2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 井野卓

    井野卓から見た金刃憲人金刃憲人

    2012年11月13日、金刃憲人、仲澤広基との交換トレードで横川史学とともに読売ジャイアンツへの移籍を発表。井野卓 フレッシュアイペディアより)

  • 上野貴久

    上野貴久から見た金刃憲人金刃憲人

    の春季キャンプで、希望枠の金刃憲人・大社4巡目の円谷英俊・同じく6巡目の寺内崇幸と共に、球団としては4年ぶりのキャンプでの新人一軍スタートとなった。しかし、3年間一軍登板なしに終わる。上野貴久 フレッシュアイペディアより)

  • おはようパーソナリティ道上洋三です

    おはようパーソナリティ道上洋三ですから見た金刃憲人金刃憲人

    ちなみに西村は、大阪で過ごしていた幼少期に当番組を愛聴していたことを、当番組の生放送やトークイベントで披露。近親者からのメッセージ投稿などをきっかけに、当番組へゲストで出演したり、当コーナーで注目したりするようになったスポーツ選手も少なくない(阪神関係者以外では大畑大介・金刃憲人・辻内崇伸など)。おはようパーソナリティ道上洋三です フレッシュアイペディアより)

  • 横川史学

    横川史学から見た金刃憲人金刃憲人

    はオープン戦から好調をアピールしたが、開幕直前に扁桃腺炎を患って戦線離脱。4月24日に昇格したが、短期間での登録抹消と再昇格を繰り返した。二軍では80試合に出場したものの、打率.230・6本塁打・36打点と低調だった。シーズン終了後の同年11月13日、金刃憲人・仲澤広基との交換トレードで、井野卓とともに読売ジャイアンツ(巨人)への移籍が発表された。横川史学 フレッシュアイペディアより)

  • 大隣憲司

    大隣憲司から見た金刃憲人金刃憲人

    同学年で同じ左腕である立命館大学・金刃憲人とはライバル関係にあり、何度も熱戦を演じた。金刃と投げ合った9月30日の対立命館大学戦(皇子山球場)でノーヒットノーランを達成している。関西学生リーグ通算41試合に登板し22勝11敗、防御率1.14、284奪三振。大隣憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 中東直己

    中東直己から見た金刃憲人金刃憲人

    初盗塁:2007年4月18日、対読売ジャイアンツ5回戦(京セラドーム大阪)、1回表に二盗(投手:金刃憲人、捕手:阿部慎之助)中東直己 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋尚成

    高橋尚成から見た金刃憲人金刃憲人

    には先発に復帰、4月には月間5勝を挙げ、球団の左投手としては5月の新浦壽夫以来、28年ぶりの快挙を成し遂げた。6月21日に実父が死去。葬儀に駆けつけられない中、23日の西武戦でチームでは1999年7月4日の上原浩治以来となる12球団一番乗りの10勝を達成。6月中では1990年6月22日の斎藤雅樹以来の記録になる。入団8年目にして監督推薦によりオールスターゲーム初出場を勝ち取り、フルキャストスタジアム宮城での第2戦に先発、山崎武司にホームランを打たれ2イニングで2失点を喫したものの、阿部慎之助の3ランなどのセ・リーグの打線の奮起に助けられて勝利投手となっている。シーズンでは自己最多となる14勝を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献。シーズン終盤8月2日から9月15日まで1ヶ月以上白星が無いという状況になり一時的にセス・グライシンガーに防御率を抜かれたが、最後は2連勝で初の個人タイトルとなる最優秀防御率も獲得した。2007年のベースボールTVのインタビューの中で、「目標は、いつかは完全試合を達成する事。また工藤公康、桑田真澄らベテランが去り、内海哲也、金刃憲人や復活を遂げた木佐貫洋など、若手台頭の中でジャイアンツ投手陣の(上原と共に)最年長投手となり、G投手陣のリーダーになる」という宣言をした。高橋尚成 フレッシュアイペディアより)

  • 4月10日

    4月10日から見た金刃憲人金刃憲人

    1984年 - 金刃憲人、プロ野球選手4月10日 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た金刃憲人金刃憲人

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「金刃憲人」のニューストピックワード