35件中 21 - 30件表示
  • 1984年の日本

    1984年の日本から見た金刃憲人金刃憲人

    4月10日 - 金刃憲人、元プロ野球選手1984年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 指名打者

    指名打者から見た金刃憲人金刃憲人

    2013年10月12日に行われた東北楽天ゴールデンイーグルス対オリックス・バファローズ第23回戦の7回裏の楽天の攻撃で、楽天は一塁走者の指名打者・アンドリュー・ジョーンズへの代走として投手登録の福山博之を起用した(7回表を投げ終えた楽天の投手は金刃憲人であり、福山ではない)。福山はジョーンズの代走であるためそのまま指名打者の役割を引き継ぎ、以後試合終了まで指名打者のままであり、投手として登板することはなかった。打席は回ってこなかった。指名打者 フレッシュアイペディアより)

  • 尼崎市立尼崎高等学校

    尼崎市立尼崎高等学校から見た金刃憲人金刃憲人

    金刃憲人(プロ野球選手、東北楽天ゴールデンイーグルス投手)尼崎市立尼崎高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大隣憲司

    大隣憲司から見た金刃憲人金刃憲人

    同学年で同じ左腕である立命館大学・金刃憲人とはライバル関係にあり、何度も熱戦を演じた。金刃と投げ合った4年秋の9月30日の対立命館大学戦(皇子山球場)では自身初のノーヒットノーランを達成した。関西学生リーグ通算41試合に登板し22勝11敗、防御率1.14、284奪三振。3年春、4年春にリーグMVPとベストナインを獲得した。大隣憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 横川史学

    横川史学から見た金刃憲人金刃憲人

    はオープン戦から好調をアピールしたが、開幕直前に扁桃腺炎を患って戦線離脱。4月24日に昇格したが、短期間での登録抹消と再昇格を繰り返した。二軍では80試合に出場したものの、打率.230・6本塁打・36打点と低調だった。シーズン終了後の同年11月13日、金刃憲人・仲澤広基との交換トレードで、井野卓とともに読売ジャイアンツへの移籍が発表された。横川史学 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋尚成

    高橋尚成から見た金刃憲人金刃憲人

    には先発に復帰、4月には月間5勝を挙げ、球団の左投手としては5月の新浦壽夫以来、28年ぶりの快挙を成し遂げた。6月21日に実父が死去。葬儀に駆けつけられない中、23日の西武戦でチームでは1999年7月4日に達成した上原浩治以来となる12球団一番乗りの10勝を達成。6月中では1990年6月22日の斎藤雅樹以来の記録になる。入団8年目にして監督推薦によりオールスターゲーム初出場を勝ち取り、フルキャストスタジアム宮城での第2戦に先発、山崎武司にホームランを打たれ2イニングで2失点を喫したものの、阿部慎之助の3ランなどのセ・リーグの打線の奮起に助けられて勝利投手となっている。シーズンでは自己最多となる14勝を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献。シーズン終盤8月2日から9月15日まで1ヶ月以上白星が無いという状況になり一時的にセス・グライシンガーに防御率を抜かれたが、最後は2連勝で初の個人タイトルとなる最優秀防御率も獲得し、チーム5年ぶりのリーグ優勝に貢献した。しかし、この年より導入されたCSではファイナルステージで2位の中日と対戦しで第3戦に先発し、3回まで無失点に抑えるも1点リードの4回にタイロン・ウッズに逆転3ラン本塁打を浴び、7回には谷繁元信にソロ本塁打を浴びるなど7回4失点で敗戦投手となり日本シリーズ進出を逃した。同年のベースボールTVのインタビューの中で、「目標は、いつかは完全試合を達成する事。また工藤公康、桑田真澄らベテランが去り、内海哲也、金刃憲人や復活を遂げた木佐貫洋など、若手台頭の中で(上原と共に)ジャイアンツ投手陣の最年長投手となり、G投手陣のリーダーになる」という宣言をした。高橋尚成 フレッシュアイペディアより)

  • 雅原慶

    雅原慶から見た金刃憲人金刃憲人

    尼崎朝鮮初中級学校卒業後は神戸朝鮮高級学校に進学する。同級生に金永基がいる。その後2003年4月に立命館大学法学部に入学する。大学の同級生に金刃憲人がいる。大学では国際法を専攻し商社を目指していたが、小さい頃から人前で歌ったり踊ったりすること好きだったのを思い出し就活を辞め俳優を目指し始める。大学卒業後はダンスオブハーツに通い、クラシックバレエやジャズダンス、タップダンス、声楽などのレッスンを重ね、2007年に劇団四季研究生オーディションに合格した。2008年4月に研究所へ入所する。48期生の同期には新庄真一などがいる。当初は本名で活動し、同年『マンマ・ミーア』で初舞台を踏む。雅原慶 フレッシュアイペディアより)

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

    東北楽天ゴールデンイーグルスから見た金刃憲人金刃憲人

    日本シリーズの終了後には、チーム最年長の現役選手だった松井稼頭央が、コーチ就任の打診を固辞したうえでテクニカルコーチ兼任の外野手として15年振りに西武へ復帰。巨人から移籍した2013年以降サイドスローの左腕投手として中継ぎで活躍した金刃憲人などが、現役を引退した。また、2009年以降もコーチとして楽天への在籍を続けてきた礒部が退団。ドラフト会議での1巡目指名を経て在籍していた片山博視(2006年入団)・武藤好貴(2012年入団)両投手や、一軍のクリーンアップを一時担っていた内野手の中川大志は、球団からの戦力外通告を機に他のチームで現役生活を続けることになった。その一方で、ドラフト会議では、東京六大学野球のリーグ戦で歴代3位の通算21本塁打を記録した岩見雅紀(慶応大学外野手)を2巡目で指名。5巡目では、NPBの球団では初めて、BASEBALL FIRST LEAGUEに加盟する球団の選手(兵庫ブルーサンダーズ所属の田中耀飛外野手)を支配下登録選手として指名した(いずれも指名後に入団、田中の登録名は「耀飛」)。東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ラミレス

    アレックス・ラミレスから見た金刃憲人金刃憲人

    200本塁打:2007年8月19日、対読売ジャイアンツ8回戦(東京ドーム)、4回表に金刃憲人から中越ソロ ※史上89人目アレックス・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • 江川智晃

    江川智晃から見た金刃憲人金刃憲人

    ''、キャンプは主力のA組でスタートしたが、序盤にインフルエンザで離脱したことでB組へ変更され、開幕は一軍で迎えたものの控えとなった。4月6日の対楽天戦で8回に代打で出場し、金刃憲人から同点ソロ本塁打を放ち、これが代打起用でのプロ初初本塁打となった。主力の内川聖一、松田宣浩の負傷離脱によりチャンスを得たが、吉村裕基との競争に敗れたため、7月27日に二軍降格となった。右の代打として33試合に起用され28打数6安打、打率.214、1本塁打3打点、出塁率.333の成績だった。先発出場は1試合に終わった。江川智晃 フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示