前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示
  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た星野仙一

    には、4月に移籍後初の一軍昇格を果たすと、一軍監督の星野仙一から投球フォームの改造を勧められた。これを機に従来のオーバースローからサイドスローへ転向すると、チームのリードを背負っての救援を中心に、一軍公式戦で39試合に登板。防御率も自己最高の1.85に達するなど、チームのパシフィック・リーグおよび日本シリーズ初優勝に貢献した。9月3日の対埼玉西武ライオンズ戦(クリネックススタジアム宮城)では、移籍後初勝利も記録。一軍公式戦では、前述した2011年の先発勝利以来、788日振りの白星であった。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た小窪哲也

    2016年6月11日、対広島東洋カープ2回戦(楽天Koboスタジアム宮城)、8回表に小窪哲也を中飛 ※史上39人目金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た高梨雄平

    には、春季キャンプ中に左脇腹を痛めた影響で、調整のペースが例年より遅れた。さらに、自身と同じサイドスロー左腕の高梨雄平が新人ながら開幕から一軍で台頭したこともあって、金刃の一軍合流はレギュラーシーズン中盤の7月8日にまでずれ込んだ。結局、一軍公式戦への登板は6試合で、防御率は16.20にまで悪化。10月28日に球団から戦力外通告を受けたことを機に、現役を引退した。12月2日付でNPBから自由契約選手として公示されたことを受けて、同年6日に現役引退を発表。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た黒田博樹

    巨人から楽天へ移籍したことを機に、中日ドラゴンズで右腕投手として活躍した星野の勧めでサイドスローへ転向。試合前練習の2時間前から室内練習場でネットピッチングに勤むなどの工夫を続けた結果、移籍1年目に中継ぎ投手として復活を果たした。ただし、フォーム改造の代償も大きく、移籍5年目に現役引退を決意するまで左脇腹や背中の痛みに悩まされた。金刃自身は、引退に際して、「巨人1年目(2007年)の対広島戦で(翌2008年にロサンゼルス・ドジャースへ移籍した)黒田博樹と投げ合った末にプロ初勝利を挙げたことは自信になった。その巨人から楽天へ移籍したことは、自分にとって『(野球選手として)一度死んだ』ようなものだったので、『楽天から戦力外通告を受けたら現役を退こう』と決めていた。星野からサイドスローの転向を勧められた当初は『冗談』かと思ったが、あの勧めがあったおかげで、『一度死んだ身』でも(楽天で)5年(にわたって投げることが)できた」というコメントを残している。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たジェレミー・パウエル

    に、紅白戦・オープン戦で結果を残したことや、上原浩治・ジェレミー・パウエルが不調で出遅れたことで開幕から先発ローテーションに入った。前半戦は落ちついた投球で、4月11日の対広島東洋カープ戦でプロ初勝利を挙げると、5月16日の対横浜ベイスターズ戦まで4連勝を飾るなど、前半戦で7勝を挙げる活躍を見せた。これによって、高橋尚成・内海哲也と共に「先発左腕投手三本柱」と呼ばれるなど、新人王の有力候補と言われたが、7月中旬以降から疲労が原因の故障も重なって未勝利に終わり、20被本塁打(リーグ4位)、6暴投(同8位)を記録して、新人王獲得はならなかった。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た山口鉄也

    山口鉄也の先発転向を受けて左の中継ぎとして期待されたが、投球フォームの変更が裏目に出て、防御率5.03と精彩を欠いた。に3年ぶりに先発復帰すると、5月12日の対横浜ベイスターズ戦で、シーズン初勝利を2007年以来4年ぶりとなる先発勝利で挙げた。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た内海哲也

    に、紅白戦・オープン戦で結果を残したことや、上原浩治・ジェレミー・パウエルが不調で出遅れたことで開幕から先発ローテーションに入った。前半戦は落ちついた投球で、4月11日の対広島東洋カープ戦でプロ初勝利を挙げると、5月16日の対横浜ベイスターズ戦まで4連勝を飾るなど、前半戦で7勝を挙げる活躍を見せた。これによって、高橋尚成・内海哲也と共に「先発左腕投手三本柱」と呼ばれるなど、新人王の有力候補と言われたが、7月中旬以降から疲労が原因の故障も重なって未勝利に終わり、20被本塁打(リーグ4位)、6暴投(同8位)を記録して、新人王獲得はならなかった。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た上原浩治

    に、紅白戦・オープン戦で結果を残したことや、上原浩治・ジェレミー・パウエルが不調で出遅れたことで開幕から先発ローテーションに入った。前半戦は落ちついた投球で、4月11日の対広島東洋カープ戦でプロ初勝利を挙げると、5月16日の対横浜ベイスターズ戦まで4連勝を飾るなど、前半戦で7勝を挙げる活躍を見せた。これによって、高橋尚成・内海哲也と共に「先発左腕投手三本柱」と呼ばれるなど、新人王の有力候補と言われたが、7月中旬以降から疲労が原因の故障も重なって未勝利に終わり、20被本塁打(リーグ4位)、6暴投(同8位)を記録して、新人王獲得はならなかった。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た仲澤広基

    2012年11月13日に、仲澤広基とともに東北楽天ゴールデンイーグルスへの移籍が発表された。横川史学・井野卓との交換トレードによる移籍で、背番号は26。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た森野将彦

    初奪三振:同上、2回表に森野将彦から見逃し三振金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
83件中 1 - 10件表示