83件中 21 - 30件表示
  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た井野卓

    2012年11月13日に、仲澤広基とともに東北楽天ゴールデンイーグルスへの移籍が発表された。横川史学・井野卓との交換トレードによる移籍で、背番号は26。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た由規

    は8試合に登板したが、制球難から自滅する試合が目立ち、防御率も8点近くまで悪化、多くの四球を与えるなど精彩を欠いた。イースタン・リーグでは13試合に登板して8勝(2敗)・防御率1.66を記録し、最多勝(木谷寿巳・由規と同数)、最優秀防御率、最高勝率を獲得した。もイースタン・リーグで19試合に登板、5勝4敗、防御率1.80の成績を挙げた。同年シーズン終盤に昇格すると、中継ぎで5試合を無失点と結果を出し、クライマックスシリーズや日本シリーズでも中継ぎで登板した。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た城所龍磨

    2016年6月25日、対福岡ソフトバンクホークス10回戦(楽天Koboスタジアム宮城)、7回表に城所龍磨を二直 ※通算2度目、シーズン2度目は日本プロ野球初金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た横川史学

    2012年11月13日に、仲澤広基とともに東北楽天ゴールデンイーグルスへの移籍が発表された。横川史学・井野卓との交換トレードによる移籍で、背番号は26。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た宮西尚生

    市立尼崎高校進学後は2年冬に甲子園未出場ながら高校全日本台湾遠征メンバーに選出され、MVPを受賞。3年夏の兵庫大会では準々決勝でグエン・トラン・フォク・アンを擁する東洋大姫路高校を完封するまで全て2失点以内に抑えたが、準決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に9回裏2死から5点差を逆転されてのサヨナラ負けを喫してベスト4。1学年後輩には宮西尚生がいる。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た田中総司 (野球)

    高校卒業後は関西学生野球連盟所属の立命館大学へ進学し、1年秋の京都大学戦でリリーフとして秋の田中総司以来となる1年生でのリーグ戦初登板。その後、関西大学戦で初先発し、最終節の同志社大学戦で1失点完投勝利を挙げた。2年時には春季リーグ戦で優勝して第53回全日本大学野球選手権大会に出場し、初戦で徳山大学に敗れたものの最速144km/hを記録。3年の秋季リーグ・京都大学戦でノーヒットノーランを達成した。4年時には春秋連続でリーグ最多奪三振を記録し、秋は最優秀投手とベストナインにも選ばれた。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たグエン・トラン・フォク・アン

    市立尼崎高校進学後は2年冬に甲子園未出場ながら高校全日本台湾遠征メンバーに選出され、MVPを受賞。3年夏の兵庫大会では準々決勝でグエン・トラン・フォク・アンを擁する東洋大姫路高校を完封するまで全て2失点以内に抑えたが、準決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に9回裏2死から5点差を逆転されてのサヨナラ負けを喫してベスト4。1学年後輩には宮西尚生がいる。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    2012年11月13日に、仲澤広基とともに東北楽天ゴールデンイーグルスへの移籍が発表された。横川史学・井野卓との交換トレードによる移籍で、背番号は26。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たロサンゼルス・ドジャース

    巨人から楽天へ移籍したことを機に、中日ドラゴンズで右腕投手として活躍した星野の勧めでサイドスローへ転向。試合前練習の2時間前から室内練習場でネットピッチングに勤むなどの工夫を続けた結果、移籍1年目に中継ぎ投手として復活を果たした。ただし、フォーム改造の代償も大きく、移籍5年目に現役引退を決意するまで左脇腹や背中の痛みに悩まされた。金刃自身は、引退に際して、「巨人1年目(2007年)の対広島戦で(翌2008年にロサンゼルス・ドジャースへ移籍した)黒田博樹と投げ合った末にプロ初勝利を挙げたことは自信になった。その巨人から楽天へ移籍したことは、自分にとって『(野球選手として)一度死んだ』ようなものだったので、『楽天から戦力外通告を受けたら現役を退こう』と決めていた。星野からサイドスローの転向を勧められた当初は『冗談』かと思ったが、あの勧めがあったおかげで、『一度死んだ身』でも(楽天で)5年(にわたって投げることが)できた」というコメントを残している。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た関西大学

    高校卒業後は関西学生野球連盟所属の立命館大学へ進学し、1年秋の京都大学戦でリリーフとして秋の田中総司以来となる1年生でのリーグ戦初登板。その後、関西大学戦で初先発し、最終節の同志社大学戦で1失点完投勝利を挙げた。2年時には春季リーグ戦で優勝して第53回全日本大学野球選手権大会に出場し、初戦で徳山大学に敗れたものの最速144km/hを記録。3年の秋季リーグ・京都大学戦でノーヒットノーランを達成した。4年時には春秋連続でリーグ最多奪三振を記録し、秋は最優秀投手とベストナインにも選ばれた。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

83件中 21 - 30件表示