83件中 31 - 40件表示
  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たNPB

    には、公式戦開幕直後の4月1日に一軍へ昇格すると、一軍公式戦で自己最多の54試合に登板。防御率2.38を記録するなど、投球内容が安定していた。6月には、11日の対広島戦と25日の福岡ソフトバンクホークス戦(いずれもKoboスタジアム宮城)に救援で登板すると、いずれも1球投げただけで勝利投手になった。NPBの一軍公式戦で、同じシーズンに同じ投手が2度にわたって1球勝利を達成した事例は、この月の金刃が初めてである。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た東洋大学附属姫路中学校・高等学校

    市立尼崎高校進学後は2年冬に甲子園未出場ながら高校全日本台湾遠征メンバーに選出され、MVPを受賞。3年夏の兵庫大会では準々決勝でグエン・トラン・フォク・アンを擁する東洋大姫路高校を完封するまで全て2失点以内に抑えたが、準決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に9回裏2死から5点差を逆転されてのサヨナラ負けを喫してベスト4。1学年後輩には宮西尚生がいる。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た読売ジャイアンツ

    2016年のNPB大学・社会人ドラフト会議で、読売ジャイアンツ(巨人)から希望入団枠で指名。1億円に出来高分の5,000万円を加えた契約金と、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は28。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た立命館大学

    高校卒業後は関西学生野球連盟所属の立命館大学へ進学し、1年秋の京都大学戦でリリーフとして秋の田中総司以来となる1年生でのリーグ戦初登板。その後、関西大学戦で初先発し、最終節の同志社大学戦で1失点完投勝利を挙げた。2年時には春季リーグ戦で優勝して第53回全日本大学野球選手権大会に出場し、初戦で徳山大学に敗れたものの最速144km/hを記録。3年の秋季リーグ・京都大学戦でノーヒットノーランを達成した。4年時には春秋連続でリーグ最多奪三振を記録し、秋は最優秀投手とベストナインにも選ばれた。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た全国高等学校野球選手権兵庫大会

    市立尼崎高校進学後は2年冬に甲子園未出場ながら高校全日本台湾遠征メンバーに選出され、MVPを受賞。3年夏の兵庫大会では準々決勝でグエン・トラン・フォク・アンを擁する東洋大姫路高校を完封するまで全て2失点以内に抑えたが、準決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に9回裏2死から5点差を逆転されてのサヨナラ負けを喫してベスト4。1学年後輩には宮西尚生がいる。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た尼崎市立尼崎高等学校

    市立尼崎高校進学後は2年冬に甲子園未出場ながら高校全日本台湾遠征メンバーに選出され、MVPを受賞。3年夏の兵庫大会では準々決勝でグエン・トラン・フォク・アンを擁する東洋大姫路高校を完封するまで全て2失点以内に抑えたが、準決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に9回裏2死から5点差を逆転されてのサヨナラ負けを喫してベスト4。1学年後輩には宮西尚生がいる。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た軟式野球

    兵庫県尼崎市の出身。在日韓国人三世で、大学3年のときに日本へ帰化した。尼崎市立園和北小学校1年時に軟式野球の「園和北フレンズ」に入団し4年生でボーイズリーグ「兵庫尼崎」に移籍、6年時に全国優勝。尼崎市立園田中学校時代はボーイズリーグ「兵庫尼崎」に在籍。中学の1年先輩には後にプロでチームメイトとなる野間口貴彦がいた。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た神戸国際大学附属高等学校

    市立尼崎高校進学後は2年冬に甲子園未出場ながら高校全日本台湾遠征メンバーに選出され、MVPを受賞。3年夏の兵庫大会では準々決勝でグエン・トラン・フォク・アンを擁する東洋大姫路高校を完封するまで全て2失点以内に抑えたが、準決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に9回裏2死から5点差を逆転されてのサヨナラ負けを喫してベスト4。1学年後輩には宮西尚生がいる。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た埼玉西武ライオンズ

    には、4月に移籍後初の一軍昇格を果たすと、一軍監督の星野仙一から投球フォームの改造を勧められた。これを機に従来のオーバースローからサイドスローへ転向すると、チームのリードを背負っての救援を中心に、一軍公式戦で39試合に登板。防御率も自己最高の1.85に達するなど、チームのパシフィック・リーグおよび日本シリーズ初優勝に貢献した。9月3日の対埼玉西武ライオンズ戦(クリネックススタジアム宮城)では、移籍後初勝利も記録。一軍公式戦では、前述した2011年の先発勝利以来、788日振りの白星であった。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た戦力外通告

    には、春季キャンプ中に左脇腹を痛めた影響で、調整のペースが例年より遅れた。さらに、自身と同じサイドスロー左腕の高梨雄平が新人ながら開幕から一軍で台頭したこともあって、金刃の一軍合流はレギュラーシーズン中盤の7月8日にまでずれ込んだ。結局、一軍公式戦への登板は6試合で、防御率は16.20にまで悪化。10月28日に球団から戦力外通告を受けたことを機に、現役を引退した。12月2日付でNPBから自由契約選手として公示されたことを受けて、同年6日に現役引退を発表。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

83件中 31 - 40件表示