83件中 51 - 60件表示
  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た横浜DeNAベイスターズ

    に、紅白戦・オープン戦で結果を残したことや、上原浩治・ジェレミー・パウエルが不調で出遅れたことで開幕から先発ローテーションに入った。前半戦は落ちついた投球で、4月11日の対広島東洋カープ戦でプロ初勝利を挙げると、5月16日の対横浜ベイスターズ戦まで4連勝を飾るなど、前半戦で7勝を挙げる活躍を見せた。これによって、高橋尚成・内海哲也と共に「先発左腕投手三本柱」と呼ばれるなど、新人王の有力候補と言われたが、7月中旬以降から疲労が原因の故障も重なって未勝利に終わり、20被本塁打(リーグ4位)、6暴投(同8位)を記録して、新人王獲得はならなかった。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た兵庫県

    金刃 憲人(かねと のりひと、1984年4月10日 - )は、兵庫県尼崎市出身の元プロ野球選手(投手)。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たフォークボール

    先発を務めていた大学時代からプロ入り当初は、最速151km/hの速球(プロ入り後の最速は148km/h)、2種類(縦・横)のスライダーとカット・ファスト・ボール、緩急を付けるためのパームボールを軸に、小さく落ちるフォークボール、シュートを投げる。中継ぎ起用が中心となってからは、投球フォームをトルネード投法に改造したことで、スライダーの変化量と切れが向上した。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た希望入団枠制度

    2016年のNPB大学・社会人ドラフト会議で、読売ジャイアンツ(巨人)から希望入団枠で指名。1億円に出来高分の5,000万円を加えた契約金と、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は28。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た完投

    高校卒業後は関西学生野球連盟所属の立命館大学へ進学し、1年秋の京都大学戦でリリーフとして秋の田中総司以来となる1年生でのリーグ戦初登板。その後、関西大学戦で初先発し、最終節の同志社大学戦で1失点完投勝利を挙げた。2年時には春季リーグ戦で優勝して第53回全日本大学野球選手権大会に出場し、初戦で徳山大学に敗れたものの最速144km/hを記録。3年の秋季リーグ・京都大学戦でノーヒットノーランを達成した。4年時には春秋連続でリーグ最多奪三振を記録し、秋は最優秀投手とベストナインにも選ばれた。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たトルネード投法

    先発を務めていた大学時代からプロ入り当初は、最速151km/hの速球(プロ入り後の最速は148km/h)、2種類(縦・横)のスライダーとカット・ファスト・ボール、緩急を付けるためのパームボールを軸に、小さく落ちるフォークボール、シュートを投げる。中継ぎ起用が中心となってからは、投球フォームをトルネード投法に改造したことで、スライダーの変化量と切れが向上した。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た尼崎市立園田中学校

    兵庫県尼崎市の出身。在日韓国人三世で、大学3年のときに日本へ帰化した。尼崎市立園和北小学校1年時に軟式野球の「園和北フレンズ」に入団し4年生でボーイズリーグ「兵庫尼崎」に移籍、6年時に全国優勝。尼崎市立園田中学校時代はボーイズリーグ「兵庫尼崎」に在籍。中学の1年先輩には後にプロでチームメイトとなる野間口貴彦がいた。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た2006年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    2016年のNPB大学・社会人ドラフト会議で、読売ジャイアンツ(巨人)から希望入団枠で指名。1億円に出来高分の5,000万円を加えた契約金と、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は28。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たカット・ファスト・ボール

    先発を務めていた大学時代からプロ入り当初は、最速151km/hの速球(プロ入り後の最速は148km/h)、2種類(縦・横)のスライダーとカット・ファスト・ボール、緩急を付けるためのパームボールを軸に、小さく落ちるフォークボール、シュートを投げる。中継ぎ起用が中心となってからは、投球フォームをトルネード投法に改造したことで、スライダーの変化量と切れが向上した。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たサヨナラゲーム

    市立尼崎高校進学後は2年冬に甲子園未出場ながら高校全日本台湾遠征メンバーに選出され、MVPを受賞。3年夏の兵庫大会では準々決勝でグエン・トラン・フォク・アンを擁する東洋大姫路高校を完封するまで全て2失点以内に抑えたが、準決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に9回裏2死から5点差を逆転されてのサヨナラ負けを喫してベスト4。1学年後輩には宮西尚生がいる。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

83件中 51 - 60件表示