83件中 71 - 80件表示
  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た打撃投手

    楽天球団にチームスタッフとして残留。2018年から打撃投手を務める。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たリリーフ

    高校卒業後は関西学生野球連盟所属の立命館大学へ進学し、1年秋の京都大学戦でリリーフとして秋の田中総司以来となる1年生でのリーグ戦初登板。その後、関西大学戦で初先発し、最終節の同志社大学戦で1失点完投勝利を挙げた。2年時には春季リーグ戦で優勝して第53回全日本大学野球選手権大会に出場し、初戦で徳山大学に敗れたものの最速144km/hを記録。3年の秋季リーグ・京都大学戦でノーヒットノーランを達成した。4年時には春秋連続でリーグ最多奪三振を記録し、秋は最優秀投手とベストナインにも選ばれた。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たサイドスロー

    には、4月に移籍後初の一軍昇格を果たすと、一軍監督の星野仙一から投球フォームの改造を勧められた。これを機に従来のオーバースローからサイドスローへ転向すると、チームのリードを背負っての救援を中心に、一軍公式戦で39試合に登板。防御率も自己最高の1.85に達するなど、チームのパシフィック・リーグおよび日本シリーズ初優勝に貢献した。9月3日の対埼玉西武ライオンズ戦(クリネックススタジアム宮城)では、移籍後初勝利も記録。一軍公式戦では、前述した2011年の先発勝利以来、788日振りの白星であった。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たスライダー (球種)

    先発を務めていた大学時代からプロ入り当初は、最速151km/hの速球(プロ入り後の最速は148km/h)、2種類(縦・横)のスライダーとカット・ファスト・ボール、緩急を付けるためのパームボールを軸に、小さく落ちるフォークボール、シュートを投げる。中継ぎ起用が中心となってからは、投球フォームをトルネード投法に改造したことで、スライダーの変化量と切れが向上した。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た最優秀防御率

    は8試合に登板したが、制球難から自滅する試合が目立ち、防御率も8点近くまで悪化、多くの四球を与えるなど精彩を欠いた。イースタン・リーグでは13試合に登板して8勝(2敗)・防御率1.66を記録し、最多勝(木谷寿巳・由規と同数)、最優秀防御率、最高勝率を獲得した。もイースタン・リーグで19試合に登板、5勝4敗、防御率1.80の成績を挙げた。同年シーズン終盤に昇格すると、中継ぎで5試合を無失点と結果を出し、クライマックスシリーズや日本シリーズでも中継ぎで登板した。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見たシュート (球種)

    先発を務めていた大学時代からプロ入り当初は、最速151km/hの速球(プロ入り後の最速は148km/h)、2種類(縦・横)のスライダーとカット・ファスト・ボール、緩急を付けるためのパームボールを軸に、小さく落ちるフォークボール、シュートを投げる。中継ぎ起用が中心となってからは、投球フォームをトルネード投法に改造したことで、スライダーの変化量と切れが向上した。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た東京ドーム

    初登板・初先発:2007年4月4日、対中日ドラゴンズ2回戦(東京ドーム)、5回1/3を2失点金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た完封

    市立尼崎高校進学後は2年冬に甲子園未出場ながら高校全日本台湾遠征メンバーに選出され、MVPを受賞。3年夏の兵庫大会では準々決勝でグエン・トラン・フォク・アンを擁する東洋大姫路高校を完封するまで全て2失点以内に抑えたが、準決勝で坂口智隆を擁する神戸国際大附高校に9回裏2死から5点差を逆転されてのサヨナラ負けを喫してベスト4。1学年後輩には宮西尚生がいる。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た徳山大学

    高校卒業後は関西学生野球連盟所属の立命館大学へ進学し、1年秋の京都大学戦でリリーフとして秋の田中総司以来となる1年生でのリーグ戦初登板。その後、関西大学戦で初先発し、最終節の同志社大学戦で1失点完投勝利を挙げた。2年時には春季リーグ戦で優勝して第53回全日本大学野球選手権大会に出場し、初戦で徳山大学に敗れたものの最速144km/hを記録。3年の秋季リーグ・京都大学戦でノーヒットノーランを達成した。4年時には春秋連続でリーグ最多奪三振を記録し、秋は最優秀投手とベストナインにも選ばれた。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

  • 金刃憲人

    金刃憲人から見た京都大学硬式野球部

    高校卒業後は関西学生野球連盟所属の立命館大学へ進学し、1年秋の京都大学戦でリリーフとして秋の田中総司以来となる1年生でのリーグ戦初登板。その後、関西大学戦で初先発し、最終節の同志社大学戦で1失点完投勝利を挙げた。2年時には春季リーグ戦で優勝して第53回全日本大学野球選手権大会に出場し、初戦で徳山大学に敗れたものの最速144km/hを記録。3年の秋季リーグ・京都大学戦でノーヒットノーランを達成した。4年時には春秋連続でリーグ最多奪三振を記録し、秋は最優秀投手とベストナインにも選ばれた。金刃憲人 フレッシュアイペディアより)

83件中 71 - 80件表示