前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
519件中 1 - 10件表示
  • 2007年の日本

    2007年の日本から見た金利利子

    大阪府、総額6850万円にのぼる裏金問題で、3月末までに、金利5%を上乗せした総額約9600万円を、当該部署に返還させる方針を発表。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 複利

    複利から見た単利利子

    これに対して単利法では、3か月後の利子は3,000円であるから、複利法での利子は単利より310円だけ多い。複利 フレッシュアイペディアより)

  • 青の時代 (小説)

    青の時代 (小説)から見た金利利子

    『青の時代』(あおのじだい)は、三島由紀夫の5作目の長編小説。光クラブ事件を題材とした作品である。地方の名家に生れ厳格な父親に反感を抱きながら、合理主義に偏執して成長した秀才青年が、大金詐欺被害に遭ったことをきっかけに、自ら高金利の闇金融会社を設立する物語。順調に行くかと見えたカラクリが崩壊し、挫折していく孤独な青春の虚無の破滅譚が、シニカルかつレトリカルで切れ味のいいアフォリズムに溢れた文体で描かれている。青の時代 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 金利先物取引

    金利先物取引から見た金利利子

    金利先物取引(きんりさきものとりひき)はいわゆるデリバティブ(金融派生商品)の一つで、金利を指数として使用する金融先物取引の一種である。国内では、東京金融取引所に上場されている。金利先物取引 フレッシュアイペディアより)

  • 過少資本税制

    過少資本税制から見た利子利子

    過少資本税制(かしょうしほんぜいせい)とは、資本に係る配当と負債に係る利子との課税上の相違点を利用した租税回避を規制するための税制の一つ。まれに、過大負債税制とも呼ぶ。過少資本税制 フレッシュアイペディアより)

  • クラウディングアウト

    クラウディングアウトから見た金利利子

    通貨の変動相場制を前提とした経済においては、財政政策によって、金利上昇に伴う消費や投資の落ち込みではなく、通貨高による純輸出の減少という形でのクラウディングアウトが発生する。公共投資を行う場合、上述のように金利を上昇させる圧力が発生するが、これは開放経済においては他国からの資金の流入を呼ぶことになる。この資金流入によって金利は一定に保たれる一方で、変動相場制では自国通貨が増価することになる(日本でいえば円高になる)。自国通貨高は輸出減と輸入増をもたらすため総需要が減少し、公共投資によって増えた内需を相殺することになる。このような変動相場制の下では、財政政策が一時的なショックを除き無効になる一方で金融政策の効果は高まる(→マンデルフレミングモデル参照)。なお、変動相場制の下でのクラウディングアウトにおいては、金利を一定に保つよう海外からの資金流入が起きるので、に注意が必要である。すなわち、金利上昇が見られないことを以てして、財政政策の効果は大きいと言うことは出来ない。クラウディングアウト フレッシュアイペディアより)

  • 上げ潮派

    上げ潮派から見た金利利子

    その他、外国為替資金特別会計と財政投融資特別会計に20兆円ずつの積立金が存在する。外国為替資金特別会計の積立金は、日米の金利差と為替レートの変動などのリスク回避のために積み立てられた財源である。また、財政投融資特別会計の積立金は、長期金利や短期金利の変動などのリスク回避のために積み立てられた財源である。そのため、仮にこれらをゼロにするのなら金融機関の引当金をゼロにするのと同様であると指摘されており、これらの取り崩しを主張する上げ潮派に対し「市場の怖さを知らない財務官僚の暴論」との指摘がなされている。上げ潮派 フレッシュアイペディアより)

  • 割引現在価値

    割引現在価値から見た金利利子

    従って、将来のキャッシュ・フローを今受け取るとすれば、各期のそれを単純に加算するのではなく、それの割引現在価値を加算する必要がある。例えば、金利が1 %の債券に、今年10,000円投資した場合、来年は価値が10,100円に増える。一方で、1年後に10,000円が支払われる約束がしてある債券の今時点における受取額は、割引現在価値の約9,901円になる。また、金利1 %が10年続くとすれば、10年後の10,000円の割引現在価値は、1.01を10乗した1.1046で10,000円を除した9,053円となる。即ち、以下の式により割引現在価値が計算できる。割引現在価値 フレッシュアイペディアより)

  • エマニュエル・ダーマン

    エマニュエル・ダーマンから見た利率利子

    エマニュエル・ダーマン(Emanuel Derman)は、南アフリカ共和国出身の経済学者・実業家である。主に代表的クオンツとして、またMy Life as a Quant: Reflections on Physics and Finance(邦訳:『物理学者、ウォール街を往く。』)の著者として知られている。利率に関する最初期のモデルBlack-Derman-Toy modelの提唱者の一人であり、他にlocal volatilityに関するダーマン=カニ(Derman-Kani)モデルの提唱者の一人でもある。このモデルはvolatility smileと矛盾しない最初のモデルである。エマニュエル・ダーマン フレッシュアイペディアより)

  • カーリース

    カーリースから見た利息利子

    一例として、リース期間は3年間とし、自動車(新車)購入費と3年間の整備点検費用、税金、自賠責保険等諸経費にリース手数料(利息相当)を加えた金額から3年後の残価(下取り)予定額を差し引いた金額を分割して毎月支払うものである。あらかじめ3年後の残価予定額を差し引いているので、車両価格全体を均等に割賦返済する通常のオートローンを組むよりも毎月の支払いは少なくなる。ただし、ローンは完済すれば自分の所有物・財産となるが、リースの契約期間終了後はリース会社へ返却しなければならず、契約者の財産にはならない。なお、契約期間終了時にたいてい次のオプションが選択できる。カーリース フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
519件中 1 - 10件表示

「金利指標」のニューストピックワード