396件中 11 - 20件表示
  • 日本学生支援機構

    日本学生支援機構から見た利息利子

    専修学校(専門課程)、高等専門学校、短期大学、大学、大学院に在学する学生を対象とし、無利息で一定額を貸し付ける。本人の成績及び経済状況により選考される。また学種により、学年や通学形態等で貸与金額が異なる。日本学生支援機構 フレッシュアイペディアより)

  • グラミン銀行

    グラミン銀行から見た金利利子

    グラミン銀行(ベンガル語:、英語:)はバングラデシュにある銀行でマイクロファイナンス機関。「グラミン」という言葉は「村(gram)」という単語に由来する。本部はバングラデシュの首都ダッカ。ムハマド・ユヌスが1983年に創設した。マイクロクレジットと呼ばれる貧困層を対象にした比較的低金利の無担保融資を主に農村部で行っている。銀行を主体として、インフラ・通信・エネルギーなど、多分野で「グラミン・ファミリー」と呼ばれる事業を展開している。2006年ムハマド・ユヌスと共にノーベル平和賞を受賞した。グラミン銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 東亜日報

    東亜日報から見た金利利子

    2012年8月25日、「ノルウェー今年2兆買い取りなど欧州系資金 "仕手"浮かんで」というタイトルの記事において、「韓国国債が国際金融市場では安全資産として注目されて先進国の債券の代替投資先として浮上」と主張し、「韓国国債は収益性の面でも高い評価を受けている。財政部によると、韓国の10年債の金利は24日現在、3.08%で、1%前後に過ぎないアメリカ、ヨーロッパ、日本などの国債よりも金利がはるかに高い」と掲載。しかし、東亜日報記者によるこのような記事は、経済学部出身者はもちろんのこと、一般的な社会人レベルにおいてさえ常識である債券・金利・信用の関係を無視した経済学の通説とは逆の主張であり、2ちゃんねる上で話題になった。東亜日報 フレッシュアイペディアより)

  • 実質金利

    実質金利から見た金利利子

    実質金利(じっしつきんり)とは、インフレ率、デフレ率、諸経費を考慮した上で実際にかかる金利のことである。実質金利 フレッシュアイペディアより)

  • ヒヤル

    ヒヤルから見た利子利子

    金融におけるヒヤルは、シャリーアによって利子を取ることを禁じられたイスラーム圏において、シャリーアを回避しつつ実質的に利子を取ることを目的とした金融技術の一種ということができる。ヒヤル フレッシュアイペディアより)

  • 上げ潮派

    上げ潮派から見た金利利子

    その他、外国為替資金特別会計と財政投融資特別会計に20兆円ずつの積立金が存在する。外国為替資金特別会計の積立金は、日米の金利差と為替レートの変動などのリスク回避のために積み立てられた財源である。また、財政投融資特別会計の積立金は、長期金利や短期金利の変動などのリスク回避のために積み立てられた財源である。そのため、仮にこれらをゼロにするのなら金融機関の引当金をゼロにするのと同様であると指摘されており、これらの取り崩しを主張する上げ潮派に対し「市場の怖さを知らない財務官僚の暴論」との指摘がなされている。上げ潮派 フレッシュアイペディアより)

  • クラウディングアウト

    クラウディングアウトから見た金利利子

    通貨の変動相場制を前提とした経済においては、財政政策によって、金利上昇に伴う消費や投資の落ち込みではなく、通貨高による純輸出の減少という形でのクラウディングアウトが発生する。公共投資を行う場合、上述のように金利を上昇させる圧力が発生するが、これは開放経済においては他国からの資金の流入を呼ぶことになる。この資金流入によって金利は一定に保たれる一方で、変動相場制では自国通貨が増価することになる(日本でいえば円高になる)。自国通貨高は輸出減と輸入増をもたらすため総需要が減少し、公共投資によって増えた内需を相殺することになる。このような変動相場制の下では、財政政策が一時的なショックを除き無効になる一方で金融政策の効果は高まる(→マンデルフレミングモデル参照)。なお、変動相場制の下でのクラウディングアウトにおいては、金利を一定に保つよう海外からの資金流入が起きるので、金利上昇自体は観察されないことに注意が必要である。すなわち、金利上昇が見られないことを以てして、財政政策は無効でなかったと言うことは出来ない。クラウディングアウト フレッシュアイペディアより)

  • 金貸し

    金貸しから見た利息利子

    金貸し(、または)とは、通貨(流通貨幣)を必要としている個人または事業者へ、その返済において貸付金以上(利息や手数料など)の返済を約束させ、通貨を貸す行為、およびその行為をする個人または事業者の事である。金貸し フレッシュアイペディアより)

  • 信用収縮

    信用収縮から見た金利利子

    信用収縮(しんようしゅうしゅく、credit crunch、別名:信用危機、信用逼迫、クレジット・クランチ、credit squeeze, credit crisis)とは、融資枠(または信用枠、availability of loans (or credit))の縮小、あるいは銀行の融資条件の急激な厳格化、という現象である。一般的に、信用収縮は公的金利の上昇と無関係な信用枠の縮小を含む。このような状況下では、融資枠と金利の関係は暗黙のうちに変化する。つまり、公的金利と無関係に融資枠が縮小したり、金利と融資枠との間の明瞭な関係が失われる(すなわち信用割当(credit rationing)が発生する)。信用収縮は、貸し手や投資家がよりリスクの低い国債などの投資先を(しばしば中小企業を犠牲にして)探す質への逃避(flight to quality)をもたらす。信用収縮 フレッシュアイペディアより)

  • グレーゾーン金利

    グレーゾーン金利から見た金利利子

    グレーゾーン金利(グレーゾーンきんり)とは、2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前に存在した利息制限法に定める上限金利は超えるものの出資法に定める上限金利には満たない金利のこと。利息制限法によると、利息の契約は、同法で定められた利率を超える超過部分は無効とされている。貸金業者、特に消費者金融(サラ金・高利貸し)業者の多くは、この金利帯で金銭を貸し出していた。しかし、質屋はこの金利帯で金銭を貸し出しをしているのが一般的である。グレーゾーン金利 フレッシュアイペディアより)

396件中 11 - 20件表示

「金利指標」のニューストピックワード