396件中 21 - 30件表示
  • 流動性選好説

    流動性選好説から見た利子率利子

    ケインズ経済学では、貨幣需要として、取引需要 (kPY=マーシャルのkX名目GDP)に加えて投機的需要 (または資産需要)を考える。このうち取引需要は国民所得の増加関数である。すなわち国民所得が増加すると貨幣需要も増大する。これに対して投機的需要は、利子率の減少関数である。これは利子率が下落(債券価格が上昇)するほど投機的需要が増大することを意味している。流動性選好説 フレッシュアイペディアより)

  • 預金

    預金から見た利子利子

    日本では預金の金利には、(所得水準によらず)一律20%の税(所得税15%および地方税5%)が源泉徴収されている(源泉分離課税)。ただし、預金者が身体障害者など一部の条件を満たす個人の場合、少額貯蓄非課税制度(マル優)を利用することによって、元本350万円までの金利にかかる税(所得税・地方税)を、非課税にすることができる。預金 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜銀行

    横浜銀行から見た利息利子

    普通預金、貯蓄預金、当座勘定(当座勘定預金は一枚毎の明細票方式)の通帳ページに記載されている摘要欄の表記は給料、年金(国民厚生年金と支払金額欄に記入される)、口座振替、クレジット、自動機、振込機、手数料、(預金利息)お利息、融資利息(定期預金を担保とした借入利息)、ご返済(カードローンや住宅ローンなどの各種ローン)、JCB(JCBの場合、(カ)ジエーシービとカナ文字で入金金額欄に表記)、債券(国債・地方債の)利金や償還金、積定作成(積立定期預金へのキャッシュサービスカードでの自動機扱による振替入金の場合)、インターネットバンキング→インターネット、モバイルバンキング→モバイル、テレホンバンキング→電話取引等、キャッシュサービスカードを使用した取引で他の金融機関の現金自動支払機で出金した場合、利用した金融機関に加盟しているネットワークにより、摘要欄には自動機と入出金した金額欄には<ACS>、<MICS>と記入される為、どの金融機関で入出金したのかは通帳上では全く分からない。また振込入金(給料)は振込元のカナ文字(最高12文字)が表示されるが、口座振替扱で出金した場合、収納元名を銀行側でマスター登録している為、漢字で表示される。※一部例外取引有。(デパート:マルイ、口座振替:東急カード、日本興亜損保、クレジット:UCカード、生命:県民共済、授業料:厚木高校、公金:ヨコハマシケンコウホケン(公金と摘要欄に記載が有る物は、公金扱で振込した意味)、自動振替での表示例:自動振替された日時とNが入る→摘要欄には横浜市→支払金額欄に振替された金額→入金金額欄には税金の場合、固定資産税や国民健康保険等と記入される。(N)は通帳未提出の場合で未記入の意味。2010年(平成22年)1月4日から発行開始した新通帳(新規・繰越共に)には(N)の文字は入らず、日付の最後に*が入るだけになり、意味合いが通帳提出時の取引になった。注意したいのが、メジャーシステム稼動開始前の銀行営業日である2009年(平成21年)12月30日までに発行された総合口座通帳、普通預金通帳、貯蓄預金通帳、定期預金通帳等の通帳を窓口で使用する事が出来なくなっている為、強制繰越される事となる。ただしATM(現金自動入出金機)での利用は通常通り可能。横浜銀行 フレッシュアイペディアより)

  • シルビオ・ゲゼル

    シルビオ・ゲゼルから見た金利利子

    彼の主著『自然的経済秩序』では、あらゆるものが減価するのに通貨だけが減価しないために金利が正当化され、ある程度以上の資産家が金利生活者としてのらりくらり生きている現状を問題視し、これを解決するために自由貨幣、具体的には「スタンプ貨幣」という仕組みを提案した。これは一定の期間ごと(1週間あるいは1月)に紙幣に一定額のスタンプを貼ることを使用の条件とすることで通貨の退蔵を防ぎ、流通を促進させ貸出金利を下げるのが目的である。他に、男性に経済的に依存することなく女性が子育てに専念できるようにするための、自由土地の思想に基づいた母親年金も提唱している。シルビオ・ゲゼル フレッシュアイペディアより)

  • 貸金業

    貸金業から見た金利利子

    事業者金融は、商工ローンとも呼ばれ、企業の経営者を対象に高い金利(最高年利29.2%)で事業用資金を貸し付ける業態を指す。元は、手形割引を行っていた業者が転換したケースが多い。貸金業 フレッシュアイペディアより)

  • 融資

    融資から見た利息利子

    銀行などの金融機関は、法人や個人などを相手に、利息(金利)を得る目的で行っている。多くは金銭消費貸借契約を結ぶという形で行っている。ただし、そうではない目的・形態で融資を行っている組織・機関・団体もある。融資 フレッシュアイペディアより)

  • 収入

    収入から見た利子利子

    資産・権利から利子、配当、賃貸料、権利に基づく対価などの運用益がこれにあたる。収入 フレッシュアイペディアより)

  • 資本論

    資本論から見た利子利子

    第1部では、剰余価値が生産過程において賃金労働者からの搾取によって生み出されていることを示した。剰余価値は利潤、利子、地代の本質、実体であり、利潤、利子、地代は剰余価値の現象形態である。これらについては、第3部で分析される。資本論 フレッシュアイペディアより)

  • 金利先物取引

    金利先物取引から見た金利利子

    金利先物取引(きんりさきものとりひき)はいわゆるデリバティブ(金融派生商品)の一つで、金利を指数として使用する金融先物取引の一種である。国内では、東京金融取引所に上場されている。金利先物取引 フレッシュアイペディアより)

  • 政策金利

    政策金利から見た金利利子

    政策金利(せいさくきんり、bank rate)は、中央銀行が、一般の銀行(市中銀行)に融資する際の金利政策金利 フレッシュアイペディアより)

396件中 21 - 30件表示

「金利指標」のニューストピックワード