396件中 41 - 50件表示
  • 三位一体的定式

    三位一体的定式から見た利子利子

    資本主義における三大階級は資本家、地主、労働者であるが、古典派経済学では階級ごとの所得の源泉を資本─利子、土地─地代、労働─賃金、という3つの定式に分解し、資本家は資本を提供し、地主は土地を提供し、労働者は労働を提供し、それぞれ別々に対価を得ているとした。このことは古典派経済学では理論化されているが、マルクスは、資本家や地主の所得の源泉は剰余価値であり、三位一体的定式は資本家や地主の搾取を隠蔽するものであるとして非難した。マルクスによると、この誤解の原因は、商品経済における物神崇拝であるという。三位一体的定式 フレッシュアイペディアより)

  • アクチュアリー記法

    アクチュアリー記法から見た利率利子

    アクチュアリー記法はアクチュアリーが、利率や生命表などを扱う数式のための記法。アクチュアリー記法 フレッシュアイペディアより)

  • 現代用語

    現代用語から見た金利利子

    利息制限法と出資法の間の金利。消費者金融が法の不備を突いた方法ではないかと社会問題となった。現代用語 フレッシュアイペディアより)

  • ホワイト・フライト

    ホワイト・フライトから見た金利利子

    ホワイト・フライトが起こる主要な要因として、低治安、人種差別、特定警戒地区指定、ブロック破壊商法(blockbusting)、制限契約(Real Covenant)などが挙げられる。このような要因により、人種的/経済的に形成されるインナーシティ地区の居住者たちは、銀行業や保険業のようなサービスを拒否される、またその費用が上昇することになる。また同時に、黒人たちは、低金利の住宅ローンを利用できずに、郊外地区に発展してきている新たな住宅地から締め出されることになる。アメリカの大都心の中には、1990年代頃から、ホワイト・フライトと逆の潮流(「(都市の)高級住宅地化(gentrification)と呼ばれる現象」が見られるようになってきている。ホワイト・フライトは、人種差別、経済的偏見、住宅ローンの拒否、都心部の高家賃、人種的な多様な地域の犯罪率の上昇と関連する現象である。ホワイト・フライト フレッシュアイペディアより)

  • Target Redemption債

    Target Redemption債から見た利率利子

    当初は米国で開発され、固定利率-6ヶ月USD Libor×2 という数式で利率が決まるリバースフローター債が主流であった。一般的なリバースフローター債と異なるのは、Target Redemption条項が付いているほか、Liborにレバレッジがついている点と、利率が後決めである点である。Target Redemption債 フレッシュアイペディアより)

  • Target Redemption債

    Target Redemption債から見た利息利子

    Target Redemption債とは、利息の支払額が一定額に達したら自動的に早期償還が決定される仕組債の総称である。略してTarn、Tarnsとも呼ばれる。Target Redemption債 フレッシュアイペディアより)

  • 中期国債ファンド

    中期国債ファンドから見た利子利子

    債券で運用しているため、一般の銀行の定期預金の金利より高い(かつては預金金利と連動していた)。中期国債ファンド フレッシュアイペディアより)

  • 月借銭

    月借銭から見た利息利子

    月借銭(げっしゃくせん)とは、古代日本における銭貨の利息付消費貸借のこと。月借銭 フレッシュアイペディアより)

  • 小額政府紙幣

    小額政府紙幣から見た金利利子

    いずれも不換紙幣であり法的拘束力を以って通用させられていた。また政府紙幣は償還不要かつ金利不要で債務にならないことから無制限に発行すれば猛烈なインフレーションを発生させる危険性があるため、硬貨と同様に国庫の預金を引当て準備金として発行していた。小額政府紙幣 フレッシュアイペディアより)

  • コンソル公債

    コンソル公債から見た利子率利子

    コンソル公債(consols)とは、イギリスで発行されている永久に一定額の利子(クーポン)が支払われる債券公債のことである。償還しない代わりに、永久に利子が払われる契約に基づく永久債の代表的な例の一つで、しばしば、経済学で利子率と債券や流動性選好説、流動性の罠を説明する際に用いられる。コンソル公債 フレッシュアイペディアより)

396件中 41 - 50件表示

「金利指標」のニューストピックワード