519件中 51 - 60件表示
  • ホー・リー・モデル

    ホー・リー・モデルから見た利子率利子

    ホー・リー・モデル(英:Ho-Lee model)とは、数理ファイナンスにおいて短期利子率の時間的変動を記述する無裁定期間構造モデルの一つである。ホー・リー・モデル フレッシュアイペディアより)

  • オルンシュタイン=ウーレンベック過程

    オルンシュタイン=ウーレンベック過程から見た利子利子

    利子率に関するバシチェック・モデルは、オルンシュタイン=ウーレンベック過程の例である。オルンシュタイン=ウーレンベック過程 フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・モデル

    ブラック・モデルから見た金利利子

    同モデルは、主として債券オプション、金利キャップ、金利フロア、スワップションの価格評価に応用される。同モデルは、フィッシャー・ブラックの 1976 年の論文で最初に提示された。ブラック・モデル フレッシュアイペディアより)

  • ペイデイローン

    ペイデイローンから見た利息利子

    ペイデイローン()とは、アメリカの消費者金融が給料を担保に提供する、短期の小口ローンサービス。数百%の非常に高い利息(年利換算)での貸し付けとなる。ペイデーローンとも。ペイデイローン フレッシュアイペディアより)

  • ホワイト・フライト

    ホワイト・フライトから見た金利利子

    ホワイト・フライトが起こる主要な要因として、低治安、人種差別、特定警戒地区指定、ブロック破壊商法(blockbusting)、制限契約(Real Covenant)などが挙げられる。このような要因により、人種的/経済的に形成されるインナーシティ地区の居住者たちは、銀行業や保険業のようなサービスを拒否される、またその費用が上昇することになる。また同時に、黒人たちは、低金利の住宅ローンを利用できずに、郊外地区に発展してきている新たな住宅地から締め出されることになる。アメリカの大都心の中には、1990年代頃から、ホワイト・フライトと逆の潮流(「(都市の)高級住宅地化(gentrification)と呼ばれる現象」が見られるようになってきている。ホワイト・フライトは、人種差別、経済的偏見、住宅ローンの拒否、都心部の高家賃、人種的な多様な地域の犯罪率の上昇と関連する現象である。ホワイト・フライト フレッシュアイペディアより)

  • コックス・インガーソル・ロス・モデル

    コックス・インガーソル・ロス・モデルから見た利子率利子

    コックス・インガーソル・ロス・モデル()あるいは CIR モデルは、数理ファイナンスにおいて利子率の時間的変動を記述する数理モデルの一つである。コックス・インガーソル・ロス・モデル フレッシュアイペディアより)

  • ファンダメンタル分析

    ファンダメンタル分析から見た金利利子

    企業のファンダメンタル分析とは、財務諸表、健全性、経営、競争優位性、競合相手、市場などを分析することである。先物や為替に適用する場合は、経済、金利、製品、賃金、企業経営の全般的な状況に着目する。ファンダメンタル分析 フレッシュアイペディアより)

  • 祠堂銭

    祠堂銭から見た利息利子

    祠堂銭は古代より存在しており、祠堂銭として集められた金銭を資金として寺院の内外に貸付を行い、その利息により寺院の管理・運営の維持を図ったり、社会事業の財源などとした。特に中世に入り新興宗派である禅宗が広まると、伝統宗派の荘園に代わる財源を祠堂銭の利息に求めた。当初、朝廷や幕府は祠堂銭を禁止する姿勢を取ったが、後には仏教保護の一環として反対に祠堂銭を徳政令の対象外とするなど、容認・保護の姿勢に転じた。このため、禅宗以外の寺院を含めて本来の祠堂銭だけではなく、余剰資金の運営手段として貸付を行うようになり、室町時代に入る頃には寺院は営利目的の金融業と同じようになっていった。祠堂銭 フレッシュアイペディアより)

  • 三位一体的定式

    三位一体的定式から見た利子利子

    資本主義における三大階級は資本家、地主、労働者であるが、古典派経済学では階級ごとの所得の源泉を資本─利子、土地─地代、労働─賃金、という3つの定式に分解し、資本家は資本を提供し、地主は土地を提供し、労働者は労働を提供し、それぞれ別々に対価を得ているとした。このことは古典派経済学では理論化されているが、マルクスは、資本家や地主の所得の源泉は剰余価値であり、三位一体的定式は資本家や地主の搾取を隠蔽するものであるとして非難した。マルクスによると、この誤解の原因は、商品経済における物神崇拝であるという。三位一体的定式 フレッシュアイペディアより)

  • スクーク

    スクークから見た利子利子

    シャリーアにおいては利子を取ることが禁止されているため、投資家が発行体に金銭を貸し付けるという一般の債券はシャリーア適格でないと考えられる。そのため、利子以外の形で収益を投資家に配分するためのスキームとしてイジャーラ(物の賃貸借)契約を裏づけとするもののほか、ムシャーラカ(共同経営)スキームを用いるものなど、各種のスクークが発行されている。スクーク フレッシュアイペディアより)

519件中 51 - 60件表示

「金利指標」のニューストピックワード