396件中 51 - 60件表示
  • コンソル公債

    コンソル公債から見た利子利子

    コンソル公債(consols)とは、イギリスで発行されている永久に一定額の利子(クーポン)が支払われる債券公債のことである。償還しない代わりに、永久に利子が払われる契約に基づく永久債の代表的な例の一つで、しばしば、経済学で利子率と債券や流動性選好説、流動性の罠を説明する際に用いられる。コンソル公債 フレッシュアイペディアより)

  • 特定都市鉄道整備促進特別措置法

    特定都市鉄道整備促進特別措置法から見た金利利子

    実際には上記の手段は併用されるが、その重み付けが問題であった。例えば、1については、民鉄に対しては現在線の連続立体交差化を都市計画と看做し、大半を税で賄う方策が採られたが、複々線化など、設備増強分については本法制定から20年以上経過しても、制度的な用意は為されずに至った。2については、金利負担が問題であり、本法制定当時は高度成長期ほどの高金利ではなかったものの、1990年代以降の超低金利など無縁の状況であった。また、金利の推移は流動的であり、当然のことながら正しい未来を知ることは不可能である。特定都市鉄道整備促進特別措置法 フレッシュアイペディアより)

  • 農業近代化資金融通法

    農業近代化資金融通法から見た利子利子

    農業近代化資金融通法(のうぎょうきんだいかしきんゆうずうほう)は、農業者等に対し農業協同組合その他の機関で農業関係の融資をその業務とするものが行う長期かつ低利の施設資金等の融通を円滑にするため、国が利子補給を行う措置等を講ずることとし、もつて農業経営の近代化に資することを目的として制定された法律である。農業近代化資金融通法 フレッシュアイペディアより)

  • 72の法則

    72の法則から見た金利利子

    72の法則( -ほうそく)とは、資産運用において元本を2倍にするときのおおよその年数、金利が簡易に求められると言われる法則である。式は以下の通り。72の法則 フレッシュアイペディアより)

  • ローンカード

    ローンカードから見た利息利子

    利息(実質年利率)は借入残高に対して日割計算で毎日発生するものが多く、借入額が高額で返済が長期に亙る場合は利息の影響で元金(借入残高)が減り難い。ATMや振込によって都度返済する事も出来る。ローンカード フレッシュアイペディアより)

  • 造船疑獄

    造船疑獄から見た利子利子

    造船疑獄(ぞうせんぎごく)とは、第二次世界大戦後の日本における計画造船における利子軽減のための「外航船建造利子補給法」制定請願をめぐる贈収賄事件。1954年1月に強制捜査が開始された。政界・財界・官僚の被疑者多数が逮捕され、当時の吉田茂内閣が倒れる発端となった事件の一つ。造船疑獄 フレッシュアイペディアより)

  • ユニマットレディス

    ユニマットレディスから見た利息利子

    30フリー- 初めてCFJ各ブランドを利用する顧客への、初回契約日の翌日から30日間の無利息サービス。ユニマットレディス フレッシュアイペディアより)

  • 武田真元

    武田真元から見た金利利子

    幼少時代、大坂のとある畳屋の丁稚であったが、算盤をやらせると天才的な速さで計算を終え、金利計算も正確であった。そこで畳屋の主人の紹介で坂正永、続いてその高弟の村井宗矩(規正・大坂の昆布問屋、文化14年(1817年)3月17日に63歳で死去)に学ぶ。後に村井と親しかった間重富より天文学を学んだという。後に間重富の推挙を受けて陰陽頭を代々務める土御門家に出仕して上役であった和田寧より円理学(円の面積や球体の体積、曲線などについて学ぶ学問)の奥義を受けた。以後、大坂をはじめ全国各地から門人が集まり、一時は弟子の総数が1,000人に及び、彼の流派を「武田流」あるいは「真元流」と称した。その弟子達に対して彼は日頃より「数の他に理なく、理の他に数なし」と主張していたという。武田真元 フレッシュアイペディアより)

  • 利子所得

    利子所得から見た利子利子

    利子所得(りししょとく)とは、所得税における課税所得の区分の一つであって、公社債及び預貯金の利子並びに合同運用信託、公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託の収益の分配に係る所得をいう(所得税法23条より抜粋)。利子所得 フレッシュアイペディアより)

  • 商社金融

    商社金融から見た金利利子

    日本的な商慣習では、業界によっては手形による支払が一般的であるために、支払サイトが非常に長期になる場合がある。そのため、商社がメーカーと客先の間に入り、メーカーに対しては早期に代金を支払って資金繰りを助け、客先に対しては希望通り長期の(手形を含む)支払サイトを受け入れることによって、その期間の差のリスクと金利を負担し、その代償としてマージンを得ることが一般的に行われる。この時、支払サイトの期間中、客先に対して実質的に商品代金分の金額を貸し付けている状態となるため、「商社金融」と呼ばれる。商社金融 フレッシュアイペディアより)

396件中 51 - 60件表示

「金利指標」のニューストピックワード