519件中 61 - 70件表示
  • 貯蓄・投資の所得決定理論

    貯蓄・投資の所得決定理論から見た利子率利子

    古典派の貯蓄・投資の利子率決定理論では、貯蓄(供給)と投資(需要)とが一致しない場合、利子率(価格)の変動によってこれが調整されると考えられた。すなわち貯蓄が投資を上回っていれば利子率が下落し、反対に投資が貯蓄を上回っていれば利子率が上昇することによって、貯蓄と投資との一致が導かれる。貯蓄・投資の所得決定理論 フレッシュアイペディアより)

  • 耐久財のディレンマ

    耐久財のディレンマから見た利子率利子

    耐久財のレンタル業者は、利子率 iと純収入率が等しくなるように価格設定する。すると、耐久財売買価格Pとレンタル価格 pは利子率 iと消耗率の和を係数とした比例関係でなければならない[p=(i+消耗率)×P]ため、仮にレンタル市場での価格が市場での需給関係によって決まったとすると、売買価格のほうは市場での需給と無関係に決まってしまう。逆に、売買価格が需給によって決まった場合、レンタル価格のほうが需給と無関係に決まってしまう。ゆえに、耐久財の多い現代経済ではセイの法則が成立しにくくなり、総需要不足・失業が発生しやすくなる。耐久財のディレンマ フレッシュアイペディアより)

  • 国際汽船

    国際汽船から見た金利利子

    大正9年、初代社長の川崎芳太郎は病気のため引退し、松方が川崎造船所社長のまま国際汽船と川崎汽船の社長も兼任することとなった。松方は3社合計で103隻・79万総トンの巨大船腹の生かし方について思うところがあった。このころ、ヨーロッパ方面での船腹需要が急増し、この様子を見た松方は手中にあった大船腹をヨーロッパに回すことを決断する。1921年(大正10年)5月、松方は鈴木商店を総代理店とする「Kライン」をロンドンにおいて発足させる。「Kライン」は大西洋を舞台にヨーロッパ、南北アメリカ、オーストラリアおよび極東の間に、日本を介さないいわゆる「三国間航路」を開設し、定期航路と不定期航路双方のメリットを生かす臨機応変な配船を行った。後年には日本への航路も開設したが、これは所属船の修理回航を兼ねてのものだった。しかし、「Kライン」がいくら欧米で実績をあげても国際汽船の経営そのものにはあまり反映されず、事態は苦しくなるばかりであった。1923年(大正12年)に資本金を1億円から8千万円に減資し、1925年(大正14年)には金利も軽減されて経営改善の兆しが見えるようになったが、その間に勢力を伸ばしてきた債権団の指導によって、国際汽船の国策会社としての一面は大幅に後退した。国際汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 信用緩和

    信用緩和から見た金利利子

    信用緩和(しんようかんわ)とは経済学用語の一つ。中央銀行が民間に対して従来ならば買い入れないようなリスク資産を購入したり、企業に対して直接に融資するという政策。これは信用が無くなった市場に対して信用を与えるということを目的として実施されており、このことから取引が円滑に行われるようになったり金利の低下や資産価格の上昇が期待できる。連邦準備制度はリーマン・ショック後に証券化商品を大量に買い取るという信用緩和を実施した。信用緩和 フレッシュアイペディアより)

  • 金融調節

    金融調節から見た金利利子

    金融調節(きんゆうちょうせつ)とは経済学用語の一つ。中央銀行が金融市場全体の資金の過不足を調節することを金融調節と言う。中央銀行が資金の供給、吸収を行うという形で実施されており、このことが金利水準やマネーサプライに影響を及ぼす。金融機関への貸し出しと、市場での売買取引を行うということが金融調節を行う手段である。日本では日本銀行が実施している金融政策決定会合でこれの方針が決められており、これの実現のために金融市場で民間金融機関を相手に債券や手形の売買が実施されている。金融調節 フレッシュアイペディアより)

  • 3/10

    3/10から見た金利利子

    出資法の上限金利は 29.2%。3/10 フレッシュアイペディアより)

  • インフレリスク

    インフレリスクから見た金利利子

    インフレリスクが最も大きいのは当然ながら現金である。物価が上昇するということは、お金の価値が下がっていることと等しい。預貯金の場合、物価上昇に見合うだけの金利が得られないと、やはり損をしたことになる。そのため、長期間の定期預金も比較的リスクを伴う。それと比較して株式や貴金属への投資はインフレリスクが小さいと言われている。株式は物価上昇に伴い上がる事が多いと言われており、貴金属に関しては物価の指標のひとつである。インフレリスク フレッシュアイペディアより)

  • 商社金融

    商社金融から見た金利利子

    日本的な商慣習では、業界によっては手形による支払が一般的であるために、支払サイトが非常に長期になる場合がある。そのため、商社がメーカーと客先の間に入り、メーカーに対しては早期に代金を支払って資金繰りを助け、客先に対しては希望通り長期の(手形を含む)支払サイトを受け入れることによって、その期間の差のリスクと金利を負担し、その代償としてマージンを得ることが一般的に行われる。この時、支払サイトの期間中、客先に対して実質的に商品代金分の金額を貸し付けている状態となるため、「商社金融」と呼ばれる。商社金融 フレッシュアイペディアより)

  • プライムレート

    プライムレートから見た金利利子

    プライムレート()とは経済学用語の一つ。銀行が企業に対して融資をする際に最も優遇された金利のことを言う。銀行がプライムレートで貸し出す先となる企業は、銀行がそれを最も信用できる優良企業であると判断したがゆえである。ゆえに銀行から融資を受ける際の金利は、信用の度合いに応じて低くなるということである。このプライムレートというのは短期プライムレートと長期プライムレートというものに分類され、前者が概ね1年未満の貸し出し期間であり後者は1年以上の貸し出し期間である。プライムレート フレッシュアイペディアより)

  • 日歩

    日歩から見た利子利子

    日歩 フレッシュアイペディアより)

519件中 61 - 70件表示

「金利指標」のニューストピックワード