396件中 81 - 90件表示
  • 東京マリン

    東京マリンから見た金利利子

    また、このような設備投資のために川名はメインバンクの日本債券信用銀行(現・あおぞら銀行)から土地を担保に借金を重ねた。その金利負担は重く、入場者増により売上高が10億円を突破した1991年1月期の決算でも経常利益は1,000万円にとどまっている。その一方で1989年からは経営多角化のためにフィットネスクラブを首都圏3か所に開いたが、赤字のため1996年に撤退した、敷地内のローラースケート場は1990年代にはゲームセンターになっている。東京マリン フレッシュアイペディアより)

  • 布施屋

    布施屋から見た利子利子

    運営費や食料・物資の調達法は、自ら墾田を持つもの、官吏の扶持を割くもの、出挙として稲を貸し付け利子で運営するものなどさまざまであった。また敷地内にナツメや梨、栗などの木を植え、補助的に食料にあてることもあった。布施屋 フレッシュアイペディアより)

  • 端田泰三

    端田泰三から見た金利利子

    当時は金融環境の変革期であり、金利の自由化や金融市場の国際化が進み、銀行間の競争もより一層激化していた厳しい状況にあった。それに加えて日本が、プラザ合意後の円高による景気悪化を避ける為の金融緩和や、アメリカなどとの貿易摩擦回避の為に内需喚起を図るべく財政拡大を図った事で、資金の流動性が過剰に膨らみ、株や土地に投機熱が向かうバブル景気が醸成されていった時期でもあった。それは銀行をまさに、「バスに乗り遅れるな」という錯覚に陥らせ、過熱した融資競争に走らせるに足る充分な環境であった。富士銀行も例外ではなく、そのような状況下でトップに立った者としては、競争に取り残される訳にはいかなかった。端田自身は常に顧客第一主義を掲げ、儲けに見合ったあるいはそれ以上のサービスを提供する事を心掛けて、顧客に対する過度な儲けを戒めていた。また、自由闊達でコミュニケーションが常に取れた行風を望んでいたが、そのような理想とは裏腹に、銀行間の融資競争や世間の狂騒的な勢いに巻き込まれ、結果的に他行との過度な競争を行員に強いる事となってしまった。端田泰三 フレッシュアイペディアより)

  • 高利貸し

    高利貸しから見た利息利子

    高利貸し(こうりがし)とは、個人や企業などを対象として高い利息を設定することを条件として金を貸す業者。多くの高利貸しには比較的小口の客が多く、甘い審査で借りることが可能であるという事が特徴。高利貸し フレッシュアイペディアより)

  • ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜

    ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜から見た利息利子

    しかし、バブル崩壊とともに「株式の運用」が行き詰まり、期待を下回る解約返戻金で、相続税には足りないという結果になった。さらに、銀行からの融資への利息も払えず、土地を売るか、早いうちに死んで被害を軽くするしかないという、悲惨な二者択一を迫られる高齢者が続出した。ビッグマネー!〜浮世の沙汰は株しだい〜 フレッシュアイペディアより)

  • 永久債

    永久債から見た利子利子

    永久債(えいきゅうさい)とは、満期を持たない債券である。永久債は発行体が存続する限り永久に利子を支払うかわりに、買い戻す必要は無い。そのため株主資本と類似するが、あくまで債券であるので負債として扱われる。キャッシュ・フローは一種の永代所有権のようになる。永久債 フレッシュアイペディアより)

  • ノンリコースローン

    ノンリコースローンから見た金利利子

    しかし、この原則の下では、企業が新規事業や新工場の立ち上げなど多額の投資を行うことで、仮に当該投資が失敗に終わった場合、投資とは関係のない従来の本業まで影響を受け、最悪の場合、倒産という事態を招来する可能性すらある。このように、新規投資が企業の命運すら左右するほどのリスクがあるのでは、企業は新規投資を躊躇せざるを得ない。かかる状態は国民経済上も不利益であり、投資リスクを限定するためのスキームが必要となる。そこで新規投資を行う企業は、100%子会社として新規投資のみを行うための特別目的会社(SPC)を作り、銀行は当該SPCに融資をするという形を採る。そして当該SPCが投資の法的な主体となって新規投資を行ない、所有権等も当該SPCの名義とする。但し、実際の意思決定は親会社が行う形をとる。この形を採ることによって、当該投資が失敗に終わったとしてもSPCの親会社は株主でしかないので株式の出資分以外に責任を負わないこととなる。(間接有限責任)そして融資をした銀行はSPCが融資によって投下した資金で取得した資本財のみが引き当て可能額となるのである。これにより、例えば建設予定のビルとそこからの収益を責任財産とした上でノンリコースで融資を受けて、ビルを建設したがテナントが入らず返済不能に陥った場合であっても、当該のビルからの収益とビルの売却代金以外に関しては差押等の対象とはならない。主に不動産分野で用いられ、米国では普及している。借主にとっては万が一返済不能になった場合、強制執行により事業基盤や生活基盤まで失うリスクを著しく低減できる反面、貸主は追加のリスクを負う事になるため、そのプレミアム分の金利が上乗せとなる。ノンリコースローン フレッシュアイペディアより)

  • バーナード・L・マドフ

    バーナード・L・マドフから見た利回り利子

    証券取引委員会による調査の結果、マドフが自ら運営する投資ファンドについて、「(運用によって)10%を上回る高利回り」などと虚偽の内容をうたい、投資家たちから多額の資金を集めたという事実が明らかになった。また、マドフは集めた資金を金融市場などで運用することをせず、既存の顧客たちへ支払わなければならない配当に自転車操業的に回し、それによって巨額の損失を隠していた。つまり、マドフはポンジ・スキーム(:en:Ponzi scheme)と呼ばれる古典的な金融犯罪を行っていたのである。欧米のメディアや書籍ではマドフの犯罪は一般的にポンジ・スキームと表現されている。(日本のメディアではポンジ・スキームという用語・概念が日本人に十分に知られていないことに配慮してか、英語の報道原文で「ポンジ・スキーム」とはっきり言っている場合でも日本語にそれを翻訳する過程で「"ネズミ講のようなこと"を行っていた」や「"ネズミ講"を行っていた」などと訳されてしまっていることも多い。)バーナード・L・マドフ フレッシュアイペディアより)

  • 資本コスト

    資本コストから見た利息利子

    資本コスト(しほんコスト)とは、企業が資本を調達・維持するために必要なコスト(費用)のこと。通常はパーセンテージ(%)で表される。自己資本に関しては株式に対する配当金やキャピタル・ゲイン、他人資本に関しては借入金に対する支払利息が代表的である。資本コスト フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の歴史 (1964-1980)

    アメリカ合衆国の歴史 (1964-1980)から見た利子利子

    ニクソンは高い税金と少ない支出によって「スタグフレーション」と呼ばれた緩りとした成長とインフレに取り組むと約束した。しかしこれには議会の強硬な抵抗があった。その結果ニクソンはやり方を変えて通貨を規制する道を選んだ。連邦準備銀行は高利率によって通貨供給量の縮小を望んだが、あまり効果は無かった。アメリカ合衆国の歴史 (1964-1980) フレッシュアイペディアより)

396件中 81 - 90件表示

「金利指標」のニューストピックワード