75件中 31 - 40件表示
  • 利子

    利子から見た宗教

    宗教的な側面からの禁止規定は、利息を、労働なくして得る所得=「不労所得」として卑しむ考えからである。それではなぜ、現代のヨーロッパ主導の世界的経済体制の中で、利子つき金融、それも複利計算のものが圧倒的主流を占めているのか、という疑問が生じる。利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た消費貸借

    通常は消費貸借契約あるいは消費寄託契約に伴って約定されるが、売買代金の支払などについて約定されることもある。利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た需要と供給

    資本主義社会においては経済活動に金融は不可欠であり、その利率は経済の動きに密接に関わっている。金利水準は一般の財・サービスと同様、需要と供給で決められる。一般的には好況時には資金需要が増加するため金利は上昇、不況時にはその逆で、金利は下降する。利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た寄託

    寄託契約における受寄者への委任の規定の準用(民法第665条)利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見たリバー

    春秋戦国時代の中国では商人が名目上とは言え「士農工商」の第四層に置かれたように、また中世ヨーロッパでも商人の利潤追求は社会倫理と無関係あるいは相反するものと捉えられてきたことなどから見える通り、「商業」は生産を行わずに物品を動かすだけで利益を挙げる「不労所得」に類するとの観念が様々なところで見られるが、例えばイスラームにおいてはそうではない。開祖ムハンマド自身が交易商人であったし、その教えの中で商業(利潤の追求)は大いに推奨されている。にもかかわらず、利子はリバーと呼ばれ、やはり不労所得として禁止されてきた。それは、頭脳労働やリスクを伴わない所得とされたゆえである。(イスラム世界の銀行制度についてはイスラム銀行を参照。)利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た連帯債務者

    連帯債務者間の求償(弁済その他免責があった日以後の法定利息、民法第442条2項)利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た自然対数

    以上の過程で得られた、元本a、金利pである金融の付利期間nにおける元利合計の計算式ae^{np}を連続複利式などと呼ぶ。付利は、法令や契約によるため、このような金利が形成されることは、まず考えられないが、離散式である金利計算式を連続式にすることにより、解析学的考察が可能となるため、数理ファイナンスの分野において、よく使用される式である。なおネイピア数(自然対数の底、eで表される)は、17世紀のスイス人数学者ヤコブ・ベルヌーイが利子の複利計算において言及したのが初めてのものである。利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た地球

    彼が1990年に現れたとすると、地球と同じ重さの黄金の玉を、銀行から13億4000万個、引き出すことができることになる。利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た旧約聖書

    アリストテレスはその著書『政治学』の中で、「貨幣が貨幣を生むことは自然に反している」 と述べているし、旧約聖書においても「あなたのところにいる貧しい者に金を貸すなら(中略)利息を取ってはならない」 (出エジプト記22:25)、あるいは「金銭の利息であれ、食物の利息であれ、すべて利息をつけて貸すことのできるものの利息を、あなたの同胞から取ってはならない」(申命記23:19)と記されている。利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た金銭債権

    なお、金銭債務の債務不履行(民法第419条1項)や組合契約における金銭出資の不履行の責任(民法第669条)における遅延損害金(遅延利息)は、厳密には利息ではなく履行遅滞による損害賠償である。ただ、これらについても法定利率(約定利率の場合もある)の適用がある(民法第419条1項、民法第669条)。利子 フレッシュアイペディアより)

75件中 31 - 40件表示

「金利指標」のニューストピックワード