75件中 51 - 60件表示
  • 利子

    利子から見た委任

    委任契約における受任者の金銭の消費についての責任(民法第647条)利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た分割払い

    元本債権の存在しない終身定期金(民法第689条)、固定資本たる不代替物(土地・建物・機械)の使用の対価である地代・小作料・賃料、元本そのものの使用の対価である元本の償却金・分割払いの分割金・株式の配当金は利息ではない。利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見たローマ法

    さらに、「利子」は「単利」の場合のみ認めるが、「複利」(利子の額を元本に組み込んで計算する)の利子つき金融を認めない例もある(ローマ法以来、多くの立法例で複利計算は禁止されていた。日本民法においても、利息の元本繰り入れは、契約によることを要し、その旨の約定がなければ単利計算となる)。利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見たヒヤル

    なお、利子そのものを禁じていない文化でも、高利に対する規制は厳しいことが多かった(例えば江戸幕府の開府当初は年率20%が上限。元文1年<1736年>には15%に引き下げられる)が、それに対する金融業者(高利貸)は、名目上は「利子」ではない「手数料」(これはイスラーム圏でヒヤルと呼ばれるものに似ている)ということにして、取り立てていた。天保13年(1842年)の法令では法定利率が年率12%に引き下げられ、礼金・筆墨料などの名目で利子を余分に取ることなどが禁じられたが、「禁じられた」ということは、少なくともそれまで江戸の金融業者たちは、法定利率以上に徴利していたということが逆に分かる。利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た終身定期金

    元本債権の存在しない終身定期金(民法第689条)、固定資本たる不代替物(土地・建物・機械)の使用の対価である地代・小作料・賃料、元本そのものの使用の対価である元本の償却金・分割払いの分割金・株式の配当金は利息ではない。利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た江戸幕府

    なお、利子そのものを禁じていない文化でも、高利に対する規制は厳しいことが多かった(例えば江戸幕府の開府当初は年率20%が上限。元文1年<1736年>には15%に引き下げられる)が、それに対する金融業者(高利貸)は、名目上は「利子」ではない「手数料」(これはイスラーム圏でヒヤルと呼ばれるものに似ている)ということにして、取り立てていた。天保13年(1842年)の法令では法定利率が年率12%に引き下げられ、礼金・筆墨料などの名目で利子を余分に取ることなどが禁じられたが、「禁じられた」ということは、少なくともそれまで江戸の金融業者たちは、法定利率以上に徴利していたということが逆に分かる。利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た委託

    委託を受けた保証人の求償(民法第459条2項、民法第442条2項)利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た不当利得

    不当利得における悪意の受益者の返還義務(民法第704条)利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た後見

    後見における後見人の被後見人への返還金及び被後見人から後見人への返還金等(民法第704条)利子 フレッシュアイペディアより)

  • 利子

    利子から見た

    日歩(ひぶ) :元金100円に対する1日あたりの利息で金利を表したもの。単位は、銭(1/100円)、(1/10銭)、毛(1/10厘)である。利子 フレッシュアイペディアより)

75件中 51 - 60件表示

「金利指標」のニューストピックワード