前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た金子千尋金子千尋

    日本ハムが2連勝し、クライマックスシリーズ初のレギュラーシーズン3位での第2ステージ進出となった。オリックスは守備の乱れや日本ハムにいずれもレギュラーシーズン4勝1敗の金子千尋、山本省吾の温存が裏目に出て、12年ぶりのポストシーズンを白星で飾れなかった。2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た金子千尋金子千尋

    シーズンも開幕から低迷が続き、5月21日にコリンズが辞任を発表した。この辞任を受け、大石大二郎ヘッドコーチが監督代行に就任し、8月2日に監督に昇格した。大石の監督代行就任後、6月3日の巨人戦に勝利し、阪急時代も含めて通算4500勝を達成するなどチームは持ち直していった。9月24日の対ソフトバンク戦に勝利して2001年シーズン以来7年ぶり、オリックス・バファローズとしては初のシーズン勝ち越しを決め、9月29日の対埼玉西武ライオンズ戦に勝利して、初のクライマックスシリーズ進出を決めた。シーズンも2位で終わり、クライマックスシリーズでは第1ステージで3位日本ハムと対戦。2連敗で敗れ日本シリーズ出場はならなかったものの、15勝を挙げて新人王を獲得した小松聖を筆頭に、山本省吾・金子千尋・近藤一樹が先発10勝、加藤大輔が最多セーブ、坂口智隆はゴールデングラブ賞、タフィ・ローズは打点王を獲得するなど、チームの戦力は大幅に充実した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た金子千尋金子千尋

    実況:戸崎貴広、解説:佐々木主浩、ゲスト:金子千尋(オリックス投手)、リポーター:伊藤隆佑2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 近澤昌志

    近澤昌志から見た金子千尋金子千尋

    中学校を卒業後は、鳥羽高校に入学。1年生にしてベンチ入り。3年生で春の甲子園に出場し、ベスト4。2回戦の長野商高戦では、金子千尋と対戦している。夏の甲子園にも出場し、3回戦で横浜高校に敗れた。2回戦で戦った桐生第一高には一場靖弘、大廣翔治もいた。高校通算33本塁打。近澤昌志 フレッシュアイペディアより)

  • 前田大輔 (野球)

    前田大輔 (野球)から見た金子千尋金子千尋

    に監督のテリー・コリンズに指名され開幕スタメン出場を果たした。日高に次ぐ2番手捕手の座を獲得し、得点圏では31打数13安打3本塁打、打率.419の勝負強さを見せた。より背番号を大学時代から愛着のある「22」に変更した。金子千尋が先発時はバッテリーを組んで5連勝、特に7月は4戦4勝で金子の月間MVPに貢献した。前田大輔 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 岩間健児

    岩間健児から見た金子千尋金子千尋

    長野商業野球部出身であり金子千尋は後輩にあたる。だが入れ替わりのため面識はない。岩間健児 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た金子千尋金子千尋

    パ:涌井(西武)、杉内(ソフトバンク)○、金子(オリックス)、シコースキー(ロッテ)- 田上(ソフトバンク)、里崎(ロッテ)2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 金子洋平

    金子洋平から見た金子千尋金子千尋

    初打点:同上、9回表に金子千尋から三塁ゴロの間に記録金子洋平 フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・バーナム・ジュニア

    ゲイリー・バーナム・ジュニアから見た金子千尋金子千尋

    初本塁打:2009年4月29日、対オリックス・バファローズ5回戦(千葉マリンスタジアム)、9回裏に金子千尋から右越3ランゲイリー・バーナム・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 小山桂司

    小山桂司から見た金子千尋金子千尋

    初打席:同上、8回裏に金子千尋から二塁ゴロ小山桂司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「金子千尋」のニューストピックワード