前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
96件中 1 - 10件表示
  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た金子千尋金子千尋

    大石の監督代行就任後、6月3日の巨人戦に勝利し、阪急時代も含めて通算4500勝を達成するなどチームは持ち直していった。9月24日の対ソフトバンク戦に勝利して2001年シーズン以来7年ぶり、オリックス・バファローズとしては初のシーズン勝ち越しを決め、9月29日の対西武戦に勝利して、初のクライマックスシリーズ進出を決めた。2位で終わり、クライマックスシリーズでは第1ステージで3位日本ハムと対戦。2連敗で敗れ日本シリーズ出場はならなかったものの、15勝を挙げて新人王を獲得した小松聖を筆頭に、山本省吾・金子千尋・近藤一樹が先発10勝、加藤大輔が最多セーブ、坂口智隆はゴールデングラブ賞、タフィ・ローズは打点王を獲得するなど、チームの戦力は大幅に充実した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のオリックス・バファローズ

    2013年のオリックス・バファローズから見た金子千尋金子千尋

    7月24日 - 金子千尋が対日本ハム戦でNPB通算1000投球回、史上335人目2013年のオリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の日本プロ野球

    2014年の日本プロ野球から見た金子千尋金子千尋

    25日 - オリックス・バファローズの金子千尋が対楽天戦(京セラドーム)で枡田慎太郎からNPB史上136人目の通算1000奪三振2014年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • カーブ (球種)

    カーブ (球種)から見た金子千尋金子千尋

    伊東勤、岩本勉らは、他の球種と違い全力で投げなくてもよいため疲労が蓄積しないこと、大きく弧を描く軌道が打者の目線とタイミングをずらせることなどを利点として挙げている。また、中西親志や金子千尋らはキレがないカーブでもあえて投げることで他の球種を生かす見せ球としての効果があることを指摘している。カーブ (球種) フレッシュアイペディアより)

  • 吉村裕基

    吉村裕基から見た金子千尋金子千尋

    ''は、村田の右足肉離れの影響で4月5日から13試合の間4番を打ち、46打数13安打で打率.286だったものの1本塁打4打点4併殺とあまり活躍はできず、4番を外れてからも5月17日の交流戦直前までわずか2本塁打に止まった。5月30日セ・パ交流戦の対オリックス・バファローズ戦の9回一死満塁の場面で代わったばかりの香月良太のストレートをライトスタンドへ運び、満塁本塁打を放ち第3号とし、6月6日の対セ・パ交流戦、埼玉西武ライオンズ戦で1試合2本塁打、6月13日から1番打者になると、6月17日からの3試合で4本塁打など交流戦でやや立て直したが、リーグ戦に再び戻ると打率、本塁打共に数字は伸び悩んだ。全144試合出場を果たし、自己最多の13盗塁を記録したが、レギュラー獲得後最低成績となる打率.248、16本塁打、54打点に終わり、2年連続リーグ2位となる134三振も記録した。6月17日には横浜スタジアムで行われた対オリックス戦で1番右翼手で出場し、2点ビハインドの6回無死三塁の場面で先発金子千尋が初球に投じた変化球をセンターへ運び同点ツーランホームランとすると、これにより2009年4月7日の井口資仁に続く日本プロ野球史上8人目となる「全打順での本塁打」を達成した。。吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

  • 松田宣浩

    松田宣浩から見た金子千尋金子千尋

    シーズンでは主に6番打者として、シーズンの序盤から好調を維持していた。レギュラーシーズンの公式戦では、6月9日のセ・パ交流戦、対阪神戦(福岡ヤフオク!ドーム)で公式戦通算1000安打を岩田稔からの2点本塁打で記録するなど、自己最多の35本塁打・94打点を記録。7月5日の対オリックス戦(ほっともっとフィールド神戸)では公式戦では自身初の1イニング2安打、同月12日の対ロッテ戦(QVCマリンフィールド)では公式戦通算1000試合出場、8月11日の対オリックス戦(福岡ヤフオク!ドーム)では金子千尋から公式戦通算150本塁打を達成した。また、2年振りにオールスターゲームへ出場。レギュラーシーズンの延長戦ではNPB史上3人目(パシフィック・リーグタイ記録)となるシーズン3本のサヨナラ本塁打を記録している。チームの同リーグ連覇・クライマックスシリーズ突破を経て臨んだ東京ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは、10月24日の第1戦(福岡ヤフオク!ドーム)で先制本塁打を記録。シリーズでは自身の初本塁打であった。本人曰く、このシーズンは「自分にとってとても自信になったシーズン」になったとのことである。松田宣浩 フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・ブラゼル

    クレイグ・ブラゼルから見た金子千尋金子千尋

    西武時代に既に他球団に攻略されていることから、当初は西武監督の渡辺から日本での活躍について否定的な発言をされていたが、6月5日に一軍登録されると、同日のオリックスとの交流戦で金子千尋から移籍後初の本塁打を放った。同13日の対ロッテ戦で、右脛、左膝、左内腿と3球連続で自打球を当てた(3球目は地面にワンバウンドした球)が、その次の球を本塁打にし、この試合を含む4試合連続本塁打を放った。7月にはランディ・バースからアドバイスを受けた。この月は本塁打数こそ減ったが安定した成績を残し、8月になるとまた調子を上げた。米国で長男が生まれた8月26日の対横浜ベイスターズ戦ではプロ野球18人目となる1イニング2本塁打を放った。阪神では1982年の掛布雅之以来で、外国人では1969年のウィリー・カークランド以来である。クレイグ・ブラゼル フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本プロ野球

    2017年の日本プロ野球から見た金子千尋金子千尋

    オリックス・バファローズの金子千尋が、現役選手最多タイの通算21完封勝利を達成。2017年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥谷敬

    鳥谷敬から見た金子千尋金子千尋

    5月24日の対巨人戦(甲子園)に「6番・三塁手」としてスタメンで出場したことによって、連続試合出場記録が1794試合にまで到達した。しかし5回裏の第2打席で、吉川光夫が投じた144km/hのストレートが顔面の右側付近を直撃した影響で昏倒。丹波幸一球審がこの投球を危険球と宣告したため、吉川が退場処分を受けたほか、鳥谷も鼻からの出血が止まらないままグラウンドを後にした。試合後の診察で鼻の骨が折れていることが判明したが、翌25日の同カード以降の試合にも、フェイスガードをつけながら代打や三塁手として出場を継続。セ・パ交流戦では、6月6日の対オリックスバファローズ戦(京セラドーム大阪)3回表の打席で金子千尋からシーズン2号本塁打(3点本塁打)を放ったことによって、交流戦通算350安打(NPBの一軍交流戦における個人最多安打記録)を達成した。さらに、球団からのノミネート選手としてセ・リーグの三塁手部門に名を連ねたオールスターゲームのファン投票では、リーグ全部門で最も(パ・リーグ全部門を含めれば3番目に)多い471,327票を獲得。三塁手としては初めての出場を果たした。鳥谷敬 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤光

    伊藤光から見た金子千尋金子千尋

    ''、一軍監督の岡田彰布から「将来の正捕手候補」として期待されたことを背景に、公式戦の開幕を初めて一軍で迎えた。福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦(4月12日・京セラドーム大阪)でスタメンマスクを任されると、以降の試合でも、寺原隼人による一軍公式戦3年半振りの完封勝利や西勇輝による一軍公式戦初勝利に貢献した。夏場以降はエースの金子千尋とバッテリーを組むなど、先発捕手としての出場機会を増やした。その一方で、シーズン中には成績不振などで2度にわたって二軍調整を経験している。9月11日の対埼玉西武ライオンズ戦(ほっともっとフィールド神戸)では、守備中に中村剛也とのクロスプレーで右手人差し指を負傷しその後の精密検査で骨折が判明したため、残り試合を棒に振った。一軍公式戦には66試合に出場した。打撃面では打率.156、57三振にとどまったが、規定試合数不足ながらチームトップの盗塁阻止率(.318)を記録した。また、シーズン終了後には背番号を22に変更することが発表された。伊藤光 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
96件中 1 - 10件表示

「金子弌大」のニューストピックワード