96件中 21 - 30件表示
  • ゲイリー・バーナム・ジュニア

    ゲイリー・バーナム・ジュニアから見た金子千尋金子千尋

    初本塁打:2009年4月29日、対オリックス・バファローズ5回戦(千葉マリンスタジアム)、9回裏に金子千尋から右越3ランゲイリー・バーナム・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木郁洋

    鈴木郁洋から見た金子千尋金子千尋

    4月21日、対日本ハム戦では、谷元圭介から自身7年ぶりの本塁打となる逆転3ランを放つなど、4安打(3二塁打・1本塁打)6打点の大活躍で、試合後お立ち台に上がった。シーズン中盤からはリード面を買われ、日高の二軍降格等もあり出場機会が増加。7月14日の対ロッテ戦では、先発金子千尋の3戦連続完封勝利を援護する自身2度目の満塁走者一掃の適時三塁打を放つ。最終的には、チームトップの17犠打を記録し、前年を上回る86試合に出場した。また、4月に右手親指を骨折しながらも残りのシーズンに強行出場していたことが明らかになった。鈴木郁洋 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た金子千尋金子千尋

    7月24日 - オリックスの金子千尋が対日本ハム戦でNPB通算1000投球回、史上335人目2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 近澤昌志

    近澤昌志から見た金子千尋金子千尋

    中学校を卒業後は、鳥羽高校に入学。1年生にしてベンチ入り。3年生で春の甲子園に出場し、ベスト4。2回戦の長野商高戦では、金子千尋と対戦している。夏の甲子園にも出場し、3回戦で横浜高校に敗れた。高校通算33本塁打。近澤昌志 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の阪神タイガース

    2015年の阪神タイガースから見た金子千尋金子千尋

    戦力面では、新井貴浩が自由契約を申し出て、広島に復帰し、久保田智之が引退、海外FAを宣言していた鳥谷敬の残留が決定した。FA市場で金子千尋、中島裕之、成瀬善久等の獲得を狙ったが、ことごとく失敗し、目立った補強ができなかったことから、不安視されながらシーズンを迎えることになった。2015年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • BANG BANG BANG

    BANG BANG BANGから見た金子千尋金子千尋

    オリックス・バファローズの金子千尋や読売ジャイアンツの脇谷亮太の登場曲として使用歴がある。BANG BANG BANG フレッシュアイペディアより)

  • ヒラム・ボカチカ

    ヒラム・ボカチカから見た金子千尋金子千尋

    初打席:同上、2回裏に金子千尋の前に見逃し三振ヒラム・ボカチカ フレッシュアイペディアより)

  • パット・ミッシュ

    パット・ミッシュから見た金子千尋金子千尋

    3月上旬、インフルエンザに感染した。4月9日に出場選手登録され、同日の対福岡ソフトバンクホークス戦の5回一死満塁の場面で2番手投手として来日初登板し、最初の打者・中村晃への初球がボークと判定されて1点を失い、さらにその中村には2点適時打を打たれた(ボークと適時打による3失点は先発投手の金子千尋に記録された)。7月11日の対北海道日本ハムファイターズ戦において来日初めて先発投手を務め、2回2/3を投げ2失点で敗戦投手になった。12月2日、自由契約公示されたパット・ミッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 坪井智哉

    坪井智哉から見た金子千尋金子千尋

    現役引退後に週刊ベースボールのインタビューで「今まで対戦したなかでNo.1の投手は?」と聞かれた際に、「松坂大輔や金子千尋など素晴らしい投手はたくさんいたが、特に斉藤和巳は負けない投手で、彼の背中から炎が見えるようだった」「マウンド上に立っている斉藤は背後に何かが見える感じ」「彼がどのような気持ちで投げていたか分からないですけど、すごく伝わるものがありました。あんなにマウンド上で大きく、近く感じた投手はいません。」「味方が点を取らなくても、自分が点を取られない。0対0の試合展開でも、最終的に1対0で勝つ。特に沢村賞を獲得したシーズンは凄かったですね。」と語っている。また、自身のブログでも「No.1投手は斉藤和巳」と述べている。坪井智哉 フレッシュアイペディアより)

  • テリー・コリンズ (野球)

    テリー・コリンズ (野球)から見た金子千尋金子千尋

    一方で、コリンズは目をつけた選手を積極的に起用し、それが奏功するケースも多かった。辛抱強く起用した坂口智隆や下山真二は、2008年には主力選手に成長した。下山はコリンズ辞任の翌日、自身のブログ上で「(コリンズの辞任は)ショックだった」「自分の野球人生を良い方に変えてくれた」と記し、コリンズに感謝の意を表している。また、辞任前日の5月20日にも、カブレラの負傷を受け、2年ぶりの一軍昇格となった一輝をいきなり6番スタメンに抜擢すると、一輝は7回裏2死満塁の場面でジェフ・ウィリアムスから逆転決勝2点タイムリーを放ち、後の飛躍のきっかけを掴んだ。また、投手陣の例としては、中継ぎで起用していた金子千尋・山本省吾・小松聖を先発に、加藤大輔を抑えに転向させ、更には開幕直後の先発投手陣の相次ぐ離脱を受け、一軍での実績が乏しかった近藤一樹を先発に抜擢した。すると、2008年に小松は15勝を挙げて新人王に、金子・山本・近藤も10勝(金子は2010年に最多勝をとるまでに成長した)を挙げ、加藤は33セーブで最多セーブ投手を獲得したように、結果的に投手陣の整備は成功した。テリー・コリンズ (野球) フレッシュアイペディアより)

96件中 21 - 30件表示

「金子弌大」のニューストピックワード