52件中 21 - 30件表示
  • アルフレッド・フィガロ

    アルフレッド・フィガロから見た金子千尋金子千尋

    金子千尋の故障もあって、3月30日のヤフードームでの開幕戦、チームの外国人投手としては2004年の具臺晟以来8年ぶりに開幕投手を務めるも5回3失点で敗戦投手に。その後も自身が粘りの投球を見せても、69回のうち援護点が僅か12得点、7月7日の対ロッテ戦で5得点の援護があったがその他の試合では最大1得点しか貰えない程、打線の援護にことごとく恵まれなかった。また、勝てない焦りからか要所で制球を乱す場面もある等、結局は11試合の登板で未勝利に終わり、2004年の川崎憲次郎(当時・中日)以来、8年ぶりに開幕投手のシーズン未勝利となってしまった。オフにはドミニカ共和国のウィンターリーグに参加。12月19日にミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結ぶが、オリックスが自由契約公示しない中での契約となり、オリックス球団本部補佐の横田昭作は「(FAの)身分について解釈の食い違いがあるのではないか」と話した。アルフレッド・フィガロ フレッシュアイペディアより)

  • 新庄 剛志

    新庄剛志から見た金子千尋金子千尋

    2006年4月18日、オリックス戦(東京ドーム)2回裏にダン・セラフィニからソロ本塁打しホームインすると、普段とは異なり外野応援席方向へ向かいヘルメットを脱いで深々と一礼した。攻撃が終わり守備位置に就くと再びファンに一礼(阪神時代途中からファンの新庄コールに対しては、一礼からガッツポーズに変えていた)。恒例の本塁打の打法名は「28年間思う存分野球を楽しんだぜ。今年でユニホームを脱ぎます打法」と、異例の開幕直後での引退表明を行った。7回裏に金子千尋から満塁本塁打すると三たびファンに一礼し、今度は打法命名がなされなかった。チームが勝利して受けたヒーローインタビューでは、冒頭からしばし沈黙した後に自らマイクを握り、「ええ…今日、ヒーローインタビューという最高の舞台で報告したいことがあります。タイガースで11年、アメリカで3年、日本ハムで3年…。今シーズン限りでユニフォームを脱ぐことを決めました」と観衆に改めて宣言した。引退を決意した決め手は開幕戦で観客満員を達成したことであり、早ければその翌日にでも表明するつもりで荒井修光専属広報など一部の球団関係者には事情説明がなされていた。またこの日の表明に踏みきった理由として、東京ドームが一軍初出場時の球場であることも明かした。翌19日の試合前には、この早い時期に引退発表を行い驚かせてしまったこと、また引退の決意を一部にしか伝えていなかったことをチームメイトに詫びており、トレイ・ヒルマン監督へは「1人でも多くのファンに球場へ足を運んでもらいたいから」と説明した。これに対しチームメイトも理解を示した。新庄剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村裕基

    吉村裕基から見た金子千尋金子千尋

    全打順本塁打:2009年6月17日、対オリックス・バファローズ4回戦(横浜スタジアム)、1番・右翼手で出場、6回裏に金子千尋から左越2ラン ※史上8人目(最年少となる24歳で達成とセ・リーグ初の達成者)吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川勇也

    長谷川勇也から見た金子千尋金子千尋

    初盗塁:2008年8月3日、対オリックス・バファローズ15回戦(京セラドーム大阪)、6回表に二盗(投手:金子千尋、捕手:前田大輔)長谷川勇也 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見た金子千尋金子千尋

    9月1日の楽天戦でシーズン21回の猛打賞獲得を達成。別当薫が毎日オリオンズ当時の1950年に樹立した球団記録を更新した。9月12日の埼玉西武ライオンズ戦で1回に左前打を放ってシーズン181安打とし、1961年に榎本喜八(毎日オリオンズ)が記録したシーズン180安打を抜き、球団新記録を達成。9月21日の楽天戦でシーズン26回目の猛打賞を達成しイチローに並び、9月25日のオリックス・バファローズ戦の4回に金子千尋から3安打目を放ち27回目の猛打賞を達成し日本記録を更新。またイチロー以来パ・リーグ2人目、日本人のスイッチヒッターおよび、内野手としては初となる200本安打を達成し、史上4人目となるスイッチヒッターでの首位打者となり、最多安打のタイトルも獲得。全試合フルイニング出場も果たし、日本新記録となるシーズン692打席を記録した。11月には自身のブログで「メジャーで野球をすることは子供の頃からの夢だった。自分の力も知った上で挑戦したい」と述べ、リック・サーマンを代理人としてポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を申請し、ミネソタ・ツインズが532万9000ドルで交渉権を獲得。西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 中山慎也

    中山慎也から見た金子千尋金子千尋

    前年度からの好調を維持し開幕から先発ローテーションの一角を任されるが、好投しながらも打線の援護に恵まれず、防御率3点台ながら4連敗を喫し2軍落ち。再昇格後初登板となった5月22日の巨人戦では延長10回からリリーフ登板し、1イニングを無失点に抑えプロ入り初セーブを挙げる。交流戦では2勝を挙げ防御率0.73と安定した投球を見せた。また、勝利した2試合とも敵地での登板のため打席機会があったが、いずれの試合も自身で安打を放って得点に結びつけている。しかし、リーグ戦再開後は再び打線とのかみ合わせが悪く、7月終了時点で対パ・リーグ球団戦では未勝利だったが、8月12日の西武戦でようやく3勝目をあげると以後は白星を重ね、9月7日の楽天戦では8回1死まで楽天打線を無安打に抑える快投を見せるなどして(試合は被安打2で1失点の完投勝利)、6連勝を挙げた。クライマックスシリーズ進出が差し掛かった場面では岡田彰布監督から金子千尋・寺原隼人に並ぶ先発3本柱とまで評価された。その後は中4日で2試合登板するも勝利に見放され、序盤から負け星が試合が先行したこともあって最終的には24度の先発で8勝9敗、被本塁打11とリーグワーストの与四球69をマークしたが、それでも自己最多の8勝を挙げ、防御率2.94と奪三振119(いずれも同僚の寺原を抜いてチーム2位)と大きく飛躍したシーズンとなった。特に左打者に強く、被打率はわずか.167だった。中山慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 川岸強

    川岸強から見た金子千尋金子千尋

    卒業後トヨタ自動車に入社。エースとして2年連続で都市対抗野球大会に出場。金子千尋とは同期入社。のIBAFワールドカップでは、日本代表に選出されている。2003年のドラフトにて、中日ドラゴンズより7巡目指名を受けて、即入団を決意した。川岸強 フレッシュアイペディアより)

  • 喜田剛

    喜田剛から見た金子千尋金子千尋

    初盗塁:2007年5月23日、対オリックス・バファローズ2回戦(京セラドーム大阪)、8回表に二盗(投手:金子千尋、捕手:的山哲也)喜田剛 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤一樹

    近藤一樹から見た金子千尋金子千尋

    は開幕二軍スタートとなるも、二軍戦で4試合に先発登板して20回を3失点、防御率1.35と上々の成績を残すと、金子千尋・寺原隼人が故障離脱した事情を受け、4月21日の対日本ハム戦で先発。6回4失点で敗戦投手となったが、右肩の違和感を訴えて同月24日に登録抹消。その後は二軍戦でもほとんど登板が無く、一軍での登板は先述の1試合のみに終わった。シーズン終了後に香月良太が読売ジャイアンツへ移籍したのに伴い、分配ドラフトを経てオリックスに在籍し続ける近鉄の選手は横山徹也と近藤のみ。近藤一樹 フレッシュアイペディアより)

  • ウィルソン・バルデス

    ウィルソン・バルデスから見た金子千尋金子千尋

    初安打:同上、6回裏に金子千尋から三塁内野安打ウィルソン・バルデス フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「金子千尋」のニューストピックワード