52件中 31 - 40件表示
  • 大引啓次

    大引啓次から見た金子千尋金子千尋

    は開幕戦に九番・遊撃手として出場し、3回裏に岩隈久志から同年のチーム初打点となる先制適時打を打ち、完封勝利を挙げた金子千尋と共に試合後にヒーローインタビューを受けた。その後は打率が低迷し5月3日に二軍降格。交流戦で戦線復帰を果たすが、7月2日に腰痛で再度登録抹消。8月15日に一軍復帰したが、結局はプロ入り後最少の85試合の出場で、打率.236と低調な成績に終わり(ただし得点圏打率は.302)、山崎浩司・金子圭輔との併用も多く、正遊撃手不在の一因となってしまった。9月4日のソフトバンク戦では、杉内俊哉の攻略の契機となる適時打や、その後の決勝適時打など3安打2打点と活躍したが、酷暑の影響による熱中症のため手足の痙攣を訴え、途中交代するという憂き目にも遭った。大引啓次 フレッシュアイペディアより)

  • 11月8日

    11月8日から見た金子千尋金子千尋

    1983年 - 金子千尋、プロ野球選手11月8日 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車硬式野球部

    トヨタ自動車硬式野球部から見た金子千尋金子千尋

    金子千尋投手(2004年オリックス・バファローズ自由獲得枠)トヨタ自動車硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た金子千尋金子千尋

    TBSラジオ(JRN…MBS・RCC他) 実況:林正浩 解説:緒方耕一 ゲスト解説:金子千尋(オリックス投手) リポーター:清水大輔(ロッテサイド・TBS)、高田寛之(中日サイド・CBC)2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 景浦安武

    景浦安武から見た金子千尋金子千尋

    2009年のシーズンを持って現役引退表明。現役最後の打席は10月6日のオリックス戦で、2対2で迎えた9回裏に代打で登場。同郷の後輩・金子千尋からサヨナラ本塁打を放った。福岡Yahoo! JAPANドームでのシーズン最終戦で引退セレモニーが行われた。景浦安武 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た金子千尋金子千尋

    、長距離打者であるターメル・スレッジの退団と、レギュラー左翼手だった森本稀哲が故障で離脱した事もあり、開幕戦で七番・左翼手として自身初の開幕戦先発出場を果たし、杉内俊哉から自身初の2点適時打を打つ。その後も主に相手先発が左腕投手の試合で先発出場し、左翼手の守備も無難にこなしていたが、4月18日の試合を最後に二軍落ちする。その3日後の21日の二軍の試合で左ひざ半月板を損傷。5月10日に手術を受けた。7月19日に一軍昇格。七番・指名打者として先発出場し、復帰後初安打。翌20日の千葉ロッテマリーンズ戦にも先発出場し、大嶺祐太からプロ入り初本塁打(公式戦91打席目)を打った。8月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では栂野雅史と青山浩二から2打席連続本塁打を記録した。夏場には金子千尋、涌井秀章、和田毅、田中将大らエース級の投手から立て続けに本塁打を打ったが、9月に入ると調子を落とし、最終的には打率.233、本塁打9、打点22に終わった。なお、9本の本塁打は7月20日から8月20日までの約1ヶ月間に打ったものである。中田翔 フレッシュアイペディアより)

  • 三条市

    三条市から見た金子千尋金子千尋

    金子千尋 - プロ野球オリックス投手(長野商―トヨタ自動車から2004年ドラフト自由獲得枠で入団。小学3年まで三条で過ごす)三条市 フレッシュアイペディアより)

  • 西勇輝

    西勇輝から見た金子千尋金子千尋

    2012年も開幕ローテーション入りを果たし、第4戦目の対日本ハム戦で5回3失点ながらもチームのシーズン初勝利となる白星をあげる。金子千尋・寺原隼人等の先発陣が続々と戦線離脱をしていく中、先発ローテーションを守り続けたが、8月9日に右肩痛で戦線離脱。その後、9月23日に一軍復帰を果たし、シーズン最終戦となった10月8日の対ソフトバンク戦で、平成生まれのプロ野球選手として初のノーヒットノーランを達成。パ・リーグでは2000年のナルシソ・エルビラ、球団では1995年の佐藤義則以来の達成となった。また、このノーヒットノーランが自身初の完封でもあった。この年は味方打線の不調などで白星こそ伸びなかったが、チーム最多となる8勝をあげた。余談だが、ノーヒットノーランを達成した際の最後の打者は、松田宣浩だった。西勇輝 フレッシュアイペディアより)

  • 速球

    速球から見た金子千尋金子千尋

    代表的な使い手としてはティム・ハドソン、ジョン・レスターがいる。日本人選手ではダルビッシュや松坂大輔が投げており、日本球界では金子千尋や菅野智之が投げることができる。速球 フレッシュアイペディアより)

  • 上野弘文

    上野弘文から見た金子千尋金子千尋

    高校時代、1998年のセンバツ(初戦敗退)、1999年の夏の甲子園(準決勝進出)に出場。高校では鶴岡慎也(現・日本ハム)が同級生、青野毅(現・ロッテ)が一学年下にいた。社会人時代は安藤優也(現・阪神)、川岸強(現・楽天)、金子千尋(現・オリックス)、吉見一起(現・中日)らと同僚であった。2006年には抑えのエースとして都市対抗野球大会に出場。2006年11月21日の大学生・社会人ドラフトで、広島東洋カープより3巡目指名を受ける。強行指名だったため、上野を説得すべくブラウン監督は会議終了を待たずにすぐ交渉へと大阪へ向かった。12月1日に仮契約。最速151キロの速球に、力でねじふせる剛腕で、精神面もタフ。目標の投手は、トヨタ自動車の先輩でもある阪神・安藤優也。上野弘文 フレッシュアイペディアより)

52件中 31 - 40件表示

「金子千尋」のニューストピックワード