52件中 41 - 50件表示
  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た金子千尋金子千尋

    、オリックスとの開幕戦では5安打1失点完投の好投を見せるも、打線が金子千尋に4安打完封と抑えこまれ、敗戦投手となった。その後もなかなか勝ちがつかず、初勝利は4月10日の対オリックス戦であった。4月17日の対ソフトバンク戦で初の完投勝利を挙げると、4月24日の対日本ハム戦ではダルビッシュと投げ合い、完封勝利を挙げる。6月5日の対横浜ベイスターズ戦では三浦大輔から三振を奪い、通算1000奪三振を記録。7月10日の対埼玉西武ライオンズ戦では涌井秀章に投げ勝ち、8月31日の対ロッテ戦では通算100勝を6回無失点の好投で飾った。最終的に防御率2.82、WHIP1.09(共にリーグ4位)の好成績を記録するものの、リーグ最下位の得点援護率3.46と援護に恵まれず、10勝9敗に終わったが、3年連続二桁勝利を達成。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎宗則

    川崎宗則から見た金子千尋金子千尋

    1000本安打:2010年3月27日、対オリックス・バファローズ2回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、7回裏に金子千尋から右翼線へ2点適時二塁打 ※史上255人目川崎宗則 フレッシュアイペディアより)

  • クレイグ・ブラゼル

    クレイグ・ブラゼルから見た金子千尋金子千尋

    西武時代に既に他球団に攻略されていることから、当初は西武監督の渡辺から日本での活躍について否定的な発言をされていたが、6月5日に一軍登録されると、同日のオリックス・バファローズとの交流戦で金子千尋から移籍後初の本塁打を放った。同13日の対ロッテ戦で、左膝、右膝、股間と3球連続で自打球を当てたが、その次の球を本塁打にし、この試合を含む4試合連続本塁打を放った。7月にはランディ・バースからアドバイスを受けた。この月は本塁打数こそ減るも安定した成績を残し、8月になるとまた調子を上げた。米国で長男が生まれた8月26日の対横浜ベイスターズ戦ではプロ野球18人目となる1イニング2本塁打を放った。阪神では1982年の掛布雅之以来で、外国人では1969年のウィリー・カークランド以来である。クレイグ・ブラゼル フレッシュアイペディアより)

  • 1983年

    1983年から見た金子千尋金子千尋

    11月8日 - 金子千尋、プロ野球選手1983年 フレッシュアイペディアより)

  • 中村剛也

    中村剛也から見た金子千尋金子千尋

    、5月11日のオリックス戦で金子千尋から顔面右側に死球を受け頬骨を骨折するもスタメン出場を続け、15日のソフトバンク戦では本塁打を放った。このとき打撃コーチの大久保博元が「もしライオンが近付いてきたらどうするか」と質問したところ(それでも動けないほど痛い、と答えたら休ませるつもりだった)、中村は「食べちゃいます」と答えたため「これは大丈夫だ」と翌日の出場を決めたという。この年は守備面では主に捕球における不安定さが目立ち、リーグ最多の22失策を記録。打撃では打率は昨年よりわずかに上回ったものリーグワースト3位、得点圏打率も.231と勝負弱さも課題となった。三振は162個とリーグ最多で、シーズン記録としては歴代7位、日本人右打者では最多。しかしこの年から打撃コーチに就任した大久保からミートポイントを前にするようアドバイスされ、三振の多さと引き替えに本塁打を量産。西武の日本人選手の本塁打記録(43本、秋山幸二、田淵幸一)、25歳の本塁打記録(44本、大杉勝男、岩村明憲)を塗り替える46本塁打、自身初としては、規定打席、本塁打王、100打点(101打点、リーグ3位)、サヨナラ本塁打、オールスターゲーム出場(三塁手、ファン投票1位)。西武の日本人選手で年間40本以上の本塁打を放ったのはの秋山幸二以来21年ぶり。同球団での達成経験者としては、田淵、秋山に次いで3人目。また、日本プロ野球において、初の規定打席到達で年間40本以上の本塁打を記録したのはの秋山幸二、の多村仁に次ぎ日本人選手では3人目となった。日本シリーズでは、3安打3本塁打7打点。アジアシリーズの予選の天津ライオンズ戦では東京ドームの三階席まで飛ばす特大の本塁打を放っている。私生活では、7月8日に元タレントの村上麻里恵と結婚した。中村剛也 フレッシュアイペディアより)

  • カーブ (球種)

    カーブ (球種)から見た金子千尋金子千尋

    ドロップカーブとは、カーブの中でも水平方向よりも鉛直方向に大きく変化する物を指す。日本では単にドロップ、または縦のカーブ、アメリカでは12to6(トゥウェルブ・トゥ・シックス)カーブと呼ぶ事がある(時計の12時から6時のような方向に曲がることから)。日本野球創生期に旧制第一高等学校の投手だった青井鉞男が横浜外人居留地運動場を訪問して日本で最初にドロップを習得し、1896年(明治29年)5月23日に同運動場で一高ベースボールチームを率いて横浜外人クラブと対戦し、日本で初めて外国人チームに勝利した記録も有る19世紀から存在する球種である。元々はカーブと別の変化球として扱われていたが、変化・投法の類似点からカーブの1種とみなされるようになった。球速や変化量を調節しやすいことから、球種の少ない時代はほぼ全てのオーバースロー投手が投げていたと言って良いほど多用され、フォークボールが普及する以前はドロップが落ちる球の代表だった。打者の視線を上下させて目測を狂わすのに効果的で、NPBでは岸孝之、金子千尋、永井怜、東野峻などが、MLBではトム・ゴードンやバリー・ジートなどが有名である。カーブ (球種) フレッシュアイペディアより)

  • 岡田彰布

    岡田彰布から見た金子千尋金子千尋

    3月31日、対北海道日本ハムファイターズ戦(東京ドーム)で、T-岡田が勝ち越し本塁打を放ち勝利。阪神監督時代から通算400勝目を達成した。6月8日に投手コーチである星野伸之が休養に入り、後任には小林宏が就任したが小林の経験の少なさから、投手起用についても自身が決定することを明言し、投手コーチも兼任することとなった。このシーズンは交流戦で優勝を飾り、T-岡田や投手の金子千尋の躍進があったが、後半に入って敗戦が増え、最終的には5位に終わった。岡田彰布 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木郁洋

    鈴木郁洋から見た金子千尋金子千尋

    4月21日、日本ハム戦では、谷元圭介から自身7年ぶりの本塁打となる逆転3ランを放つなど、4安打(3二塁打・1本塁打)6打点の大活躍で、試合後お立ち台に上がった。シーズン中盤からはリード面を買われ、日高の二軍降格などもあり、出場機会が増加。7月14日のロッテ戦では、先発金子千尋の3戦連続完封勝利を援護する自身2度目の満塁走者一掃の適時三塁打を放つ。最終的には、チームトップの17犠打を記録し、前年を上回る86試合に出場した。また、4月に右手親指を骨折しながらも残りのシーズンに強行出場していたことが明らかになった。鈴木郁洋 フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た金子千尋金子千尋

    1000本安打:2010年4月17日、対オリックス・バファローズ4回戦(千葉マリンスタジアム)、5回裏に金子千尋から左中間へ2ラン ※史上257人目サブロー フレッシュアイペディアより)

  • べしゃり暮らし

    べしゃり暮らしから見た金子千尋金子千尋

    名前の由来は北川博敏+金子千尋べしゃり暮らし フレッシュアイペディアより)

52件中 41 - 50件表示

「金子千尋」のニューストピックワード