96件中 71 - 80件表示
  • アルフレッド・フィガロ

    アルフレッド・フィガロから見た金子千尋金子千尋

    金子千尋の故障もあって、3月30日のヤフードームでの開幕戦、チームの外国人投手としては2004年の具臺晟以来8年ぶりに開幕投手を務めるも5回3失点で敗戦投手に。その後も自身が粘りの投球を見せても、69回のうち援護点が僅か12得点、7月7日の対ロッテ戦で5得点の援護があったがその他の試合では最大1得点しか貰えない程、打線の援護にことごとく恵まれなかった。また、勝てない焦りからか要所で制球を乱す場面もある等、結局は11試合の登板で未勝利に終わり、2004年の川崎憲次郎(当時・中日)以来、8年ぶりに開幕投手のシーズン未勝利となってしまった。オフにはドミニカ共和国のウィンターリーグに参加。12月19日にミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結ぶが、オリックスが自由契約公示しない中での契約となり、オリックス球団本部補佐の横田昭作は「(FAの)身分について解釈の食い違いがあるのではないか」と話した。アルフレッド・フィガロ フレッシュアイペディアより)

  • 大西宏明

    大西宏明から見た金子千尋金子千尋

    はオープン戦で調子があがらず、開幕後初打席で全球見逃して三振となり、チームの登録抹消第1号となってしまう。二軍で.538という驚異的な打率を残し、4月終盤には1軍に復帰すると、暫くは好調な打撃を維持する。6月11日の対オリックス戦で、金子千尋から3ランを放って古巣に痛烈な恩返しを見せたものの、以後は不振に陥り、相手先発投手が左投手の時にスタメンが限られてしまった。それでも、自己最多の105試合に出場し、打率.270を記録した。大西宏明 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋村一輝

    嶋村一輝から見た金子千尋金子千尋

    初本塁打:2008年6月18日、対読売ジャイアンツ4回戦(東京ドーム)、8回表に金子千尋の代打で出場、豊田清から左越ソロ嶋村一輝 フレッシュアイペディアより)

  • サウスポー

    サウスポーから見た金子千尋金子千尋

    投手が打席に立つ場合は、ボールを投げる利き腕を死球や自打球などから守るために右投右打もしくは左投左打を選択するのが主流である。ただし、金子千尋、藤川球児や由規(右投左打)、筒井和也(左投右打)らといった例外も存在する。サウスポー フレッシュアイペディアより)

  • チェンジアップ

    チェンジアップから見た金子千尋金子千尋

    人差し指と親指で作る輪の形は人差し指と親指の先端をつけて大きな輪を作る形や人差し指を親指の根元につけて小さな輪を作る形など投手によって違い、個人差はあるが握りの構造上シュート回転がかかりやすく、シンカーのように利き手の方向へ微妙に曲がりながら落ちる場合が多く、シンカー・スクリューボールに近い変化をすることからシンカーチェンジ(英: sinker change)やチェンジアップシンカー(英: change up sinker)とも呼ばれることもある。NPBでは金子千尋や岸孝之、MLBではグレッグ・マダックスやペドロ・マルティネス、コール・ハメルズが代表的な使い手。チェンジアップ フレッシュアイペディアより)

  • 11月8日

    11月8日から見た金子千尋金子千尋

    1983年 - 金子千尋、プロ野球選手11月8日 フレッシュアイペディアより)

  • 若月健矢

    若月健矢から見た金子千尋金子千尋

    、前シーズンに正捕手を決めきれなかったオリックスでは、福良淳一監督が捕手全員を横一線で競争させると明言。開幕当初は伊藤光と山崎勝己の併用が続いていたが、6月3日にシーズン2度目の一軍登録を果たした若月は徐々に出場機会を増やし、7月以降は伊藤がマスクを被る金子千尋の先発試合以外はほぼ先発マスクを任されるようになり、チームの7月のシーズン初月間勝ち越しに貢献した。最終的にチームの捕手では最多の85試合に出場した。なお、この年のオリックスは若月、伊藤、山崎、伏見寅威、齋藤俊雄、田中大輔の捕手6名で、日本プロ野球史上初の「シーズンチーム捕逸0」の記録を達成した。若月健矢 フレッシュアイペディアより)

  • 西勇輝

    西勇輝から見た金子千尋金子千尋

    '、背番号を21'に変更。チームが一軍公式戦の開幕から3連敗で迎えた4月3日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)では、先発で5回を3失点にとどめた末に、チームおよび自身のシーズン初勝利を果たした。金子千尋・寺原隼人などの先発陣が続々と戦線離脱していく中で先発ローテーションを守り続けたが、8月9日に右肩痛で登録抹消。9月23日に一軍復帰を果たすと、チームのシーズン最終戦となった10月8日の対ソフトバンク(福岡ヤフードーム)戦で、日本プロ野球史上76人目、85度目のノーヒットノーランを達成。パシフィック・リーグでは12年ぶり、球団では17年ぶり、最終戦での達成は1937年春季戦の阪急の石田光彦以来75年ぶり2度目、2リーグ制以降では初、四球による1走者だけの準完全試合は45度目であり、またこれが西自身にとって初の完封ともなった。この試合はソフトバンクの小久保裕紀の引退試合であり、前日小久保が「真剣勝負してほしい」と言ったことから、西は真剣勝負で挑んだが、試合後のコメントでは「誰も(達成すると)思っていなかったと思う」と複雑な表情でコメントを残した。最終的にはチーム最多の8勝を挙げた。西勇輝 フレッシュアイペディアより)

  • 戦え!スポーツ内閣

    戦え!スポーツ内閣から見た金子千尋金子千尋

    2017年のNPB関西ダービー(阪神タイガースとオリックスバファローズによるセ・パ交流戦)第2戦当日(6月7日)に生放送の「目指せ!日本シリーズで関西ダービースペシャル」では、当番組の「ゲスト大臣」である金子千尋(オリックス投手)と糸井嘉男(阪神外野手、2016年まで3年間オリックスに在籍)が関西ダービーで初めて対戦することにちなんで、事前収録による「予告でヒーハー!」というシミュレーション企画を初めて実施。第1戦(6月6日)での先発に向けて登板4日前(2日)に京セラドーム大阪で調整していた金子を武井が直撃したうえで、第1戦で糸井を攻略するための配球予想を聞き出した。ちなみに放送では、金子が予想した配球と、第1戦で実際に糸井と対戦した際の配球を映像を比較している。戦え!スポーツ内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 井口資仁

    井口資仁から見た金子千尋金子千尋

    300二塁打:2013年7月9日、対オリックス・バファローズ10回戦(QVCマリンフィールド)、4回裏に金子千尋から右中間適時二塁打 ※史上60人目井口資仁 フレッシュアイペディアより)

96件中 71 - 80件表示

「金子弌大」のニューストピックワード