96件中 81 - 90件表示
  • 銀次

    銀次から見た金子千尋金子千尋

    初安打:2010年7月1日、対オリックス・バファローズ12回戦(京セラドーム大阪)、8回表に金子千尋から左前安打銀次 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た金子千尋金子千尋

    1000三振:2015年7月13日、対オリックス・バファローズ11回戦(京セラドーム大阪)、8回表に金子千尋から見逃し三振 ※史上60人目福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 景浦安武

    景浦安武から見た金子千尋金子千尋

    2009年のシーズンを持って現役引退表明。現役最後の打席は10月6日のオリックス戦で、2対2で迎えた9回裏に代打で登場。同郷の後輩・金子千尋からサヨナラ本塁打を放った。福岡Yahoo! JAPANドームでのシーズン最終戦で引退セレモニーが行われた。景浦安武 フレッシュアイペディアより)

  • セ・パ交流戦

    セ・パ交流戦から見た金子千尋金子千尋

    2014年5月31日の京セラドーム大阪でのオリックス対巨人戦で、オリックス先発の金子千尋が9回まで4与四球1失策の無安打無得点に抑えていたものの味方の援護がなく、パ・リーグの主催試合で投手が打席に立つというこの年のルールにより、9回裏一死二塁で金子に打席が回ってきた際に代打が送られ、その後延長戦に突入したため、無安打無得点のまま降板し単独でのノーヒットノーラン達成を逃す。9回以上を無安打無得点で降板したのは2006年の八木智哉(当時日本ハム)以来NPB史上2人目で、代打を送られての降板は同史上初。試合は12回表に亀井義行が馬原孝浩から本塁打を放ち、1 - 0で巨人が勝利した。セ・パ交流戦 フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ミランダ

    フアン・ミランダから見た金子千尋金子千尋

    初打席:同上、2回裏に金子千尋から左飛フアン・ミランダ フレッシュアイペディアより)

  • 今宮健太

    今宮健太から見た金子千尋金子千尋

    250犠打:2017年7月5日、対オリックス・バファローズ13回戦(福岡ヤフオク!ドーム)、1回裏に金子千尋から投前犠打 ※史上19人目(達成時25歳11か月で史上最年少)今宮健太 フレッシュアイペディアより)

  • 原樹理

    原樹理から見た金子千尋金子千尋

    スコアボードの表示は金子千尋、高橋光成同様、フルネームの「原樹理」と表示される。登録名は「原(樹)」。ユニフォームの背面ネームは「J.HARA」。原樹理 フレッシュアイペディアより)

  • 京山将弥

    京山将弥から見た金子千尋金子千尋

    横浜DeNAは「行きたい球団だった」といい、「プロでは先発を目指したい」という。あこがれは金子千尋、対戦したい打者は中田翔、坂本勇人。京山将弥 フレッシュアイペディアより)

  • 登録名

    登録名から見た金子千尋金子千尋

    稀に登録名を姓名の区切りなしにする選手もおり、アナウンスされる場合もフルネームで呼ばれる。(例:金子千尋、高橋光成、田中正義。3人ともチームに同姓の選手がいたため。金子はオリックスに2010年金子圭輔がソフトバンクから移籍、その後金子圭輔はソフトバンクに再移籍したが、金子千尋のままで現在も活躍している)登録名 フレッシュアイペディアより)

  • 中田翔

    中田翔から見た金子千尋金子千尋

    は、長距離打者であるターメル・スレッジの退団と、レギュラー左翼手だった森本稀哲が故障で離脱した事もあり、開幕戦で七番・左翼手として自身初の開幕戦先発出場を果たし、杉内俊哉から自身初の2点適時打を打つ。その後も主に相手先発が左腕投手の試合で先発出場し、左翼手の守備も無難にこなしていたが、4月18日の試合を最後に二軍落ちする。その3日後の21日の二軍の試合で左ひざ半月板を損傷。5月10日に手術を受けた。7月19日に一軍昇格。七番・指名打者として先発出場し、復帰後初安打。翌20日の千葉ロッテマリーンズ戦にも先発出場し、大嶺祐太からプロ入り初本塁打(公式戦91打席目)を打った。8月6日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では栂野雅史と青山浩二から2打席連続本塁打を記録した。夏場には金子千尋、涌井秀章、和田毅、田中将大らエース級の投手から立て続けに本塁打を打ったが、9月に入ると調子を落とし、最終的には打率.233、本塁打9、打点22に終わった。なお、9本の本塁打は7月20日から8月20日までの約1ヶ月間に打ったものである。中田翔 フレッシュアイペディアより)

96件中 81 - 90件表示

「金子弌大」のニューストピックワード