前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
96件中 1 - 10件表示
  • 金子千尋

    金子千尋から見た米田哲也

    は2年ぶりに開幕投手を務め、楽天打線を4安打に抑えて無四球完封勝利を挙げた。しかし、次の試合以降は調子を崩し、5月21日の対阪神戦では8点リードながら5回表にいきなり5失点KOされるなど、試合中盤に突如大量失点を喫するケースが目立った。清川栄治投手コーチによれば、「完璧を求めるタイプで、打ち取り方にまでこだわる」という繊細さが裏目に出て、コースを狙いすぎて腕が振れなかったのが、6月までの不調の要因だったようである。だが、7月1日の対楽天戦でシーズン3度目の完封勝利を挙げると、続く7月8日の対西武戦でも完封勝利を挙げた。そして、7月14日の対ロッテ戦で、米田哲也以来球団史上45年ぶりの3試合連続完封を記録した。すると、7月に5戦全勝、8月にも5戦全勝を記録して、2ヶ月連続で月間MVPに選出され、9月20日の日本ハム戦まで13連勝を達成。好不調の波はあったものの、自己最多となる17勝(球団では1993年の野田浩司以来の記録)を挙げ、ソフトバンクの和田毅と最多勝を分け合った。また、初の200イニング、自己最多となる190奪三振、7完投6完封と好成績を収めた。オフの契約更改で1億5000万円(推定)でサインをし、チームでは投手で唯一の1億円プレイヤーとなった。3完封をあげた楽天戦、2完封をあげた西武戦はいずれも5勝ずつ、防御率1点台の好成績をあげた一方で、ロッテ戦は前半戦の不調時に何度もKOされた影響で2勝5敗、防御率6.18と苦闘した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た星野伸之

    は開幕から先発ローテーション入り。開幕直後はやや不調だったが徐々に調子を上げて5月5日の対ソフトバンク戦で2年ぶりの完投勝利を記録し、6月にはチーム全体で4勝だったうちの3勝を挙げるなど安定した投球を続けた。同年のオールスターに監督推薦で初出場し、第2戦で3回無失点に抑えてベストピッチャー賞を受賞した。8月22日の対楽天戦では2試合連続完封勝利で、球団史上星野伸之以来12年ぶりの2年連続2桁勝利を達成した。9月からは加藤大輔の不調により、大石大二郎監督が春季キャンプ前に先発投手6人を集め「緊急時にリリーフに転向できる投手は?」と聞いた際に金子だけが挙手していた事と、リリーフ経験がある事から抑えに転向。シーズン初セーブを挙げた9月12日の対西武戦ではチームの6連敗を止めるなどし、11勝8敗4セーブで共にリーグ5位の防御率2.57と165奪三振を記録、被安打と被本塁打は前年より減少した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たDJ OZMA

    登板する際に流れる登場曲がDJ OZMAの「超!」、「Spiderman」だった事もあり、ルックスとのギャップが球団関係者の間で話題となった。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た清原和博

    2006年の宮古島キャンプではトレーニングを兼ねて訪れていたイチローと紅白戦で対戦し、初球にカーブを投げてリードした前田大輔にも責任はあるもののチームメイト(当時)の清原和博に「ストレートを放らんか」と怒られた。これについては後に自分の一番良い球で抑えてアピールしないといけないという持論を語っている。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た炭谷銀仁朗

    初奪三振:同上、9回表に炭谷銀仁朗から金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たトム・デイビー

    1月に第一子となる長男が誕生。シーズンでは開幕投手に指名され、7回1失点10奪三振で勝利投手になる。平野やトム・デイビーの故障離脱もあって先発ローテーションの軸となったが、5月11日の対西武戦では5回途中5失点で敗戦投手となった上に中村剛也に頭部死球を与えて危険球退場するなど、4月下旬から交流戦にかけては精彩を欠いた。交流戦途中からリリーフに回ったが、リーグ戦再開後に先発に復帰すると7月は4戦4勝で月間MVPを受賞。9月7日の対西武戦では8回途中2失点で自身初の2桁勝利となる10勝目を挙げ、4点近い防御率ながら9年ぶりとなるチームのAクラス入りに貢献した。小松聖に次ぐチーム2位の投球回数で初めて規定投球回に到達し、リーグ8位の奪三振数を記録。一方で、被安打と被本塁打は共にリーグ2位を記録。シーズン中の好不調の波が激しかったことも含め、課題も残した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た小松聖

    1月に第一子となる長男が誕生。シーズンでは開幕投手に指名され、7回1失点10奪三振で勝利投手になる。平野やトム・デイビーの故障離脱もあって先発ローテーションの軸となったが、5月11日の対西武戦では5回途中5失点で敗戦投手となった上に中村剛也に頭部死球を与えて危険球退場するなど、4月下旬から交流戦にかけては精彩を欠いた。交流戦途中からリリーフに回ったが、リーグ戦再開後に先発に復帰すると7月は4戦4勝で月間MVPを受賞。9月7日の対西武戦では8回途中2失点で自身初の2桁勝利となる10勝目を挙げ、4点近い防御率ながら9年ぶりとなるチームのAクラス入りに貢献した。小松聖に次ぐチーム2位の投球回数で初めて規定投球回に到達し、リーグ8位の奪三振数を記録。一方で、被安打と被本塁打は共にリーグ2位を記録。シーズン中の好不調の波が激しかったことも含め、課題も残した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たイチロー

    投手としては比較的珍しい右投げ左打ちで、高校時代までは打撃練習にも意欲的に取り組み長野のイチロー(名前からチヒローとも)と呼ばれ、セ・パ交流戦では通常投手の入る9番ではなく8番(ただし、2010年度は、岡田彰布監督の意向もあって)として出場することもあり、上記の呼び名からオリックス時代にイチローに使用されていた応援歌が使われた事もある。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た加藤大輔

    は開幕から先発ローテーション入り。開幕直後はやや不調だったが徐々に調子を上げて5月5日の対ソフトバンク戦で2年ぶりの完投勝利を記録し、6月にはチーム全体で4勝だったうちの3勝を挙げるなど安定した投球を続けた。同年のオールスターに監督推薦で初出場し、第2戦で3回無失点に抑えてベストピッチャー賞を受賞した。8月22日の対楽天戦では2試合連続完封勝利で、球団史上星野伸之以来12年ぶりの2年連続2桁勝利を達成した。9月からは加藤大輔の不調により、大石大二郎監督が春季キャンプ前に先発投手6人を集め「緊急時にリリーフに転向できる投手は?」と聞いた際に金子だけが挙手していた事と、リリーフ経験がある事から抑えに転向。シーズン初セーブを挙げた9月12日の対西武戦ではチームの6連敗を止めるなどし、11勝8敗4セーブで共にリーグ5位の防御率2.57と165奪三振を記録、被安打と被本塁打は前年より減少した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た岡田彰布

    投手としては比較的珍しい右投げ左打ちで、高校時代までは打撃練習にも意欲的に取り組み長野のイチロー(名前からチヒローとも)と呼ばれ、セ・パ交流戦では通常投手の入る9番ではなく8番(ただし、2010年度は、岡田彰布監督の意向もあって)として出場することもあり、上記の呼び名からオリックス時代にイチローに使用されていた応援歌が使われた事もある。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
96件中 1 - 10件表示