96件中 11 - 20件表示
  • 金子千尋

    金子千尋から見た吉見一起

    風水に凝っており、トヨタ自動車の後輩である吉見一起にも影響を与えている。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た吉見祐治

    初安打:2009年6月17日、対横浜ベイスターズ4回戦(横浜スタジアム)、5回表に吉見祐治から三塁内野安打金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た後藤光尊

    は2年連続の開幕投手と期待されるも、キャンプ中に右肘の違和感を訴えて2月9日に右肘遊離軟骨除去手術を受けて開幕に出遅れる。その後、5月5日のウエスタン・リーグの対阪神戦で今季初登板した。1ヶ月後の6月5日の対阪神戦で一軍復帰を果たし、初回にマウンドに上がるよりも先に打席に立つほど、味方打線の大量援護にも恵まれ、6回3失点に収めて初勝利を上げた。復帰後暫くは立ち上がりに失点される場面が目立つも味方の援護にも恵まれたこともあり勝ち星を重ねたが、生まれの地である新潟で凱旋登板を果たした8月23日の西武戦ではプロ入りワーストの8失点を喫して負け投手となった。しかし、9月には4戦3勝で防御率0.25(自責点1)、リーグトップの2完封を含む3完投勝利を挙げて、チームメイトの後藤光尊と共に自身4度目の月間MVPに選ばれた。ところが10月に入ると白星に見放され、最終戦である10月18日の対ソフトバンク戦で勝つか引き分けるかでクライマックスシリーズ進出がかかる場面で先発するも、6回4失点で降板して負け投手となりチーム3年ぶりのクライマックスシリーズ進出を逃し、試合後のセレモニーでは涙を見せた。最終的には出遅れながらも規定投球回数に到達し、自己最高の防御率2.43・WHIP1.06を記録し、10勝4敗を挙げ4年連続二桁勝利を記録した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    は開幕から先発ローテーション入り。開幕直後はやや不調だったが徐々に調子を上げて5月5日の対ソフトバンク戦で2年ぶりの完投勝利を記録し、6月にはチーム全体で4勝だったうちの3勝を挙げるなど安定した投球を続けた。同年のオールスターに監督推薦で初出場し、第2戦で3回無失点に抑えてベストピッチャー賞を受賞した。8月22日の対楽天戦では2試合連続完封勝利で、球団史上星野伸之以来12年ぶりの2年連続2桁勝利を達成した。9月からは加藤大輔の不調により、大石大二郎監督が春季キャンプ前に先発投手6人を集め「緊急時にリリーフに転向できる投手は?」と聞いた際に金子だけが挙手していた事と、リリーフ経験がある事から抑えに転向。シーズン初セーブを挙げた9月12日の対西武戦ではチームの6連敗を止めるなどし、11勝8敗4セーブで共にリーグ5位の防御率2.57と165奪三振を記録、被安打と被本塁打は前年より減少した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た埼玉西武ライオンズ

    は前半戦は中継ぎとして登板。8月18日の対西武戦から先発投手に転向し、同日に先発初勝利を記録すると次の登板で初完封を記録した。その後も好投が続き、10月2日のシーズン最終登板を2度目の完封、先発転向後6連勝で締めくくった。シーズン後、コリンズ監督は「もう少し早く先発で使うべきだった。(今季)高得点をあげることができる数少ない選手の1人」と絶賛した。同年はセ・パ交流戦頃に『肘にあまり不安を感じなくなったこと』、『気温が暖かくなってきたこと』などを理由に、社会人時代からの持ち球だったが肘の故障によりプロ入り後は実戦での投球を控えていたカットボールを解禁した。これによりリリーフとしては開幕からの不振を脱し、先発転向後はカウントを整えたり少ない球数で打ち取ることができた。同年、高校の同級生と結婚した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た北海道日本ハムファイターズ

    は2年ぶりに開幕投手を務め、楽天打線を4安打に抑えて無四球完封勝利を挙げた。しかし、次の試合以降は調子を崩し、5月21日の対阪神戦では8点リードながら5回表にいきなり5失点KOされるなど、試合中盤に突如大量失点を喫するケースが目立った。清川栄治投手コーチによれば、「完璧を求めるタイプで、打ち取り方にまでこだわる」という繊細さが裏目に出て、コースを狙いすぎて腕が振れなかったのが、6月までの不調の要因だったようである。だが、7月1日の対楽天戦でシーズン3度目の完封勝利を挙げると、続く7月8日の対西武戦でも完封勝利を挙げた。そして、7月14日の対ロッテ戦で、米田哲也以来球団史上45年ぶりの3試合連続完封を記録した。すると、7月に5戦全勝、8月にも5戦全勝を記録して、2ヶ月連続で月間MVPに選出され、9月20日の日本ハム戦まで13連勝を達成。好不調の波はあったものの、自己最多となる17勝(球団では1993年の野田浩司以来の記録)を挙げ、ソフトバンクの和田毅と最多勝を分け合った。また、初の200イニング、自己最多となる190奪三振、7完投6完封と好成績を収めた。オフの契約更改で1億5000万円(推定)でサインをし、チームでは投手で唯一の1億円プレイヤーとなった。3完封をあげた楽天戦、2完封をあげた西武戦はいずれも5勝ずつ、防御率1点台の好成績をあげた一方で、ロッテ戦は前半戦の不調時に何度もKOされた影響で2勝5敗、防御率6.18と苦闘した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た野田浩司

    は2年ぶりに開幕投手を務め、楽天打線を4安打に抑えて無四球完封勝利を挙げた。しかし、次の試合以降は調子を崩し、5月21日の対阪神戦では8点リードながら5回表にいきなり5失点KOされるなど、試合中盤に突如大量失点を喫するケースが目立った。清川栄治投手コーチによれば、「完璧を求めるタイプで、打ち取り方にまでこだわる」という繊細さが裏目に出て、コースを狙いすぎて腕が振れなかったのが、6月までの不調の要因だったようである。だが、7月1日の対楽天戦でシーズン3度目の完封勝利を挙げると、続く7月8日の対西武戦でも完封勝利を挙げた。そして、7月14日の対ロッテ戦で、米田哲也以来球団史上45年ぶりの3試合連続完封を記録した。すると、7月に5戦全勝、8月にも5戦全勝を記録して、2ヶ月連続で月間MVPに選出され、9月20日の日本ハム戦まで13連勝を達成。好不調の波はあったものの、自己最多となる17勝(球団では1993年の野田浩司以来の記録)を挙げ、ソフトバンクの和田毅と最多勝を分け合った。また、初の200イニング、自己最多となる190奪三振、7完投6完封と好成績を収めた。オフの契約更改で1億5000万円(推定)でサインをし、チームでは投手で唯一の1億円プレイヤーとなった。3完封をあげた楽天戦、2完封をあげた西武戦はいずれも5勝ずつ、防御率1点台の好成績をあげた一方で、ロッテ戦は前半戦の不調時に何度もKOされた影響で2勝5敗、防御率6.18と苦闘した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た前田大輔 (野球)

    2006年の宮古島キャンプではトレーニングを兼ねて訪れていたイチローと紅白戦で対戦し、初球にカーブを投げてリードした前田大輔にも責任はあるもののチームメイト(当時)の清原和博に「ストレートを放らんか」と怒られた。これについては後に自分の一番良い球で抑えてアピールしないといけないという持論を語っている。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た大石大二郎

    は開幕から先発ローテーション入り。開幕直後はやや不調だったが徐々に調子を上げて5月5日の対ソフトバンク戦で2年ぶりの完投勝利を記録し、6月にはチーム全体で4勝だったうちの3勝を挙げるなど安定した投球を続けた。同年のオールスターに監督推薦で初出場し、第2戦で3回無失点に抑えてベストピッチャー賞を受賞した。8月22日の対楽天戦では2試合連続完封勝利で、球団史上星野伸之以来12年ぶりの2年連続2桁勝利を達成した。9月からは加藤大輔の不調により、大石大二郎監督が春季キャンプ前に先発投手6人を集め「緊急時にリリーフに転向できる投手は?」と聞いた際に金子だけが挙手していた事と、リリーフ経験がある事から抑えに転向。シーズン初セーブを挙げた9月12日の対西武戦ではチームの6連敗を止めるなどし、11勝8敗4セーブで共にリーグ5位の防御率2.57と165奪三振を記録、被安打と被本塁打は前年より減少した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た金子圭輔

    2010年4月29日にソフトバンクから金子圭輔がトレード移籍してきたことに伴い、報道やスコアボードでの表記名が「金子千」となった。ただしバランスが悪いからという理由で、5月8日の対ロッテ戦から電光掲示板の表示をフルネーム(4文字)に変更している。2012年1月17日に金子圭輔がソフトバンクに復帰したことで金子姓は一人となったが、今後もフルネームのままで続けるという。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

96件中 11 - 20件表示