134件中 11 - 20件表示
  • 金子千尋

    金子千尋から見た江川卓 (野球)

    は右前腕部回内筋の炎症で春季キャンプを途中で離脱したが、オープン戦には登板せず、自身2年振り・3度目の開幕投手を務めた。レギュラーシーズンでは、戦線を離れることなく、一軍公式戦で2010年以来2度目の200投球イニングに到達。投球回数(223.1)・完投数(10)・完封数(3)・奪三振(200)の項目でリーグトップ、防御率(2.01)とWHIP(1.00)で自身最高(リーグ2位)の好成績を残したため、2011年のダルビッシュ有・田中将大以来2年振りに沢村賞の選考全項目を満たした。しかし、得点援護率がリーグワーストの3.18に終わった影響で、勝利数はリーグ2位タイの15勝にとどまった。結局、完投数8で選考基準(10)を下回りながら、NPB公式戦史上初のシーズン無敗で最多勝(24勝)を挙げた田中が沢村賞を受賞した。以上の項目で沢村賞を選考するようになった1982年以降で、全項目を満たした投手が受賞できなかった事例は、同年の江川卓、2008年・2011年のダルビッシュに続いて、この時の金子が4例目である。シーズン終了後の秋季キャンプ最終日(11月16日)には、一軍監督の森脇浩司が、金子に翌2014年の開幕投手を通達。12月20日の契約更改では、球団からの複数年契約の提示を固辞しながらも、推定年俸2億円・1年契約で残留を決めた。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た後藤駿太

    3月上旬にインフルエンザへの感染で一時チームから離れたものの、前年末の任命通りに、日本ハムとの開幕戦(3月28日・札幌ドーム)で先発。4月には、4日の対西武戦(西武ドーム)に自己最多の14奪三振による完封でシーズン初勝利を挙げると、26日の対楽天戦(京セラドーム大阪)では14奪三振・1被安打の完封勝利を記録した。メジャーリーグ(MLB)4球団のスカウトが視察した5月24日の対広島戦(ほっともっとフィールド神戸)では、7回裏の打席に前田健太からの二塁打で一軍初打点を記録すると、8回無失点の内容で前田との投げ合いにも勝利。5月31日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(京セラドーム大阪)では、先発で9回を4与四球1失策の無安打無得点に抑えた。しかし、0対0で迎えた9回裏2死満塁で迎えた自身の打席で、代打に駿太を送られたため交代。さらに、駿太の凡退によって試合が延長戦に突入したため、単独でのノーヒットノーラン達成を逃した(詳細後述)。9回まで無安打無得点ながらノーヒットノーラン達成を逃した投手はNPB史上11人目、9回以上を無安打無得点で降板した投手は2人目であった。レギュラーシーズン全体では、16勝で最多勝利、防御率1.98で最優秀防御率のタイトルを獲得。前年に逃した沢村賞を、チーム史上初めて受賞したほか、チームがリーグ優勝を逃したにもかかわらず最優秀選手に選ばれた。オリックスの選手が最優秀選手に選ばれた事例は、チームが日本シリーズを制したのイチロー以来であった。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た小松聖

    1月に第1子(長男)が誕生。公式戦では、自身初の開幕投手に指名されると、7回1失点10奪三振で勝利投手になった。以降は、平野佳寿やトム・デイビーが故障で離脱したことを背景に、先発ローテーションの軸に定着。しかし、4月下旬からセ・パ交流戦の序盤まで精彩を欠いたため、交流戦の途中から救援要員に回った。リーグ戦の再開後に先発に復帰すると、7月には4戦4勝でパシフィック・リーグの投手部門月間MVPを受賞。9月7日の対西武戦で自身初のシーズン10勝目に到達すると、4点近い防御率ながら、チーム9年振りのAクラス入り・クライマックスシリーズ初進出に貢献した。一軍公式戦では、小松聖に次ぐチーム2位の投球回数で、自身初の規定投球回に到達。リーグ8位の奪三振数を記録する一方で、被安打数・被本塁打数がリーグ2位に達したほか、好不調の波が激しかった。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た加藤大輔

    、一軍公式戦では、2年連続の開幕投手を逃したものの、開幕から先発陣の一角を担った。開幕直後はやや不調だったが、5月5日の対福岡ソフトバンクホークス戦では、自身2年振りの完投勝利を記録。チーム全体で4勝しか挙げられなかった6月には、1人で3勝を稼いだ。オールスターゲームには、パシフィック・リーグの監督推薦選手として初出場。第2戦では、3回を無失点に抑えたことで、ベストピッチャー賞を受賞した。8月22日の対楽天戦では、2試合連続完封勝利を挙げるとともに、星野伸之以来球団史上12年振りの2年連続2ケタ勝利を達成した。その一方で、9月からは、不調の加藤大輔に代わってクローザーに転向。9月12日の対西武戦では、シーズン初セーブを挙げるとともに、チームの連敗を6で止めた。一軍公式戦全体では、11勝8敗4セーブ、防御率2.57と165奪三振(いずれもリーグ5位)を記録。また、前年から被安打数と被本塁打数を減らした。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た森脇浩司

    は右前腕部回内筋の炎症で春季キャンプを途中で離脱したが、オープン戦には登板せず、自身2年振り・3度目の開幕投手を務めた。レギュラーシーズンでは、戦線を離れることなく、一軍公式戦で2010年以来2度目の200投球イニングに到達。投球回数(223.1)・完投数(10)・完封数(3)・奪三振(200)の項目でリーグトップ、防御率(2.01)とWHIP(1.00)で自身最高(リーグ2位)の好成績を残したため、2011年のダルビッシュ有・田中将大以来2年振りに沢村賞の選考全項目を満たした。しかし、得点援護率がリーグワーストの3.18に終わった影響で、勝利数はリーグ2位タイの15勝にとどまった。結局、完投数8で選考基準(10)を下回りながら、NPB公式戦史上初のシーズン無敗で最多勝(24勝)を挙げた田中が沢村賞を受賞した。以上の項目で沢村賞を選考するようになった1982年以降で、全項目を満たした投手が受賞できなかった事例は、同年の江川卓、2008年・2011年のダルビッシュに続いて、この時の金子が4例目である。シーズン終了後の秋季キャンプ最終日(11月16日)には、一軍監督の森脇浩司が、金子に翌2014年の開幕投手を通達。12月20日の契約更改では、球団からの複数年契約の提示を固辞しながらも、推定年俸2億円・1年契約で残留を決めた。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た亀井義行

    先発で9回表終了まで無安打に抑えながら、その裏の代打で交代を余儀なくされた2014年5月31日の対巨人戦(前述)では、延長戦に入ってからも救援陣が継投で記録を継続。11回表に佐藤達也が片岡治大にチーム初安打、12回表に馬原孝浩が亀井義行に決勝本塁打を許すなど、延長12回までもつれ込んだ末にチームは0対1で敗れた。金子は、この結果について、試合終了後に淡々とした姿勢で「(巨人打線が)ノーヒットだったのは知っていたが、9回まで0?0(というスコア)でいっていたので、ノーヒットを意識することなく最後まで投げられた。9回裏にサヨナラ(で勝っていた)なら、ノーヒットノーランとして記録に残るので嬉しいけど、自分の使命はチームに勝ちを付けること。それができなかったので、ノーヒット(ノーランを達成できなかったこと)へのコメントはできない」と振り返っていた。なお、先発投手からの継投で無安打投球を続けた末に、延長で初安打を許したチームは日本プロ野球公式戦2例目(NPBの公式戦では初めての事例)であった。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た杉内俊哉

    3月31日の対楽天戦(京セラドーム)で2年連続6度目の開幕投手を務めたが、5回4失点という内容で、前年に続いて勝敗は付かなかった。4月14日の対ソフトバンク戦(福岡ヤフオクドーム)では、5回裏まで1人も走者を出さなかった末に、被安打2の無四球完封勝利を自己最少の92球で達成。一軍公式戦での完封勝利は通算21回目で、NPB現役投手での最多達成者である杉内俊哉の記録に並んだ。同年の全投手でソフトバンク相手に挙げた唯一の完封勝利でもあった。さらに、4月26日の対西武戦でも、3失点を喫しながら完投勝利を記録。4月には先発で登板した4試合で全勝したことから、チームメイトのT-岡田と揃ってパ・リーグ3・4月度の月間MVPを受賞した。5月23日の対楽天戦では一軍公式戦自己ワーストタイ記録の8失点、6月6日の対阪神戦(いずれも京セラドーム)では自己ワーストの9失点で黒星を喫したが、8月30日の対ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)での2失点完投勝利によって自身3年振りの一軍公式戦シーズン2桁勝利を達成した。一軍公式戦全体では、27試合の登板(リーグ最多の27先発登板)で、12勝8敗や防御率3.47をマーク。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たマイカ・ホフパワー

    1000投球回:2013年7月24日、対北海道日本ハムファイターズ12回戦(京セラドーム大阪)、3回表1死目にマイカ・ホフパワーから見逃し三振で達成 ※史上335人目金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た炭谷銀仁朗

    初奪三振:同上、9回表に炭谷銀仁朗から空振り三振金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たトム・デイビー

    1月に第1子(長男)が誕生。公式戦では、自身初の開幕投手に指名されると、7回1失点10奪三振で勝利投手になった。以降は、平野佳寿やトム・デイビーが故障で離脱したことを背景に、先発ローテーションの軸に定着。しかし、4月下旬からセ・パ交流戦の序盤まで精彩を欠いたため、交流戦の途中から救援要員に回った。リーグ戦の再開後に先発に復帰すると、7月には4戦4勝でパシフィック・リーグの投手部門月間MVPを受賞。9月7日の対西武戦で自身初のシーズン10勝目に到達すると、4点近い防御率ながら、チーム9年振りのAクラス入り・クライマックスシリーズ初進出に貢献した。一軍公式戦では、小松聖に次ぐチーム2位の投球回数で、自身初の規定投球回に到達。リーグ8位の奪三振数を記録する一方で、被安打数・被本塁打数がリーグ2位に達したほか、好不調の波が激しかった。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

134件中 11 - 20件表示

「金子弌大」のニューストピックワード