134件中 41 - 50件表示
  • 金子千尋

    金子千尋から見たT-岡田

    3月31日の対楽天戦(京セラドーム)で2年連続6度目の開幕投手を務めたが、5回4失点という内容で、前年に続いて勝敗は付かなかった。4月14日の対ソフトバンク戦(福岡ヤフオクドーム)では、5回裏まで1人も走者を出さなかった末に、被安打2の無四球完封勝利を自己最少の92球で達成。一軍公式戦での完封勝利は通算21回目で、NPB現役投手での最多達成者である杉内俊哉の記録に並んだ。同年の全投手でソフトバンク相手に挙げた唯一の完封勝利でもあった。さらに、4月26日の対西武戦でも、3失点を喫しながら完投勝利を記録。4月には先発で登板した4試合で全勝したことから、チームメイトのT-岡田と揃ってパ・リーグ3・4月度の月間MVPを受賞した。5月23日の対楽天戦では一軍公式戦自己ワーストタイ記録の8失点、6月6日の対阪神戦(いずれも京セラドーム)では自己ワーストの9失点で黒星を喫したが、8月30日の対ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)での2失点完投勝利によって自身3年振りの一軍公式戦シーズン2桁勝利を達成した。一軍公式戦全体では、27試合の登板(リーグ最多の27先発登板)で、12勝8敗や防御率3.47をマーク。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たジャフェット・アマダー

    1500投球回:2016年8月19日、対東北楽天ゴールデンイーグルス15回戦(京セラドーム大阪)、7回表3死目にジャフェット・アマダーから空振り三振で達成 ※史上173人目金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た伊藤光

    最優秀バッテリー賞:1回 (2014年、捕手:伊藤光金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たゆず (音楽グループ)

    「with you」ゆず(2013年)金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た馬原孝浩

    先発で9回表終了まで無安打に抑えながら、その裏の代打で交代を余儀なくされた2014年5月31日の対巨人戦(前述)では、延長戦に入ってからも救援陣が継投で記録を継続。11回表に佐藤達也が片岡治大にチーム初安打、12回表に馬原孝浩が亀井義行に決勝本塁打を許すなど、延長12回までもつれ込んだ末にチームは0対1で敗れた。金子は、この結果について、試合終了後に淡々とした姿勢で「(巨人打線が)ノーヒットだったのは知っていたが、9回まで0?0(というスコア)でいっていたので、ノーヒットを意識することなく最後まで投げられた。9回裏にサヨナラ(で勝っていた)なら、ノーヒットノーランとして記録に残るので嬉しいけど、自分の使命はチームに勝ちを付けること。それができなかったので、ノーヒット(ノーランを達成できなかったこと)へのコメントはできない」と振り返っていた。なお、先発投手からの継投で無安打投球を続けた末に、延長で初安打を許したチームは日本プロ野球公式戦2例目(NPBの公式戦では初めての事例)であった。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た佐藤達也 (野球)

    先発で9回表終了まで無安打に抑えながら、その裏の代打で交代を余儀なくされた2014年5月31日の対巨人戦(前述)では、延長戦に入ってからも救援陣が継投で記録を継続。11回表に佐藤達也が片岡治大にチーム初安打、12回表に馬原孝浩が亀井義行に決勝本塁打を許すなど、延長12回までもつれ込んだ末にチームは0対1で敗れた。金子は、この結果について、試合終了後に淡々とした姿勢で「(巨人打線が)ノーヒットだったのは知っていたが、9回まで0?0(というスコア)でいっていたので、ノーヒットを意識することなく最後まで投げられた。9回裏にサヨナラ(で勝っていた)なら、ノーヒットノーランとして記録に残るので嬉しいけど、自分の使命はチームに勝ちを付けること。それができなかったので、ノーヒット(ノーランを達成できなかったこと)へのコメントはできない」と振り返っていた。なお、先発投手からの継投で無安打投球を続けた末に、延長で初安打を許したチームは日本プロ野球公式戦2例目(NPBの公式戦では初めての事例)であった。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た枡田慎太郎

    1000奪三振:2014年4月25日、対東北楽天ゴールデンイーグルス4回戦(京セラドーム大阪)、5回表に枡田慎太郎から見逃し三振で達成 ※史上136人目金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た長野市

    新潟県三条市に生まれ、小学4年時に長野市へ転居。小学校は長野市立朝陽小学校 石渡育成会少年野球倶楽部にて投手を務める。長野商業高校では、2年春の第72回選抜高等学校野球大会に出場し、2回戦で近澤昌志・平野佳寿らを擁する鳥羽高校に敗れた。夏は長野大会準優勝。3年夏には2回戦で7回参考ながらノーヒットノーランを記録したが、準決勝で12奪三振を記録しながら塚原青雲高校に敗れた。高校卒業後は社会人野球のトヨタ自動車に入社して3年目に抑えとして頭角を現し、都市対抗野球大会でも好投した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た日本プロスポーツ大賞

    日本プロスポーツ大賞 殊勲賞・功労賞 (2014年)金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た野球日本代表

    シーズン終了後には、11月に日本で開かれた日米野球2014で、日本代表の一員として第2戦で先発。また、「アメリカの球場の雰囲気に昔から憧れていた」として、MLBへ挑戦する意向があることを明言した。シーズン中に国内FA権の取得要件を満たしたことから、国内FA権を行使したうえでオリックスへ残留した後に、MLB球団への移籍に向けて球団にポスティングシステムの行使を容認する可能性が一時は報じられた。しかし、11月29日に右肘の除去手術を受けたことから、MLB球団への移籍をひとまず断念。12月24日には、4年契約・推定年俸総額20億円に出来高分を加えた条件で残留することを表明した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

134件中 41 - 50件表示

「金子弌大」のニューストピックワード