96件中 71 - 80件表示
  • 金子千尋

    金子千尋から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム出場:1回(2009年)金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た福岡ドーム

    初ホールド:2006年8月13日、対福岡ソフトバンクホークス14回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、9回裏1死に4番手で救援登板、1回2/3を無失点金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た打撃 (野球)

    投手としては比較的珍しい右投げ左打ちで、高校時代までは打撃練習にも意欲的に取り組み長野のイチロー(名前からチヒローとも)と呼ばれ、セ・パ交流戦では通常投手の入る9番ではなく8番(ただし、2010年度は、岡田彰布監督の意向もあって)として出場することもあり、上記の呼び名からオリックス時代にイチローに使用されていた応援歌が使われた事もある。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たクライマックスシリーズ

    は2年連続の開幕投手と期待されるも、キャンプ中に右肘の違和感を訴えて2月9日に右肘遊離軟骨除去手術を受けて開幕に出遅れる。その後、5月5日のウエスタン・リーグの対阪神戦で今季初登板した。1ヶ月後の6月5日の対阪神戦で一軍復帰を果たし、初回にマウンドに上がるよりも先に打席に立つほど、味方打線の大量援護にも恵まれ、6回3失点に収めて初勝利を上げた。復帰後暫くは立ち上がりに失点される場面が目立つも味方の援護にも恵まれたこともあり勝ち星を重ねたが、生まれの地である新潟で凱旋登板を果たした8月23日の西武戦ではプロ入りワーストの8失点を喫して負け投手となった。しかし、9月には4戦3勝で防御率0.25(自責点1)、リーグトップの2完封を含む3完投勝利を挙げて、チームメイトの後藤光尊と共に自身4度目の月間MVPに選ばれた。ところが10月に入ると白星に見放され、最終戦である10月18日の対ソフトバンク戦で勝つか引き分けるかでクライマックスシリーズ進出がかかる場面で先発するも、6回4失点で降板して負け投手となりチーム3年ぶりのクライマックスシリーズ進出を逃し、試合後のセレモニーでは涙を見せた。最終的には出遅れながらも規定投球回数に到達し、自己最高の防御率2.43・WHIP1.06を記録し、10勝4敗を挙げ4年連続二桁勝利を記録した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たWHIP

    は2年連続の開幕投手と期待されるも、キャンプ中に右肘の違和感を訴えて2月9日に右肘遊離軟骨除去手術を受けて開幕に出遅れる。その後、5月5日のウエスタン・リーグの対阪神戦で今季初登板した。1ヶ月後の6月5日の対阪神戦で一軍復帰を果たし、初回にマウンドに上がるよりも先に打席に立つほど、味方打線の大量援護にも恵まれ、6回3失点に収めて初勝利を上げた。復帰後暫くは立ち上がりに失点される場面が目立つも味方の援護にも恵まれたこともあり勝ち星を重ねたが、生まれの地である新潟で凱旋登板を果たした8月23日の西武戦ではプロ入りワーストの8失点を喫して負け投手となった。しかし、9月には4戦3勝で防御率0.25(自責点1)、リーグトップの2完封を含む3完投勝利を挙げて、チームメイトの後藤光尊と共に自身4度目の月間MVPに選ばれた。ところが10月に入ると白星に見放され、最終戦である10月18日の対ソフトバンク戦で勝つか引き分けるかでクライマックスシリーズ進出がかかる場面で先発するも、6回4失点で降板して負け投手となりチーム3年ぶりのクライマックスシリーズ進出を逃し、試合後のセレモニーでは涙を見せた。最終的には出遅れながらも規定投球回数に到達し、自己最高の防御率2.43・WHIP1.06を記録し、10勝4敗を挙げ4年連続二桁勝利を記録した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た横浜DeNAベイスターズ

    初安打:2009年6月17日、対横浜ベイスターズ4回戦(横浜スタジアム)、5回表に吉見祐治から三塁内野安打金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たJA全農Go・Go賞

    JA全農Go・Go賞:1回 (最多奪三振賞:2012年5月)金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た防御率

    は前述の故障の影響で一軍登板はなかったが、ウエスタン・リーグで防御率0点台の好成績を残した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たセーブ

    は開幕から先発ローテーション入り。開幕直後はやや不調だったが徐々に調子を上げて5月5日の対ソフトバンク戦で2年ぶりの完投勝利を記録し、6月にはチーム全体で4勝だったうちの3勝を挙げるなど安定した投球を続けた。同年のオールスターに監督推薦で初出場し、第2戦で3回無失点に抑えてベストピッチャー賞を受賞した。8月22日の対楽天戦では2試合連続完封勝利で、球団史上星野伸之以来12年ぶりの2年連続2桁勝利を達成した。9月からは加藤大輔の不調により、大石大二郎監督が春季キャンプ前に先発投手6人を集め「緊急時にリリーフに転向できる投手は?」と聞いた際に金子だけが挙手していた事と、リリーフ経験がある事から抑えに転向。シーズン初セーブを挙げた9月12日の対西武戦ではチームの6連敗を止めるなどし、11勝8敗4セーブで共にリーグ5位の防御率2.57と165奪三振を記録、被安打と被本塁打は前年より減少した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たスライダー (球種)

    スリークォーターから平均球速144km/h、最速154km/hの速球、先発転向後精度が向上した縦のカーブ、カット・ファスト・ボール、スライダー、シュート(左打者に対してはツーシーム)、チェンジアップ、フォークボール(本人曰くスプリット)ワンシームを投げ分ける。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

96件中 71 - 80件表示

「金子千尋」のニューストピックワード