96件中 81 - 90件表示
  • 金子千尋

    金子千尋から見たシュート (球種)

    スリークォーターから平均球速144km/h、最速154km/hの速球、先発転向後精度が向上した縦のカーブ、カット・ファスト・ボール、スライダー、シュート(左打者に対してはツーシーム)、チェンジアップ、フォークボール(本人曰くスプリット)ワンシームを投げ分ける。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た神戸総合運動公園野球場

    初登板:2006年4月12日、対西武ライオンズ3回戦(スカイマークスタジアム)、9回表に2番手で救援登板、1回無失点金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た規定投球回

    1月に第一子となる長男が誕生。シーズンでは開幕投手に指名され、7回1失点10奪三振で勝利投手になる。平野やトム・デイビーの故障離脱もあって先発ローテーションの軸となったが、5月11日の対西武戦では5回途中5失点で敗戦投手となった上に中村剛也に頭部死球を与えて危険球退場するなど、4月下旬から交流戦にかけては精彩を欠いた。交流戦途中からリリーフに回ったが、リーグ戦再開後に先発に復帰すると7月は4戦4勝で月間MVPを受賞。9月7日の対西武戦では8回途中2失点で自身初の2桁勝利となる10勝目を挙げ、4点近い防御率ながら9年ぶりとなるチームのAクラス入りに貢献した。小松聖に次ぐチーム2位の投球回数で初めて規定投球回に到達し、リーグ8位の奪三振数を記録。一方で、被安打と被本塁打は共にリーグ2位を記録。シーズン中の好不調の波が激しかったことも含め、課題も残した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見たウエスタン・リーグ

    は前述の故障の影響で一軍登板はなかったが、ウエスタン・リーグで防御率0点台の好成績を残した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    は開幕から先発ローテーション入り。開幕直後はやや不調だったが徐々に調子を上げて5月5日の対ソフトバンク戦で2年ぶりの完投勝利を記録し、6月にはチーム全体で4勝だったうちの3勝を挙げるなど安定した投球を続けた。同年のオールスターに監督推薦で初出場し、第2戦で3回無失点に抑えてベストピッチャー賞を受賞した。8月22日の対楽天戦では2試合連続完封勝利で、球団史上星野伸之以来12年ぶりの2年連続2桁勝利を達成した。9月からは加藤大輔の不調により、大石大二郎監督が春季キャンプ前に先発投手6人を集め「緊急時にリリーフに転向できる投手は?」と聞いた際に金子だけが挙手していた事と、リリーフ経験がある事から抑えに転向。シーズン初セーブを挙げた9月12日の対西武戦ではチームの6連敗を止めるなどし、11勝8敗4セーブで共にリーグ5位の防御率2.57と165奪三振を記録、被安打と被本塁打は前年より減少した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た最多勝利

    最多勝:1回 (2010年)金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た完封

    は前半戦は中継ぎとして登板。8月18日の対西武戦から先発投手に転向し、同日に先発初勝利を記録すると次の登板で初完封を記録した。その後も好投が続き、10月2日のシーズン最終登板を2度目の完封、先発転向後6連勝で締めくくった。シーズン後、コリンズ監督は「もう少し早く先発で使うべきだった。(今季)高得点をあげることができる数少ない選手の1人」と絶賛した。同年はセ・パ交流戦頃に『肘にあまり不安を感じなくなったこと』、『気温が暖かくなってきたこと』などを理由に、社会人時代からの持ち球だったが肘の故障によりプロ入り後は実戦での投球を控えていたカットボールを解禁した。これによりリリーフとしては開幕からの不振を脱し、先発転向後はカウントを整えたり少ない球数で打ち取ることができた。同年、高校の同級生と結婚した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た2004年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    プロ野球ドラフト会議において自由獲得枠でオリックスに入団。なお、自由枠での入団が決定的になった後に肘の故障が明らかになりオリックスが獲得を撤回するという報道が流れ、プロ野球の厳しさを肌で感じたことがプロ入り後役に立っているという。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た失点

    1月に第一子となる長男が誕生。シーズンでは開幕投手に指名され、7回1失点10奪三振で勝利投手になる。平野やトム・デイビーの故障離脱もあって先発ローテーションの軸となったが、5月11日の対西武戦では5回途中5失点で敗戦投手となった上に中村剛也に頭部死球を与えて危険球退場するなど、4月下旬から交流戦にかけては精彩を欠いた。交流戦途中からリリーフに回ったが、リーグ戦再開後に先発に復帰すると7月は4戦4勝で月間MVPを受賞。9月7日の対西武戦では8回途中2失点で自身初の2桁勝利となる10勝目を挙げ、4点近い防御率ながら9年ぶりとなるチームのAクラス入りに貢献した。小松聖に次ぐチーム2位の投球回数で初めて規定投球回に到達し、リーグ8位の奪三振数を記録。一方で、被安打と被本塁打は共にリーグ2位を記録。シーズン中の好不調の波が激しかったことも含め、課題も残した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た投球回

    1月に第一子となる長男が誕生。シーズンでは開幕投手に指名され、7回1失点10奪三振で勝利投手になる。平野やトム・デイビーの故障離脱もあって先発ローテーションの軸となったが、5月11日の対西武戦では5回途中5失点で敗戦投手となった上に中村剛也に頭部死球を与えて危険球退場するなど、4月下旬から交流戦にかけては精彩を欠いた。交流戦途中からリリーフに回ったが、リーグ戦再開後に先発に復帰すると7月は4戦4勝で月間MVPを受賞。9月7日の対西武戦では8回途中2失点で自身初の2桁勝利となる10勝目を挙げ、4点近い防御率ながら9年ぶりとなるチームのAクラス入りに貢献した。小松聖に次ぐチーム2位の投球回数で初めて規定投球回に到達し、リーグ8位の奪三振数を記録。一方で、被安打と被本塁打は共にリーグ2位を記録。シーズン中の好不調の波が激しかったことも含め、課題も残した。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

96件中 81 - 90件表示

「金子千尋」のニューストピックワード