前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示
  • ペリクレス・シャムスカ

    ペリクレス・シャムスカから見た金崎夢生金崎夢生

    2007年シーズンは、中盤の総入換えが行なわれたもののなかなかフィットしなかったこと、また主力選手の相次ぐケガで、前半戦を17位という自動降格圏内で終えた。昨年同様、金崎夢生、小手川宏基といった若い選手や、シーズン途中にアルビレックス新潟から加入した鈴木慎吾の活躍もあり、浮上のきっかけをつかみつつもそれを活かしきれない状況が続いていた。しかし、川崎フロンターレには快勝、浦和レッズ、鹿島アントラーズには土壇場でドローに持ち込むなど上位を苦しめている。後半は上位陣から勝ち星を挙げることはできなかったものの、11月に入るとJ1残留争いから抜け出し、最終節を待たず14位で残留を決めた。ペリクレス・シャムスカ フレッシュアイペディアより)

  • 津市立東観中学校

    津市立東観中学校から見た金崎夢生金崎夢生

    金崎夢生 - プロサッカー選手津市立東観中学校 フレッシュアイペディアより)

  • グランパスExpress

    グランパスExpressから見た金崎夢生金崎夢生

    2010年3月9日放送分 - 田中隼磨、金崎夢生グランパスExpress フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のスポーツ

    1989年のスポーツから見た金崎夢生金崎夢生

    2月16日 - 金崎夢生(三重県、サッカー)1989年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 永井謙佑

    永井謙佑から見た金崎夢生金崎夢生

    2011年3月1日のAFCチャンピオンズリーグ2011(ACL2011)開幕戦の杭州緑城(中国)戦で後半から途中出場しプロデビュー。同年3月5日のJリーグ開幕戦の横浜FM戦で後半から途中出場し、Jリーグデビュー。同点となるPKを獲得するなど活躍を見せた。4月6日のACL2011第2節のFCソウル(韓国)戦でプロ初得点。J1第10節の清水戦でプロ初アシスト。J1第20節磐田戦でJリーグ初得点。リーグ戦終盤からスーパーサブとして起用され、金崎夢生とともに流れを変える役割となった。永井謙佑 フレッシュアイペディアより)

  • 前田俊介

    前田俊介から見た金崎夢生金崎夢生

    2009年、大分へ完全移籍。ウェズレイ、森島、高松らの怪我で期待されるも、運動量の少なさから前半での交代や、フォワードは住田貴彦と二人のみにも関らず、打開力のあるMF金崎夢生のFWのコンバートが優先され、ベンチ入りも叶わないなど苦闘を強いられ、チームもJ2降格を経験する事となった。2010年はJ2に戦いの舞台を移したが、そこでも出番が少なく、8月11日、J1のFC東京への期限付き移籍が発表された。前田俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 松山博明

    松山博明から見た金崎夢生金崎夢生

    2006年からは大分トリニータの強化担当に就任、同年7月にS級ライセンスを取得した。大分ではその前にコーチを務めていた滝川第二高等学校時代の教え子である金崎夢生や清水圭介らを加入させた。強化担当にあった2009年7月、監督のペリクレス・シャムスカが解任されたのに伴い、後任のランコ・ポポヴィッチの登録が完了するまで1試合だけ暫定監督を務め、浦和レッズに1-0で勝利してチームの連敗を14で止めた。松山博明 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎慎司

    岡崎慎司から見た金崎夢生金崎夢生

    小学2年生の時に兄に影響されサッカーを始める。中学の時はクラブチームの宝塚ジュニアFCとけやき台中学校のサッカー部でプレーし県選抜に選ばれた。中学卒業後は兵庫県の強豪である滝川第二高校に進学し、1年次からレギュラーを獲得。全国大会にも出場した。3年次に対戦した星稜高校の本田圭佑とは良きライバル関係となり親友となる。当時は、同期の木島悠、1年後輩の森島康仁と攻撃陣を形成していた。2年後輩には金崎夢生がいる。3年次には、キャプテン(主将)を務めた。岡崎慎司 フレッシュアイペディアより)

  • 乾貴士

    乾貴士から見た金崎夢生金崎夢生

    2009年1月20日、アジアカップ・カタール大会の予選、イエメン戦で金崎夢生とともにA代表デビュー。乾貴士 フレッシュアイペディアより)

  • 多田高行

    多田高行から見た金崎夢生金崎夢生

    滝川第二高等学校では金崎夢生、清水圭介と同期で、2006年の第17回高円宮杯全日本ユース選手権決勝戦では、優勝を決定付ける追加点を挙げた。 多田高行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
16件中 1 - 10件表示

「金崎夢生」のニューストピックワード