1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • 岡崎慎司

    岡崎慎司から見た金崎夢生金崎夢生

    三田市立けやき台小学校2年生の時に兄に影響されサッカーを始めた。中学の時はクラブチームの宝塚ジュニアFCと三田市立けやき台中学校のサッカー部でプレーし県選抜に選ばれた。中学卒業後は兵庫県の強豪である滝川第二高校に進学した。1年時からレギュラーを獲得し全国高校選手権では3年の兄・嵩弘と2トップを組んでベスト4に入った。3年目の全国大会ではキャプテンを務め、同期の木島悠、1年後輩の森島康仁と攻撃陣を形成していた。2年後輩には金崎夢生がいる。岡崎慎司 フレッシュアイペディアより)

  • 東慶悟

    東慶悟から見た金崎夢生金崎夢生

    2009年、U-18からトップチームへ昇格。ランコ・ポポヴィッチ監督の下で、ボランチからトップ下やウイングなどの攻撃的なポジションに移されると、高卒ルーキーながら23試合に出場した。J1第20節名古屋戦でプロ初得点を記録。スコア1-1の試合終了間際、金崎夢生からのパスを浮かせて、GK楢崎正剛の横を抜くという劇的な決勝弾だった。2010年には、主力のほとんどが移籍した大分の中心選手として、J2で6得点を記録。U-21日本代表としても2010年アジア競技大会に出場し、日本の金メダル獲得に大きく貢献した。東慶悟 フレッシュアイペディアより)

  • ポルティモネンセSC

    ポルティモネンセSCから見た金崎夢生金崎夢生

    日本人選手は、2013年から2016年までは金崎夢生、2017年からは中島翔哉が所属している。ポルティモネンセSC フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た金崎夢生金崎夢生

    9月25日の横浜FM戦はアディショナルタイムで小林が決勝点を決め劇的勝利。年間勝ち点では13節まで首位を守るものの、終盤戦は不安定な成績となり、勝ち点年間1位の可能性を残していた最終戦のG大阪戦でも逆転負けし、浦和に次ぐ年間2位でクラブ史上初のJリーグチャンピオンシップ出場となった。チャンピオンシップ準決勝はホーム開催となったが、金崎夢生の一発に沈み鹿島に0-1で敗れ、決勝進出とはならず、総合順位としては年間3位でシーズンを終える事となった。一方、天皇杯では順調に勝ち進み、準決勝では大宮を下して翌2017年シーズンのACL本戦出場権獲得を果たした。2017年1月1日に行われた天皇杯決勝(クラブ史上初の元日決戦)では、鹿島に先制されるもののその後小林のゴールで追いついて同点とし、延長戦へと持ち込んだものの、この試合を最後に鹿島を退団するファブリシオの一発に沈み1-2で準優勝。2000年のナビスコカップ(今のルヴァンカップ)に続いてまたも初タイトルを鹿島に阻まれる事になった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 松山博明

    松山博明から見た金崎夢生金崎夢生

    2006年からは大分トリニータの強化担当に就任、同年7月にS級ライセンスを取得した。大分ではその前にコーチを務めていた滝川第二高等学校時代の教え子である金崎夢生や清水圭介らを加入させた。強化担当にあった2009年7月、監督のペリクレス・シャムスカが解任されたのに伴い、後任のランコ・ポポヴィッチの登録が完了するまで1試合だけ暫定監督を務め、浦和レッズに1-0で勝利してチームの連敗を14で止めた。松山博明 フレッシュアイペディアより)

  • 乾貴士

    乾貴士から見た金崎夢生金崎夢生

    2009年1月20日、アジアカップ・カタール大会の予選、イエメン戦で金崎夢生とともにA代表デビュー。2009年5月23日のJ2第17節アビスパ福岡戦や、同年11月8日のザスパ草津戦で、1試合4得点(ハットトリック)を決め、チームの4年ぶりのJ1昇格に貢献した。乾貴士 フレッシュアイペディアより)

  • 2月16日

    2月16日から見た金崎夢生金崎夢生

    1989年 - 金崎夢生、サッカー選手2月16日 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「金崎夢生」のニューストピックワード