前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示
  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た香川真司

    加入直後の2007年から中盤の全てをこなせる万能型ミッドフィールダーとして期待されていたが、中盤のレギュラーに割って入ることができずポジション獲得はならなかった。しかし、「スーパーサブ」として重用され、新人ながら18試合に出場した。11月には香川真司の代役としてU-18日本代表にも選出され、攻撃陣を牽引した。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た家長昭博

    2008年には梅崎司が浦和レッズへ移籍したものの、家長昭博がレンタル移籍で加入し、レギュラーポジションの獲得は厳しいものと思われた。しかし、練習の最中に家長が全治6か月の重傷を負い、その代役としてトップ下のポジションを確保し、リーグ戦全試合に出場した。11月のAFC U-19選手権への日本代表選出も予定されていたが、チーム事情からナビスコカップ決勝優先の判断がされたため選出はされなかった。ナビスコカップではチームを優勝に導き、金崎自身もニューヒーロー賞を獲得した。リーグ戦もチーム最高の4位で終え、これらの活躍を評価されて複数の移籍オファーを受けたが、大分残留を決めた。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見たヴァヒド・ハリルホジッチ

    2016年3月24日には同予選・アフガニスタン戦で、高校の先輩である岡崎慎司との初のアベック弾を決めた。しかし、8月25日に発表された同最終予選のUAE戦とタイ戦のメンバー選考の際、前述の8月20日のJリーグの試合で取った行為を代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチに「彼の態度は受け入れがたい」と問題視され、日本代表から追放された。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た石井正忠

    2015年2月9日、鹿島アントラーズへ期限付き移籍した。3月14日のJ1第2節・湘南戦で3年ぶりの復帰ゴールを挙げた。4月3日のJ1第4節・鳥栖戦にて、相手DFの金敏赫に顔面をスパイクで踏みつけられる惨事にあう が、金崎に大事にはいたらなかった。後日、4月9日に鹿島のクラブハウスに訪れた金の謝罪をトニーニョ・セレーゾ監督とともに受け入れた。同チームの石井正忠監督就任後は1トップでも2トップでもFWとしての起用が多くなっている。10月31日、ナビスコカップ決勝のG大阪戦では2トップの一角に入り、1得点を挙げるなどのプレーで優勝に貢献した。12月21日のJリーグアウォーズでJリーグベストイレブンを初受賞した。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た清武弘嗣

    2013年1月30日、大分時代のチームメイトである清武弘嗣が所属するドイツ・ブンデスリーガの1.FCニュルンベルクと1年半契約を結んだ。ニュルンベルクでの登録名はムウ。しかし、移籍1年目は出場機会に恵まれなかった。2013年6月16日、国立競技場で開催された東日本大震災復興支援 2013Jリーグスペシャルマッチにゲストプレイヤーとして出場し、決勝点を決めた。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た長谷部誠

    前述のナビスコ杯決勝でのヘディングでの得点や、11月12日のW杯アジア2次予選・対シンガポール戦で左足ボレーでゴール右上隅に決めるという難度の高いゴールだけでなく、力強いドリブル突破から左足ミドル、長谷部誠の右クロスに右足ボレーで合わせるなど頭、左右両足距離を問わず積極的にゴールを狙う様々なシュートパターンを持つ。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見たトニーニョ・セレーゾ

    2015年2月9日、鹿島アントラーズへ期限付き移籍した。3月14日のJ1第2節・湘南戦で3年ぶりの復帰ゴールを挙げた。4月3日のJ1第4節・鳥栖戦にて、相手DFの金敏赫に顔面をスパイクで踏みつけられる惨事にあう が、金崎に大事にはいたらなかった。後日、4月9日に鹿島のクラブハウスに訪れた金の謝罪をトニーニョ・セレーゾ監督とともに受け入れた。同チームの石井正忠監督就任後は1トップでも2トップでもFWとしての起用が多くなっている。10月31日、ナビスコカップ決勝のG大阪戦では2トップの一角に入り、1得点を挙げるなどのプレーで優勝に貢献した。12月21日のJリーグアウォーズでJリーグベストイレブンを初受賞した。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た西川周作

    大分時代のチームメイトの日本代表GK西川周作は「縦に速くパワーもありキープ力もある」と評した。日本代表のハリルホジッチ監督も金崎を「真ん中だけでなく、たくさんのところに動いてくれる。体の大きさはそこまでないが、デュエルの中でボールをプロテクトしながらスピードも使えるし、戦う意識もある。ヘディングもうまい」と評価している。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た梅崎司

    2008年には梅崎司が浦和レッズへ移籍したものの、家長昭博がレンタル移籍で加入し、レギュラーポジションの獲得は厳しいものと思われた。しかし、練習の最中に家長が全治6か月の重傷を負い、その代役としてトップ下のポジションを確保し、リーグ戦全試合に出場した。11月のAFC U-19選手権への日本代表選出も予定されていたが、チーム事情からナビスコカップ決勝優先の判断がされたため選出はされなかった。ナビスコカップではチームを優勝に導き、金崎自身もニューヒーロー賞を獲得した。リーグ戦もチーム最高の4位で終え、これらの活躍を評価されて複数の移籍オファーを受けたが、大分残留を決めた。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た鹿島アントラーズ

    金崎 夢生(かなざき むう、1989年2月16日 - )は、三重県津市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・鹿島アントラーズ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示

「金崎夢生」のニューストピックワード