59件中 21 - 30件表示
  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た浦和レッドダイヤモンズ

    2008年には梅崎司が浦和レッズへ移籍したものの、家長昭博がレンタル移籍で加入し、レギュラーポジションの獲得は厳しいものと思われた。しかし、練習の最中に家長が全治6か月の重傷を負い、その代役としてトップ下のポジションを確保し、リーグ戦全試合に出場した。11月のAFC U-19選手権への日本代表選出も予定されていたが、チーム事情からナビスコカップ決勝優先の判断がされたため選出はされなかった。ナビスコカップではチームを優勝に導き、金崎自身もニューヒーロー賞を獲得した。リーグ戦もチーム最高の4位で終え、これらの活躍を評価されて複数の移籍オファーを受けたが、大分残留を決めた。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見たJリーグチャンピオンシップ

    Jリーグチャンピオンシップ MVP:1回(2016年)金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た名古屋グランパスエイト

    2009年は開幕前に復帰した家長とレギュラー争いを繰り広げたが、開幕スタメンを勝ち取った。しかし、チームはリーグ戦14連敗を喫する不振に陥りJ2に降格した。金崎はリーグ戦30試合に出場したものの1得点に留まった。J2降格が決定したことに加えてチームが深刻な経営難にあることが発覚し、経営改善のために主力選手の放出に踏み切り、金崎も移籍することを選択した。国内5クラブからオファーを受け、その中から前年もオファーを送っていた名古屋グランパスを選択、12月16日、両チームから完全移籍が発表された。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見たガンバ大阪

    2015年2月9日、鹿島アントラーズへ期限付き移籍した。3月14日のJ1第2節・湘南戦で3年ぶりの復帰ゴールを挙げた。4月3日のJ1第4節・鳥栖戦にて、相手DFの金敏赫に顔面をスパイクで踏みつけられる惨事にあう が、金崎に大事にはいたらなかった。後日、4月9日に鹿島のクラブハウスに訪れた金の謝罪をトニーニョ・セレーゾ監督とともに受け入れた。同チームの石井正忠監督就任後は1トップでも2トップでもFWとしての起用が多くなっている。10月31日、ナビスコカップ決勝のG大阪戦では2トップの一角に入り、1得点を挙げるなどのプレーで優勝に貢献した。12月21日のJリーグアウォーズでJリーグベストイレブンを初受賞した。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見たサッカー日本代表

    金崎 夢生(かなざき むう、1989年2月16日 - )は、三重県津市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・鹿島アントラーズ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た大分トリニータ

    サッカーを始めたのは中学校入学後、3年生時には県大会で3位に入賞した。卒業後は滝川第二高等学校へ進学。高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会では2年生時に3位、3年生時に優勝の成績をおさめた。同期に橘章斗がいる。2007年、大分トリニータに加入。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た津市

    金崎 夢生(かなざき むう、1989年2月16日 - )は、三重県津市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・鹿島アントラーズ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た湘南ベルマーレ

    2015年2月9日、鹿島アントラーズへ期限付き移籍した。3月14日のJ1第2節・湘南戦で3年ぶりの復帰ゴールを挙げた。4月3日のJ1第4節・鳥栖戦にて、相手DFの金敏赫に顔面をスパイクで踏みつけられる惨事にあう が、金崎に大事にはいたらなかった。後日、4月9日に鹿島のクラブハウスに訪れた金の謝罪をトニーニョ・セレーゾ監督とともに受け入れた。同チームの石井正忠監督就任後は1トップでも2トップでもFWとしての起用が多くなっている。10月31日、ナビスコカップ決勝のG大阪戦では2トップの一角に入り、1得点を挙げるなどのプレーで優勝に貢献した。12月21日のJリーグアウォーズでJリーグベストイレブンを初受賞した。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見たJリーグカップ

    2008年には梅崎司が浦和レッズへ移籍したものの、家長昭博がレンタル移籍で加入し、レギュラーポジションの獲得は厳しいものと思われた。しかし、練習の最中に家長が全治6か月の重傷を負い、その代役としてトップ下のポジションを確保し、リーグ戦全試合に出場した。11月のAFC U-19選手権への日本代表選出も予定されていたが、チーム事情からナビスコカップ決勝優先の判断がされたため選出はされなかった。ナビスコカップではチームを優勝に導き、金崎自身もニューヒーロー賞を獲得した。リーグ戦もチーム最高の4位で終え、これらの活躍を評価されて複数の移籍オファーを受けたが、大分残留を決めた。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

  • 金崎夢生

    金崎夢生から見た滝川第二中学校・高等学校

    サッカーを始めたのは中学校入学後、3年生時には県大会で3位に入賞した。卒業後は滝川第二高等学校へ進学。高円宮杯全日本ユースサッカー選手権大会では2年生時に3位、3年生時に優勝の成績をおさめた。同期に橘章斗がいる。2007年、大分トリニータに加入。金崎夢生 フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示

「金崎夢生」のニューストピックワード