金星 ニュース&Wiki etc.

金星(きんせい、ラテン語:Venusウェヌス、英語:)は太陽系の太陽に近い方から2番目の惑星である。 (出典:Wikipedia)

「金星」最新ニュース

「金星」Q&A

  • Q&A

    mirai_go_1000 さんへ 過去 現在 未来(半年以内)までの期間関係にお…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月25日 18:54

  • Q&A

    1987年5月8日にアメリカがパイオニア・ビーナス1号と 2号を打ち上げ、金星表面を…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2017年2月25日 01:00

  • Q&A

    中学天体について 日本から見た時 1 星の日周運動は東から西である 2 星を毎日同じ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2017年2月23日 18:38

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「金星」のつながり調べ

  • ジョゼフ=ニコラ・ドリル

    ジョゼフ=ニコラ・ドリルから見た金星

    虹が雲の中の水滴による日光の反射によることを示唆し、水星や金星を使った天文単位(太陽までの距離)の測定法について提案した。月のクレーター(ドリル)、小惑星12742(ドリル)に命名されている。(ジョゼフ=ニコラ・ドリル フレッシュアイペディアより)

  • 温室効果

    温室効果から見た金星

    温室効果ガスである二酸化炭素やメタンなどが増加していることが、現在の地球温暖化の主な原因とされている。また、金星の地表温度が470℃に達しているのも、90気圧とも言われる金星大気のそのほとんどが温室効果ガスの二酸化炭素なので、その分、光学的厚さが大きいためとされている。しかし、依然として金星大気の地表温度にはなぞが残っており、他にも少量の水蒸気や硫黄酸化物による光学的厚さの寄与や硫酸の雲の効果が影響しているのではとの説もある。一般に、金星の初期形成過程において、大量の水蒸気が大気中に存在し、いわゆる暴走温室効果が発生したのではないかとの説もあるが異論も存在する。(温室効果 フレッシュアイペディアより)

「金星」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「金星」のニューストピックワード