前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
507件中 1 - 10件表示
  • 太陽系

    太陽系から見た金星金星

    地球が宇宙の中心ではなく、他の惑星と同様に太陽の周りを公転しているという地動説が受け入れられるようになったのは16世紀から17世紀にかけてのことである。太陽系を構成する天体のうち、当時知られていたのは太陽と6個の惑星(水星、金星、地球、火星、木星、土星)、地球の衛星である月、そして木星の4個の衛星(ガリレオ衛星)のみだった。太陽系 フレッシュアイペディアより)

  • (308635) 2005 YU55

    (308635) 2005 YU55から見た金星金星

    (308635) 2005 YU55(2005 YU55)は、アポロ群に属する小惑星で、地球に接近するため監視が必要な約8500個の地球近傍小惑星の1つ。2005年12月28日に発見された。金星軌道の内側から火星軌道付近までの楕円軌道を1.22年かけて公転している。(308635) 2005 YU55 フレッシュアイペディアより)

  • あかつき (探査機)

    あかつき (探査機)から見た金星金星

    あかつき(第24号科学衛星: 計画名「PLANET-C」又は「VCO(Venus Climate Orbiter、金星気候衛星)」)は、宇宙航空研究開発機構(以下JAXA)宇宙科学研究所(以下ISAS)の金星探査機。観測波長の異なる複数のカメラを搭載して金星の大気を立体的に観測する。2010年5月21日に種子島宇宙センターから打ち上げられた。あかつき (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • リトアニアの宗教

    リトアニアの宗教から見た金星金星

    明けの明星金星)の女神。姉妹にはインドラヤ、ヴァイヴォラ、ヴァカリネ、ジエズドレ、セリヤがいる。母はサウレで父はペルクーナス。インド神話のウシャスやギリシャ神話のエーオース、ローマ神話のアウロラに類似する。リトアニアの宗教 フレッシュアイペディアより)

  • 火星の植民

    火星の植民から見た金星金星

    地球のすぐ内側を公転する金星は、その質量や半径などの点では地球によく似た惑星である。しかしサイズ的には地球よりかなり小さい火星の方が、人類移住の候補として注目を浴びている。これには次のような理由がある。火星の植民 フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・メンジャー

    ハワード・メンジャーから見た金星金星

    1922年米国ニューヨーク州ブルックリン出身。1歳の頃にニュージャージー州に移住。本人によれば、10歳の頃UFO(未確認飛行物体)を目撃した後、森の中で(金星から来たという)女性と遭遇し、自らの未来を告げられたとする。その後成人し、兵役中にも不思議な異星人たちに助けられながら九死に一生を得たという。戦後は看板業を営んでいたが、34歳の頃に農場裏の野原に飛来した円盤を撮影し、さらに後には宇宙船に搭乗して月面へ案内されたとも主張。写真に写った円盤のかたちに歪みが見られるのは、円盤から発する磁気の影響であるという。1959年に自らの体験記「外宇宙からあなたへ」を出版。著書は世界的な反響を呼び、テレビ・ラジオへの出演1および全米を巡り講演活動を行い、ジョージ・アダムスキーと並ぶカリスマ・コンタクティと称される(カリフォルニア州を拠点としていたアダムスキーに対して「東海岸のアダムスキー」とも言われた)。また撮影した円盤がアダムスキーの撮影した円盤とほぼ同じ形状に見えるため、一部からは「アダムスキーの模倣」との批判も受けた。メンジャーはアダムスキーを尊敬しており、自身の講演旅行中にカリフォルニアを訪れてアダムスキーと少しの時間だけ会って短い会話をかわしたことがある。また1958年に結婚する妻のコニーと出会った際にメンジャーは自分が前世は土星にいて(一部のUFO研究家の本では木星と誤記されている)、コニーは金星にいた記憶を呼び覚ましたという。コニーとの間には一男一女をもうけている。1965年にUFO界からの引退を決めて表舞台から姿を消した。本人によれば、異星人たちと最後に会ったのは1958年であり、別れ際に彼らは「私たちは2012年に再び戻ってきます」と言い残して去っていったという。ハワード・メンジャー フレッシュアイペディアより)

  • 順行・逆行

    順行・逆行から見た金星金星

    地球を含むほとんどの惑星は順方向に自転している。つまり、太陽の周囲を公転するのと同じ方向に自転している(言い換えれば、自転の北極と公転の北極が太陽の北極と同じ向きになっている)。例外は金星、天王星である。天王星は公転軌道に対してほぼ横倒しに自転している。これを赤道傾斜角と自転周期で表すと、傾斜角82°で自転周期-17時間の逆行自転をしている、もしくは傾斜角98°で周期+17時間の順行自転をしている、と表される。現在の推定では、天王星は元々は普通の赤道傾斜角を持ち順行自転をしていたものが、初期の段階で大規模な天体衝突によって自転軸が倒されたと考えられているため、後者の表現が用いられることが多い(なお、天王星の衛星の公転方向は天王星本体の自転に対する方向で表されるため、衛星の順行・逆行の記述は天王星の自転をどう表現するかにはよらない)。順行・逆行 フレッシュアイペディアより)

  • ベネラ計画

    ベネラ計画から見た金星金星

    ベネラ(ロシア名:''、ラテン文字表記の例:Venera、「金星」の意味)はソビエト連邦の金星探査計画である。ソビエト連邦の他の惑星探査機と同じように、これらの多くも2台一組で一週間から二週間の間隔を開けて打ち上げられた。これは冗長性を増す為もあったが、それ以外の理由として着陸船と軌道船を最適な軌道に投入できるタイミングにずれがあった為でもある。冗長性と作業の単純化のため(打ち上げるモジュールの内容が異なると、プロセスに変更が生じる)どちらか片方が必要な場合であっても着陸船と軌道船は両方搭載された状態で打ち上げられた。ベネラ計画 フレッシュアイペディアより)

  • ヌト (小惑星)

    ヌト (小惑星)から見た金星金星

    近日点は金星軌道、遠日点は火星軌道をまたぎ木星軌道付近に達するため、潜在的にこれらの惑星との衝突の危険性がある。近年でそれぞれの惑星に最も接近するのは、地球には2052年11月21日に1180万km(0.0791AU)、金星には2000年6月28日に644万km(0.0431AU)、木星には2128年2月14日に2.49億km(1.6622AU)まで接近する。変わった対象に、小惑星帯で最大の小惑星であるパラスがあり、2104年10月15日に747万km(0.0500AU)まで接近する。ヌト (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • イシュタル

    イシュタルから見た金星金星

    イシュタル (Ishtar) は、古代メソポタミアのメソポタミア神話において広く尊崇された性愛、戦、金星の女神。イシュタルはアッカド語名であり、シュメール語におけるイナンナに相当する。イシュタル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
507件中 1 - 10件表示

「金星」のニューストピックワード