前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
634件中 1 - 10件表示
  • 太陽系

    太陽系から見た金星金星

    地球が宇宙の中心ではなく、他の惑星と同様に太陽の周りを公転しているという地動説が受け入れられるようになったのは16世紀から17世紀にかけてのことである。太陽系を構成する天体のうち、当時知られていたのは太陽と6個の惑星(水星、金星、地球、火星、木星、土星)、地球の衛星である月、そして木星の4個の衛星(ガリレオ衛星)のみだった。太陽系 フレッシュアイペディアより)

  • (308635) 2005 YU55

    (308635) 2005 YU55から見た金星金星

    (308635) 2005 YU55(2005 YU55)は、アポロ群に属する小惑星で、地球に接近するため監視が必要な地球近傍小惑星の1つ。2005年12月28日に発見された。金星軌道の内側から火星軌道付近までの楕円軌道を1.22年かけて公転している。(308635) 2005 YU55 フレッシュアイペディアより)

  • リトアニアの宗教

    リトアニアの宗教から見た金星金星

    明けの明星金星)の女神。姉妹にはインドラヤ、ヴァイヴォラ、ヴァカリネ、ジエズドレ、セリヤがいる。母はサウレで父はペルクーナス。インド神話のウシャスやギリシャ神話のエーオース、ローマ神話のアウロラに類似する。リトアニアの宗教 フレッシュアイペディアより)

  • 火星の植民

    火星の植民から見た金星金星

    地球のすぐ内側を公転する金星は、その質量や半径などの点では地球によく似た惑星である。しかし、サイズが地球よりかなり小さい火星の方が、人類移住の候補として注目を浴びている。これには次のような理由がある。火星の植民 フレッシュアイペディアより)

  • あかつき (探査機)

    あかつき (探査機)から見た金星金星

    あかつき(第24号科学衛星: 計画名「PLANET-C」又は「VCO(Venus Climate Orbiter、金星気候衛星)」)は、宇宙航空研究開発機構(以下JAXA)宇宙科学研究所(以下ISAS)の金星探査機。観測波長の異なる複数のカメラを搭載して金星の大気を立体的に観測する。2010年5月21日に種子島宇宙センターから打ち上げられた。あかつき (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラマン

    ウルトラマンから見た金星金星

    ジェットビートルと同じく岩本博士が開発し、コクピットに銃架を備えた支援機で、主に偵察や観測に使われる。劇中ではジェットビートルと区別なく単に「ビートル」と呼ばれる。当初は、パトロール用として使用されていたが、ガマクジラ戦からは戦闘用としても使用された。一種のリフティングボディ機で、動力はロケットエンジン。武装としてビーム砲とロケット弾を有する。また、自動追尾飛行や本部基地からの遠隔操縦が可能で、第16話で金星ロケット「おおとり」が2段ロケットを点火するまでの間護衛する。ミニチュアは木製。ウルトラマン フレッシュアイペディアより)

  • (4953) 1990 MU

    (4953) 1990 MUから見た金星金星

    1990 MUの軌道は、近日点距離が金星軌道の内側、遠日点距離が火星軌道の外側にある、離心率0.657のかなりゆがんだ楕円軌道である。軌道傾斜角は24.40度あり、1990 MUはこの軌道をほぼ2年かけて公転している。特に地球軌道とはほぼ交差といえるほど近く、最も短いところでは407万3000kmしか離れていない。このため、地球近傍小惑星の中でも、潜在的に危険な小惑星(PHA)である。2058年6月5日には地球から345万km(0.0231AU)と、月までの距離の10倍以内の距離まで接近する。ちなみに金星にも衝突可能性があり、1948年10月10日には金星から641万km(0.0428AU)まで接近した。(4953) 1990 MU フレッシュアイペディアより)

  • ヌト (小惑星)

    ヌト (小惑星)から見た金星金星

    近日点は金星軌道、遠日点は火星軌道をまたぎ木星軌道付近に達するため、潜在的にこれらの惑星との衝突の危険性がある。近年でそれぞれの惑星に最も接近するのは、地球には2052年11月21日に1180万km(0.0791AU)、金星には2000年6月28日に644万km(0.0431AU)、木星には2128年2月14日に2.49億km(1.6622AU)まで接近する。変わった対象に、小惑星帯で最大の小惑星であるパラスがあり、2104年10月15日に747万km(0.0500AU)まで接近する。ヌト (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • ベネラ計画

    ベネラ計画から見た金星金星

    ベネラ(ロシア名:''、ラテン文字表記の例:Venera、「金星」の意味)はソビエト連邦の金星探査計画である。ソビエト連邦の他の惑星探査機と同じように、これらの多くも2台一組で一週間から二週間の間隔を開けて打ち上げられた。これは冗長性を増す為もあったが、それ以外の理由として着陸船と軌道船を最適な軌道に投入できるタイミングにずれがあった為でもある。冗長性と作業の単純化のため(打ち上げるモジュールの内容が異なると、プロセスに変更が生じる)どちらか片方が必要な場合であっても着陸船と軌道船は両方搭載された状態で打ち上げられた。ベネラ計画 フレッシュアイペディアより)

  • キンセイ峡谷

    キンセイ峡谷から見た金星金星

    キンセイ峡谷(キンセイきょうこく、)は、金星の峡谷である。キンセイ峡谷 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
634件中 1 - 10件表示

「金星」のニューストピックワード